総合経済学 ミクロ・マクロ・資本・市場の理論

1
名無しさん@お腹いっぱい。
資本概念をマル経から切り離し再構成することで、かなりミクロマクロが
整理できます。
2
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/


ここで展開中ミクロを吟味中

数学は学部が何とか読める程度なので
使いませんが直観的に得るモノが多いでしょう
3
名無しさん@お腹いっぱい。
誤字が多いな。まあ読んでちょ。あとで訂正します。
4
名無しさん@お腹いっぱい。
資本のミクロとマクロの使い分けが出来てなかったな。また午後に書き直す。
5
名無しさん@お腹いっぱい。
書き直しました。

夜にまた書きます。
6
名無しさん@お腹いっぱい。
ブログにおきましては、クルーグマンのミクロ経済学をテキストにしていますが
入門レベルのミクロは読者が理解していることを前提に。またまだ自分が考えるレベルで書いて
いることをお断りしておきます。
7
名無しさん@お腹いっぱい。
結構お客さんはきてるのにアンケートやコメントが少ないな
8
名無しさん@お腹いっぱい。
わかるのかな?
9
名無しさん@お腹いっぱい。
>>1
マル経のアプローチでもわかります
というかケインズの一般理論の第2編はマル経の用語で翻訳できます
実際にカレツキがそれやってるからね

マル経を全否定したら進歩はないよ
10
名無しさん@お腹いっぱい。
>>9
マル経の労働価値説と剰余価値説の否定です。
資本という概念にはインスパイアを受けましたが
労働価値説と剰余価値説はひどすぎて使い物にならない。
マル経はロジックが緻密なのでこれらが崩れれば全体ががたがたになる。
資本も4つに分けて人的資本、物的資本、情報資本、貨幣資本
あとマクロではケインズも否定します。全否定ではないですが。
まずマクロはSNAの見直しです。
11
名無しさん@お腹いっぱい。
まあブログを読んでもらえばわかりますがマルクスは資本を貨幣資本として
扱っていますが生産手段、人的手段、情報手段も資本化したのが僕の理論な訳です。
12
名無しさん@お腹いっぱい。
ケインズの何がダメかというと一般理論は知りませんが標準的マクロ理解では
SNAを元に乗数効果を計りますがSNA自体、物的資本、人的資本、情報資本、
貨幣資本の集合ではないわけで、現実の計算が出来ないわけです。
だからスタグフレーションが起きます。僕の理論で言うとこの諸資本を財の希少性に
合わせて計算して成長期を求めます。そこで財政政策なりなんなり考えろと言うことです。
まあアイディアだけですが。
13
名無しさん@お腹いっぱい。
>>10
見事なことにカレツキは剰余価値のアプローチでケインズと同じ理論を構成して見せたわけだが

>>12
それケインズ(=一般理論)じゃないぞ
アメリカの偽ケインズ(新古典派総合=主流派経済学)
一般理論を知らないでなんで一般理論を批判できると思ってるのか
14
名無しさん@お腹いっぱい。
偽ケインズというのはここに出てくるケインズみたいなのを言う
http://www.youtube.com/watch?v=3EkcQJkudoY
15
名無しさん@お腹いっぱい。
じゃあ余りケインズに感心ありません。私の関心はメインのミクロマクロにあるのだから。
剰余価値説は搾取でしょう。ところが剰余なんてモノは市場でも発生するわけで、マルクスの資本
の定式化の前の矛盾ってのが間違えてたんですよ。その思想的搾取のおかげで僕も人生狂ったんですから
許すことなど出来ません。
16
名無しさん@お腹いっぱい。
カレツキ云々も
おそらく相対的剰余価値の生産をこじつけたんでしょう。
興味ありませんね。
17
名無しさん@お腹いっぱい。
皮肉なことにね。搾取を定式化舌連中が使えないんで逆に抑圧の対象になってる。
18
名無しさん@お腹いっぱい。
定式化舌->定式化した
19
名無しさん@お腹いっぱい。
ああ確かにいい方が悪かったですね。でも僕には悠長に一般理論
なんて読んでる暇ないんですよ。新古典派総合を批判で十分。
20
名無しさん@お腹いっぱい。
ケインズが資本について長く考察したって言うなら話は
別ですけどね。一応。そうじゃないんでしょう。
21
名無しさん@お腹いっぱい。
ああ山形氏の訳があるんだw
これなら読めるかな。
22
名無しさん@お腹いっぱい。
完全合理性、代替財の時の余剰を否定! 世界初か?
23
名無しさん@お腹いっぱい。
キルズ好きなんだ。センス無いね
24
名無しさん@お腹いっぱい。
キルズは「NO WOW」からかっこいいと思うけどな。
まあこの歳になるとデカダンスはいまいちついてけないけど音が。
其れよりも余剰の発見がすごい。
25
名無しさん@お腹いっぱい。
ライブ行ったことあるけど酷かったよ
26
名無しさん@お腹いっぱい。
そうか其れは残念。
君はライブに行くまでキルズがひどいと知らなかったというような余剰の話で
ブログが熱いから見て見ろ。
27
名無しさん@お腹いっぱい。
完全静学と限定動学の使い方をマスターしてミクロを書くように
あと機会費用を忘れない
28
名無しさん@お腹いっぱい。
はあ?
29
名無しさん@お腹いっぱい。
ブログ見ろ。
30
名無しさん@お腹いっぱい。
需給図ってのは完全静学(時間が止まった)から見ると均衡以外は限定合理性
の表現
31
名無しさん@お腹いっぱい。
余剰は詰まり限定合理性の奴らの情報資源。これは限定動学《時間が少し動くの表現》
32
名無しさん@お腹いっぱい。
要するに時間の初期位置として
余剰分析を考えたこのとき時間を止めると
3   3
32 23
32123
32 23
3   3
この図から限定動学《時間を少し進めると》
このとき3や2の人間はなんで完全合理ならなぜその答えを変えるわけ?
詰まり均衡点に動くわけ? 再夜のいちが完全合理性ならキープしろよ。
答えは彼等は自分の合理性や情報が不完全だったわけだ。
限定合理性だからだ。
そして余剰が均衡に彼等が動く情報財だ。
33
名無しさん@お腹いっぱい。
再夜->最初
34
名無しさん@お腹いっぱい。
詰まり完全情報なら初期位置はみんな均衡点。
それ以外は何かが足りないと言うお話。
35
名無しさん@お腹いっぱい。
ミクロの革命だ。
市場は限定合理性に効率性を与えるシステム。
36
名無しさん@お腹いっぱい。
3   3
32 23
32123
32 23
3   3

じゃあもっとわかりやすい例を思いついた。
これが初期位置で均衡が受験の成功とするよな
2とか3とか間違えテルじゃん
いやこういう公理系でとか
おれの思想ではとかいうならつらぬきとおせや
37
名無しさん@お腹いっぱい。
わハハハ何が完全合理性だよ。www
仮定してるだけじゃん情けない。
38
名無しさん@お腹いっぱい。
やったミクロの夜明けだ
39
名無しさん@お腹いっぱい。
これまで競争市場の部分均衡は完全合理性のエージェントの行動とされていた。
だが其れは厳密には違ったことが証明された。限定合理性の経済学が作られるだろう。
40
名無しさん@お腹いっぱい。
[其れで、実用性は?」
「え、っと基礎理論は大事です」
41
名無しさん@お腹いっぱい。
取りあえずこれで均衡に近いほど合理性が高い(均衡は完全合理性)需給
のグラフをみんなが使えるよ。
42
名無しさん@お腹いっぱい。
誰かと思ったらくろしろーさんか。元気そうでなにより。
43
名無しさん@お腹いっぱい。
だれっすか? 俺も勉強したでしょ。数学勉強して[価値の理論」ドブリュー
でも読んで矛盾をついたら、さわぐのかな。なかなか読む機会ないけど
需給図が実は均衡から離れるほど限定合理的であるって言うのはすごく
使える話だと思うんだけど
44
名無しさん@お腹いっぱい。
完全競争市場は資本を貯め込まない。非アダムスミス型
45
名無しさん@お腹いっぱい。
皆のモノブログのボタンを押すのだ!
46
名無しさん@お腹いっぱい。
ウーン計量の難しさ
47
名無しさん@お腹いっぱい。
資本を計量せよ
48
名無しさん@お腹いっぱい。
近経・マル経・愛国の思想搾取を排除せよ。
49
名無しさん@お腹いっぱい。
しょーもないスレだけ残ったな

おすすめ本スレとか経院スレとか計量スレみたいな優良スレが軒並み消えた
50
名無しさん@お腹いっぱい。
と思ったら復活してた
51
名無しさん@お腹いっぱい。
斉藤他マクロで勉強しておるわ
52
名無しさん@お腹いっぱい。
余剰が実は完全合理的な取引量を限定合理性に伝えるただの情報財であることはこの前書いたが

すると価格の弾力性の高い財《不必要財》と弾力性の低い財《必需財》は質が違う。

だから死過重が出るからと言って、弾力性の低い財に税をかけるのは間違いである。

質的側面を考えればむしろ弾力性の高い財は必需品ではないのだから税金で減らした方が

資源の有効配分といえる側面もあるのである。

53
名無しさん@お腹いっぱい。
林ミクロっていい本だね
54
名無しさん@お腹いっぱい。
価格の金銭で計った基数効用説やってます。
55
名無しさん@お腹いっぱい。
嫁来ないとやる気しない
56
まくろ
マクロ経済学国際経済論についての問題を至急に解いていただきたいです。問題 次のモデルを用いて外国貿易乗数を導出したうえで、それについて詳しく説明しなさい。

なお、Yは所得(生産)、Cは消費、Iは投資、Gは政府支出、

Xは輸出、Mは輸入である。また、0<c<1,0<m<1,0<C?,I?,G?,X?,M?とする。
(1)Y=C+I+G+X-M, (2)C=C?+cY, (3)I=I?, (4)G=G?,
(5)X=X?, (6)M=M?+mY
・導出過程の計算も記載してください。
よろしくお願いします
57
名無しさん@お腹いっぱい。
      /        /
     /        /
    \       /
    /     /
   ノ\/ \/
  ( ノ
 ∥∥∥∥∥∥
 ШШШШШШ_________________
(_______________________)


          /        /
         /        /
        \      /
        /     /
    ハ,,ハ_ノ\/ \/ <お断りします
 ⊂(゚ω゚ ⊂ ノ
 ∥∥∥∥∥∥
 ШШШШШШ_________________
(_______________________)
58
名無しさん@お腹いっぱい。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   ♪♪♪ 消費税パラダイス ♪♪♪
                  作詞 増税日本
震災後、被災者襲う「津波税」
格差拡げ、貧困増やす「逆進税」
不況下で、倒産拡げる「デフレ税」
不況下で、失業増やす「イジメ税」
不況下で、自殺を導く「殺人税」
薄利多売の優良企業つぶす「破壊税」
価格転嫁、できない人は「自腹税」
輸出車のえこひいきする「戻し税」
法人税の代わりに悪用、「強奪税」
子供手当、大人のための「パチンコ税」
社会保障スルー、老人票取り「ダマシ税」
ハコモノ・2重行政、「財政のムダ再建税」
役人様の飲み食いの小遣い「キャバクラ税」
バカ師弟助ける「高校無償化バラマキ税」
さかさ言葉『ムダなダム』の「コンクリ税」
2位ではダメな宇宙・スパコン事業の「お遊び税」
借金返済・借金づくり二刀流の「霞ヶ関のわがまま税」
天下り・現役出向、神をもおそれぬ「官僚様の独裁税」
『増税で税収減ったら又増税』薬中如き「スパイラル税」
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
59
名無しさん@お腹いっぱい。
消費税とっても社会インフラ
セーフティネット、新産業研究、再雇用教育を充実させるなら良いと思うが
それがないからダメだな。
60
名無しさん@お腹いっぱい。

●人食い公務員増殖中●

現在日本は官民格差2.3倍で、先進国ぶっちぎりトップ
2位はイタリア1.5倍、以下は1.4倍以下と続く。
なお、年金は比較対象から外されているとのこと。
(ソースは朝鳥、すごい資料持ってきたもんだ)

先進国中、日本は自殺、貧困のみならず官民格差もトップクラス
どうやら、自殺や貧困の増加の原因は、官の贅沢のせいだと判明したようだ
それでも、増税とは、いったい民主党は、どれだけ官の家畜なのか?

61
名無しさん@お腹いっぱい。
資本主義なはぜ人々を失望させているか
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1326196140/l50
62
名無しさん@お腹いっぱい。
↑つまんね
63
名無しさん@お腹いっぱい。
資本経済学になったよ
64
名無しさん@お腹いっぱい。
>TPPの暴力なんかを利用したくないが。
神戸空港の規制撤廃は当然のこと。
なのに、しかし、ひとたび、これを認めてしまうと、
あっという間に、関空の存続がマジにヤバくなることは必定?
そのため、関空厨が、全力でこれを阻止している。
ほんとうに、迷惑なことだ。
65
名無しさん@お腹いっぱい。
kairyouNDP
66
名無しさん@お腹いっぱい。
今日の学問的意見が面白い
67
名無しさん@お腹いっぱい。
今日の注目記事。くろしろー批判はルーカス批判を超えるか?
68
名無しさん@お腹いっぱい。
衝動ゲームのモデル
69
名無しさん@お腹いっぱい。
完全合理性信者の合理度=マル軽信者の合理度=バカ
70
名無しさん@お腹いっぱい。
いくら頭の中でいいアイデアがあったとしても統計取って実証しなければ、ただの妄想だよ。
統計、計量経済学勉強してアイデアが浮かんだらかたっぱしから検証しなければならない。
もちろん、データ収集、統計処理の時間はそれなりにかかるけど、それを惜しんだら何も生まれない
71
名無しさん@お腹いっぱい。
いや有り難う。でもまず2年妄想でモデルを造って、ゲームを習熟して
6年経済学、経営学、数学、物理学を勉強するときに統計計量もガチでやるので
今のはあくまで試作品。そのときに本番は計量統計つかうけどあと10年はかかるよ。
72
名無しさん@お腹いっぱい。
まあ正直に言えば基礎学力が不足してる。まあこれは勉強で補うのみだね。
73
名無しさん@お腹いっぱい。
前のブログから見ると格段に形になってきた。
74
名無しさん@お腹いっぱい。

"Economics" by Paul Anthony Samuelson
75
名無しさん@お腹いっぱい。
http://www.youtube.com/watch?v=2vtOty0k8Fc&feature=autoplay&list=FLmry7xMJEncdqkFIX6iNncg&lf=mh_lolz&playnext=1
76
名無しさん@お腹いっぱい。
自己啓発本と心理学が好きなら「その科学が成功を決める」を読んでみるといいよ
有名な啓発本に書かれてることを心理学実験によって検証した本で非常に興味深かった
「道は開ける」に書かれていることが一部は否定されてたり、一部は肯定されてたりする。
77
名無しさん@お腹いっぱい。
>>76
面白そう買ってみるわ。
78
名無しさん@お腹いっぱい。
ジョアン・ロビンソン(著)『異端の経済学』
79
名無しさん@お腹いっぱい。
Y:生産量、K:資本投入、L:労働投入、P:価格、W:賃金
生産関数がY=AKL^(1/2)で、需要量が80-4Pの時の、
独占企業の短期の供給価格と労働投入量とその限界費用を求めなさい。
ただしA=1、K=2、W=4とする。

まじわからん
誰かお願いします。
80
名無しさん@お腹いっぱい。
>>78
剰余価値説で俺は否定し彼女は研究する.ドキュンとしか思えんが

>>79
入門塾でも買って該当部分を読みなさい。
81
名無しさん@お腹いっぱい。
>>78
利潤のとこ読んでみたけどクソだな。必要なのはむしろ搾取で市場の全利潤
を説明できないことから利潤の多様性の研究だろう。
82
名無しさん@お腹いっぱい。
マルクスは資本の政治性位しか理解できてない事の理解がみそだよ。
83
名無しさん@お腹いっぱい。
ついに本論草稿を書き始めたよ
84
名無しさん@お腹いっぱい。
あげ
85
名無しさん@お腹いっぱい。
認知心理学をモデルにしたいなら行動経済学、産業心理学を読んで、
実際の心理学理論や心理学実験が経済学や経営学にどう応用されているのかを見ると非常に参考になると思う。
行動経済学は多田、産業心理学は佐々木がおすすめ。
86
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみに佐々木の産業心理学は労苦とやりがいというテーマを重点的に説明してるので特に読むことをおすすめする
87
名無しさん@お腹いっぱい。
>>85
>>86
本当に非常に参考になります。有り難うございます。
佐々木さんはまさにどんぴしゃりですね。
88
名無しさん@お腹いっぱい。
>>86
佐々木さんの下のお名前わかりますか?
二人いたもので。
89
名無しさん@お腹いっぱい。
わーん。人間書くのが大変だ
90
名無しさん@お腹いっぱい。
>>88
「産業心理学の招待」佐々木 土師二
91
名無しさん@お腹いっぱい。
>>90
有り難うございます
92
名無しさん@お腹いっぱい。
経済学を勉強して、経済学は役に立つのか・現実の経済が本当に分かるのか?ということに悩まされるのは誰にもあること。
原因は理論だけを勉強してるから、理論と現実がどうリンクされてるのか分からないことにある。
そういうときは論文を検索して読むのがいい。
論文は教科書と違って実証分析がしてあるから理論と現実のリンクが見えてくるし、
論文を通じて自分が勉強すべき分野、もう勉強しなくていい分野が見えてくる。
また教科書みたいに量が長くないから、すぐ読み終わるし、英語の奴を読めば英語の勉強にもなる。
論文はgoogle Scholarで検索したりすれば、無料で手に入るし、一部の学会のホームページでは論文を無料で公開されてるときもある。
だから金銭的にも楽
93
名無しさん@お腹いっぱい。
>>92
わかりました貴重なアドバイス有り難うございます。
脇田を読み込んでマクロの基礎をつけてから論文をあさってみたいと思います。
94
名無しさん@お腹いっぱい。
それでも最近DSGEの価値がわかんなくなってきた
95
名無しさん@お腹いっぱい。
俺はDSGEの数式がわからん心配するな。
マア自分で妄想モデルを造って精緻化すれば?
俺組織をワンセクターでマクロ的に巨大化させれば量子コンピューター
に支配される人間の姿が思い浮かんでこれはこれで楽しい。
経済学というのは恐れ多いけどね。
96
名無しさん@お腹いっぱい。
一人あたりで割った代表的個人の消費と投資の資源配分を異時点間最適化して
それがマクロモデルになるってもはやトンデモな気がするんだが
97
名無しさん@お腹いっぱい。
だから俺は統計で市場規模、企業規模、政府規模、家計規模を元にした
描写的計量モデルが何故できないのか不思議だよ。やって出来なくはあるまい。
パラメーターがいくつも変わるだろうが。
98
名無しさん@お腹いっぱい。
とてもめんどくさそうだ
99
名無しさん@お腹いっぱい。
>>97
いやなに言ってるのかわからない
100
名無しさん@お腹いっぱい。
最近、行動経済学と精神病には密接な関係があると思うようになった。
例えば、行動経済学では損失に対して人間は回避的な行動を取るが、
鬱病の人はその傾向が普通の人より強く、躁病の人はその傾向が弱いかもしれない。
糖質の人は陰謀論を強く信じるが、それは普通の人よりも低確率の物事を
高確率に捉えることにあるかもしれないので、糖質の人の感じる期待値は普通の人より異なるかもしれない。
神経経済学では脳の一部を損傷した患者からの観察を重視しているが、
俺からしたら精神医学も脳外科と同じくらい重視したほうがいいと思う。
上の俺の意見をくろしろーはどう思ってるか聞きたい
101
名無しさん@お腹いっぱい。
>>98
チェレンジしてみて
>>99
独占市場20%寡占市場30%競争市場10%その他みたいな混合した均衡市場モデルって作れないのかなって。

>>100
と言うか精神病云々より、俺たちの認知はクロマニヨンレベルだそうだ
鬱や躁はファイト・オア・フライトの現代社会への不調節なのだという医者も居る。
当然精神医学も範中に入るだろうね。
102
名無しさん@お腹いっぱい。
>>101
なんの意味が・・・
103
名無しさん@お腹いっぱい。
>>102
現実に近い。
104
名無しさん@お腹いっぱい。
計量とかヘドニックでしか使ったことねえな
わけわかめ
105
名無しさん@お腹いっぱい。
キョウサンゲリオンせつねえ
106
名無しさん@お腹いっぱい。
ヘドニックって言葉が出てるからちょっと聞きたいんだけど
ランカスターモデルについて詳しく扱ってる本ってある?
107
名無しさん@お腹いっぱい。
>>101
平均すると普通の奴と混合した奴の値は一緒になると思うけど
あと均衡市場モデル やったってもう発展はないよ
理論ミクロはもう完全に完成してるから、院レベルのミクロはマクロと違って学部レベルを厳密化しただけだし、
何より需要と供給が均衡点で収束しないアノマリーが発見されている。
現実の世界は価格は均衡点に収束するのではなく、確率分布に従って変動してる。
この話のくわしいことは高安「経済物理学の発見」を見れば分かる
108
名無しさん@お腹いっぱい。
>>106
そのレス俺ンじゃないがランチェスター戦略はビジネス本で見たので使おうかと思ったくらいだ。
>>107
そうか、やっぱり時間があれば物理学やりたいな。どうもありがとう。
本はアマゾン禁止(買いすぎのため)なんでそのうちのぞくわ。
109
名無しさん@お腹いっぱい。
普通の本屋にあるかな―。アマゾンのレビュー読んだら、明日にでも見たくなったが。
110
名無しさん@お腹いっぱい。
ランカスターの本あったわ
111
名無しさん@お腹いっぱい。
尼で見たけど計量の本の事か。それは俺はわからん。




まずいナー経済物理学そのうち集積に気づくぞ。まあいいか。
奴らが最新の物理学で武装してるけど原子が集まって物になるって基本中の基本でも
経済学並びに社会学なども記述できると気づくんだろうな。
112
名無しさん@お腹いっぱい。
しかし俺が敗れてもそれは奴らがより集積されていたって事で俺の集積論の
現実現象に過ぎぬわ。
113
名無しさん@お腹いっぱい。
>>111
何か勘違いしてるから一応言っておくけど
トニー・ランカスターのベイジアン計量経済学じゃなくて
ケルビン・ランカスターの消費者行動理論のことだからね
114
名無しさん@お腹いっぱい。
>>113
そうかすまない。
115
名無しさん@お腹いっぱい。
俺も経済物理学に全部持って行かれるかと思ったが人間を還元するとミクロマクロループ還元
をしなければならない。このミクロマクロループは塩沢の言だが、ミクロマクロループ還元は
俺の言。
116
名無しさん@お腹いっぱい。
社会学って意味があったと卒業して20年近くたって気づいた。
117
名無しさん@お腹いっぱい。
>>108
俺もランチェスター戦略が気になって経営工学やORの本読みまくったんだけど、
ランチェスター戦略が載っている学術書って意外にないんだよな
経営工学やORの本には経営系のことしか書かれてない。
これは日本が平和な国っていう事情からかもしれないから、洋書や論文にはあるかもしれない。
そもそも軍事戦略なんて極秘事項でちまたに出るものじゃないのかもしれない。
118
名無しさん@お腹いっぱい。
>>118
俺は資本経済学だから貨幣資本を構成する剰余(儲け)のミクロ理論で、剰余全部を
取り出す事は出来ないが、ビジネス書も参考にこういう代表例がありますよって
感じで例示記述する予定なんだが。だけどランチェスター戦略はそれを売り物にしてる
コンサルティング会社が主体で経営学・経済学としては学術的なのは珍しい分野な
んだろうね。
119
名無しさん@お腹いっぱい。
>>109
本が買えないなら東京工業大学、高安美佐子研究室のホームページに論文が公開されてるから、それを見れば
ほとんどが英語の論文だが、一部日本語の論文があるから、それ見たら経済物理学の展望や概略が分かると思う。
つか、アマゾンは駄目だけど、本屋では買えるって家族にアマゾン禁止令でも出されたのか?
120
名無しさん@お腹いっぱい。
>>119
有り難う。月の支払いが10万を超す状況ナノで個人的に1ヶ月はアマゾン
禁止にしました。この次は上限制にしたい。予算制約線を身にしみて感じる
この頃。ではHP見てみます。
121
名無しさん@お腹いっぱい。
OECDの資本測定法
http://www.oecd.org/dataoecd/61/57/1876369.pdf
ヨーロッパ計量経済学者の資本測定会議
http://www.unece.org/fileadmin/DAM/stats/publications/Measuring_capital.pdf
行動経済学と社会資本
http://karlan.yale.edu/fieldexperiments/pdf/Karlan_Using%20Experimental%20Economics%20to%20Measure%20Social%20Capital.pdf
社会資本と経済的能率の分析
http://www.eui.eu/Personal/Guiso/Courses/Lecture%206/Dasgupta_social_capital.pdf
あとは社会資本と人的資本関係の論文、社会学の面から述べられてるものもある
http://onemvweb.com/sources/sources/social_capital.pdf
http://www.open.ac.uk/lifelong-learning/papers/393B8E05-0008-65B9-0000015700000157_TomSchuller-paper.doc
http://www.oecd.org/dataoecd/40/24/45760738.pdf
全て英語だが、日本語でありそうにない情報で資本に関する論文なので読むことをおすすめする。
語学力によっては読むスピードが日本語より数倍かかるかもしれないが、
内容が充実してるので、日本語で文献を読むよりもコスパはいいはず。
なんか基礎的な教科書の英語版をよんでるらしいが、ほとんど知ってる情報が書かれた本を今頃読んでもつまらなくないか?
上記の論文は辞書を読む回数がその本より増えるかもしれないが、
未知の情報が書かれているから英語の勉強のモチベーションになると思う。
外国語の修得を科学的に分析した第二言語修得理論の分野でも、
対象者が自分の興味のある教材を使うと成績が上がる実証研究がある。
ちなみに、第二言語修得理論の考え方も面白く、語学の学習だけではなく、
学問の学習法にも適用できそうな感じだから、興味あったらInput仮説かInput理論でググってみるといい。
122
名無しさん@お腹いっぱい。
>>121
これは有りがたい物を。
是非読んでみます。
123
名無しさん@お腹いっぱい。
リーマンショックの以降の取り組みを説明してください。
彼とその友達曰く、消費、投資、貯蓄、外貨が関係しているといわれたけれど、ますます混乱した。
人によって解釈が違うものなのでしょうか?
124
名無しさん@お腹いっぱい。
取りくんでいる事はないよ。マクロ経済学を勉強し、金融関連の本を読んでみれば?
実は資本経済学でもまだマクロの理論はないが、経済社会総資本という経済や社会の
総資本を考えると成熟し、まともなやり方では稼げないからサブプライムローン見た
いのに手を出すんだろうレベルだね
125
名無しさん@お腹いっぱい。
>>124
ありがとうございます。
マクロは予備校で少しやったのと授業でやりました。
でも課題で取り組んだこと(世界あるいは国別)とその結果について800-1200字にまとめなくてはならなくて。。
原因ではなく以降の取り組みについてだとあまりうまく調べられないでいます。
ひとりひとり発表するのであんまりごまかせないのですw
ご存知の範囲で結構ですのでおしえてください。
126
名無しさん@お腹いっぱい。
http://www.canon-igs.org/column/network/20120125_1243.html
「リーマンショック以後の世界経済」でググれよ
うんざりするほど出るぞ

あとは役所の白書で探すのがよかろう。
127
名無しさん@お腹いっぱい。
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_filp/proceedings/material/zaitoa230621/03_3.pdf

hore
128
名無しさん@お腹いっぱい。
>>125
どちらかというとマクロ経済学より金融論の問題だね。
サブプライムローンの原因は、住宅バブルがはじける確率を金融機関が過小評価したのが原因としている。
アメリカは対応としては、とりあえず金融政策や破産企業の救済だが、
破産した銀行を救済するかどうかでモラルハザードや銀行が破産法の対象になってないとかでけっこうもめたはず。
結局、破産企業を救済したかどうかの結果は俺は知らないんで、そこは自分で調べてくれ。
あと政策論としては、よく評論家や政治家の間では、金融工学が悪いのでデリバティブを取り締まれって言われてるが、
そんな規制は流動性を損なう恐れがあるのでそれよりも金融企業の情報開示や個人の金融リテラシーの向上をする方法が優れている
129
名無しさん@お腹いっぱい。
要約、資本経済学の問題がわかったぞ
2億円問題だ。
130
名無しさん@お腹いっぱい。
二億円を働かなくても文化的な生活と見ているなら、タイやインドを思い浮かべてほしい。
これらの国は物価が安いため、二千万から五千万で働かなくても文化的な生活ができる。
それでは、なぜそのような物価の格差が生じるのか?
それは、成長の差であり、その原因は成長理論によると、人口、労働力、労働生産性、資本、知識・技能の差から生じる
131
130
最初の文ミスった
「働かなくても文化的な生活ができるという金額と見ているならば」と訂正する
132
名無しさん@お腹いっぱい。
>>131
これは舌足らずでした。いい視点を有り難うございます。
内的成長論はジョーンズのエッセンス本を見ました。
国際経済は弱いので積ん読になってるクルーグマンのをを読みましょう。
133
名無しさん@お腹いっぱい。
置塩の理論を組み込むならこの記事のコメント欄に池田信夫の置塩の理論の批評が書かれてるから、読めば参考になるかも
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/7125b1bec8ca27a45683e3f1c5b7fb29
134
名無しさん@お腹いっぱい。
>>133
有り難う。でも置塩の理論を組み入れる気はさらさら無い。
135
名無しさん@お腹いっぱい。
えらいこっちゃ経済物理学のためのマセマサクセスロード
136
名無しさん@お腹いっぱい。
青山の経済物理学は数学的に激ムズだからまだ買ってないなら止めた方がいい
どれくらいむずいかというとローマー、ヴァリアン、チャン動学の数倍むずい。
137
名無しさん@お腹いっぱい。
高安にさきこされた。集積と閾値で判断するって相転移じゃん。
138
名無しさん@お腹いっぱい。
俺が統計力学を履修するまで研究待ってくれ
139
名無しさん@お腹いっぱい。
>>138
それが何を解き明かすんだ?
140
名無しさん@お腹いっぱい。
>>136
もうそんなことは言ってられませんよ。兎に角統計力学まで真摯にやるしかないでしょう。
今までは新古典派がバカなこといってるなあとかマル経をお著来るだけで済みましたが。
本気で経済学なら即買いです。
141
名無しさん@お腹いっぱい。
>>139
カオスとフラタクルの基礎になる。
142
名無しさん@お腹いっぱい。
>>135
マセマのどの辺までやったの?
どこか分からないところがあって詰まってるならここに書けば、俺が教えるぞ。
経済数学をマスターするには、ある程度経済に関係ないところは飛ばすのも手。
例えば、ε-δ論法やルベーグ積分なんて経済学はおろか、物理学にすら必要ない。
厳密に数学を理解するのではなくて、おおざっぱに理解するのが一番いい。
143
名無しさん@お腹いっぱい。
>>142
是非ご教授ください。実はゲーム理論をやっていたのでマセマはほぼやっていませんでしたし
、まさか物理学がこれだけの破壊力を持っているとは思いませんでした。
今後基本的に自習しますが、わからないことはここに書き込みますので是非お力添えを
お頼み申し上げます。おおざっぱですね取り合えず全部読みます。
144
名無しさん@お腹いっぱい。
>>141
15年前くらいに一度はやりましたね。
それを解き明かすと何がわかるんですか?
145
名無しさん@お腹いっぱい。
>>144
それを応用した短期為替市場の価格変動などです。
詳しくは経済物理学の発見をお読みください。
146
名無しさん@お腹いっぱい。
勿論完全ではありませんよ。ただこれまでの経済学とは実験してるので破壊力
が違います。
147
名無しさん@お腹いっぱい。
統計物理学をやりたいならネットにもよく解説されたサイトがある。
http://homepage2.nifty.com/eman/
http://hooktail.sub.jp/
148
名無しさん@お腹いっぱい。
>>147
有り難うございます
40からの手習い。やらせていただきます。
149
名無しさん@お腹いっぱい。
以下の既存問題について、ご存知の方は教えてください。
一つでもいいです。
必ずしも解決方法でなくてもいいです。
正解が何というより理解が深まればとおもっています。

FP1 同じ因子を同時に計測できない。ズレがあり、バイアスが生じる
FP2 不確定要素が互いに影響していて従来の分析手法では全体もつかめない
FP3 均衡に向かっているという幻想
FP4 微分や積分は何にどこまで使えるか?
150
名無しさん@お腹いっぱい。
>>149
FP1量子だとバイアスどころか観測と予想が全くずれますね。何を観測するんでしょうか?
一般論としてはあたりまえのことです。
FP2何を分析するのかで決まりますね。一般論としてはあたりまえのことでしょう
FP3これは「経済物理学の発見」をお読みください。均衡という経済学手法は幻想だったのです。
FP4これは私が今買ってきた高校物理のわかりやすい参考書か図解雑学「微分積分」
を読むといいでしょう。
151
名無しさん@お腹いっぱい。
>>149
経済ですと
FP1の問題はそもそも還元できるのかと言う話になります。詰まりミクロに還元しても
それをまた還元するとマクロになると言う事です。
たとえbなにン限は精子と卵子の合体だが、性交という作業は安全なスペースに還元され
ると言うことです。またそれは男女のマッチングという余pりまくろに近い出来事になります。
FP2これはミクロでもマクロでも私もどうしようか悩んでいたところですが
ミクロマクロループを一時的に還元と捕らえ集積として記述出来ないかと言うことです。
FP3均衡なんてバカなことほざいてるから安心してましたが今は物理学の手習いです
FP4これは基本は力学に始まり応用は私レベルではわかりません。
152
名無しさん@お腹いっぱい。
誤字 bなにン限>人間 余pりまくろに>よりマクロに
153
名無しさん@お腹いっぱい。
「橋本の物理をはじめからていねいに」高校物理ですが名著です。
うえのhpに名前があったので買いましたが。これで1000円なら安い。
154
名無しさん@お腹いっぱい。
>>149
1量子力学の不確定理論だな。
解決法はない。
2俺はよく知らんがそうものを扱うカオスっていうものがあるらしい
3これは実は昔から知られていて、金融工学のブラックショールズ方程式が発見されたときからの問題になった。
なぜならば、金融工学では価格を収束するものではなく確率的なものとして扱うからだ。
4物理学ではかなりつかえる。
例えばバネ運動はkを係数、xを変位、mを質量とすると、kx=mdx^2/dt^2として表されるが、これはまさに微分方程式である。
経済学では主にマクロ経済学に使われる。
詳しくは、チャンやローマーを見た方が早い
155
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみにチャンを上下やると、実は物理学もよく出来るようになる。
物理学では微分方程式が多様されてるが、これにはチャン下がよく使える。
チャンでカバーできない物理数学に、偏微分方程式、ベクトル解析があるが、これは昨日俺が紹介したサイトに解説されてる。
156
149
補足1
すべて、経済についてお訪ねしています。
おひとりが無理に全部をお答えいただかなくてもOKです。
よろしくお願いします。


補足2
FP1 解決方法は? (因子の例:消費や失業やインフレやマネーサプライ)
FP2 何が不確定要素か?どのようなアプローチがあるか?
FP3 幻想?ならリアルは?
FP4 どういう分析に適していて、どのような限界があるのでしょうか?

浅学の私の理解ではいまだ、××××です。。
テーマが面白いのですが、難しいです。
特にこれだけが正解というものはないかと思いますが、腑に落ちたいです。


補足3
還元??
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%84%E5%85%83



>>150
FP3 これは「経済物理学の発見」をお読みください。均衡という経済学手法は幻想だったのです。
”簡単にご説明していただけるとありがたいです。”

>>151
FP2ミクロマクロループを一時的に還元と捕らえ集積として記述出来ないかと言うことです。
"還元?どこからどこまで?"

>>154
FP3なぜならば、金融工学では価格を収束するものではなく確率的なものとして扱うからだ。
"なんとなくわかりますが、もう一歩深い内容で教えてください”
157
名無しさん@お腹いっぱい。
>>156
経済学では価格は需要と供給により時間が立つにつれて収束するとされるが、
金融工学では価格は対数正規分布に従うとされ、対数正規分布ではいくら時間が立っても収束は見られない
158
名無しさん@お腹いっぱい。
>>156
まあ応えられることだけ。
私は非常に浅学の人間です。
学部中級のマルクス・ミクロ・マクロを勉強して共産趣味を多少かじっただけです。
ですがマル経の剰余価値説と労働価値説の適用が間違ってることもわかるしミクロマクロ
の均衡理論を非常に怪しく思っていたモノです
それはブラック・ショールズとは違う考えで価格とは限定情報・基数性のもと
限定合理性の人間が使うのだからよい均衡などあり得ないと思っていました。
159
名無しさん@お腹いっぱい。
FP1 解決方法は? (因子の例:消費や失業やインフレやマネーサプライ)
浅学の私には政策を論じることはほぼ出来ませんがGDPを廃止して使えるストック
も合計した指標にすると経済はもっとよくわかると思っていました。
FP2 何が不確定要素か?どのようなアプローチがあるか?
不確定要素を言っているのは貴方であって、質問が意味不明です。

FP3 幻想?ならリアルは?
べき乗分布になっているそうですがそれは物理学が高校物理を勉強中の私にはわかりません
FP4 どういう分析に適していて、どのような限界があるのでしょうか?
上記の方のレスとチャンを参考ください。
160
名無しさん@お腹いっぱい。
>還元

人を原子に還元(細かくわけたり)したりすることが科学の方法である事はご存じでしょう。

>ミクロマクロループを還元
それと同じくまず人間をミクロに還元(細かくわけ)それを集めてマクロを表現した上で
再度最初のミクロをマクロの表現で表すという記述方法を資本経済学
では考えていたのです。
161
名無しさん@お腹いっぱい。
>>155
腰を据えて物理もやりますがマクロ上級も読みたいのでチャンは制覇するつもりです
特に下巻ですね。
162
名無しさん@お腹いっぱい。
>>159
微分方程式は解がぶっちゃけると積分なんです。

これは動学と言って時間の流れを問題にする経済学で使い
特にマクロ経済学の上級で使います。
2chのレスではここまでがいっぱいいっぱいなので
「チャンの経済数学」でアマゾンで検索して上下巻買いましょう。
経済学をやるなら必須です。
ちなみに下巻はまだ私も制覇してませんが。
163
名無しさん@お腹いっぱい。
エネルギーがただになったら経済はどうなる?
当たり前のところから深いところまで求む。
164
名無しさん@お腹いっぱい。
問題設定が下らないので応えません
165
名無しさん@お腹いっぱい。
わざわざ言うなし
166
名無しさん@お腹いっぱい。
精神病に困ってるなら「臨床心理学における科学と疑似科学」という本をお勧めする。
これは、その名の通り、精神分析やゲーム脳などの擬似科学が蔓延しやすい心理学で、
精神医学において実証的に有効な臨床心理学と擬似科学的な臨床心理学に書かれたものだ。
この本の驚くべきことは、精神科医に負けないぐらいの精神医学に対する実践的知識を得られると同時に、
そこら辺の社会学本、哲学本に勝る社会学的、哲学的知識をも得られることだ。
全てのページで内容が濃く、おそらくこの一冊で哲学本、心理学本、社会学本数十冊に勝ると言っても過言ではない名書である。
167
名無しさん@お腹いっぱい。
>>166
面白そうな本ですね。アマゾンで注文してみました。
168
名無しさん@お腹いっぱい。
くろしろーはブログはアフィにしないの?
せっかく本たくさん持ってるんだから、長所短所を書いたりして本格的に本をレビューしたら、
お金が稼げる、雇用外で金を得る経験を得られるから論文のネタになる、
ブログのアクセス数も増えるって良いことずくめだと思うんだけど
ついでに、公務員である比較優位を生かして、ブログで公務員試験の参考書や勉強法を紹介したりすることもできるし
169
名無しさん@お腹いっぱい。
>>168
有り難う
公務員の服務規律にさわるから
ブックレビューは興味あるけどそれで稼ぐと見つかればうるさいんだよね。
公務員の勉強法は需要があるなら公開しよう。
170
名無しさん@お腹いっぱい。
>>169
服務規律のことすっかり忘れてたわ
確かに調べるとこんな記事があるね
http://www.sanspo.com/shakai/news/120128/sha1201280506005-n1.htm
高橋洋一や中野剛志は在職中に本書いてるけど、これは多分無償でやってんだろうな
171
名無しさん@お腹いっぱい。
いや基本は許可制。著述業は特殊だしね。許可取ってるんでしょ。
172
名無しさん@お腹いっぱい。
青山の経済物理学の本って数式も難しいけど、具体例がないからよけい難しいんだよね。
ピタゴラスの定理で例えると、普通の本なら「斜辺をcとして、残りの辺をa,bとするとa^2+b^2=c^2となる」って説明するところを、
青山本はいきなり「a^2+b^2=c^2である」って説明されてる感じ。
これは推測だが、著者は前作のパレート・ファームズを読んでる読者を対象にしているかもしれない(俺はその前作を読んでないから分からないけど)
あと使い方としても理解を念頭に置いてるよりは、むしれマスコレルみたいに論文見るときに
辞書代わりとして使われることを想定されてるように感じる。
あと学会のことはよく知らないが、青山本にハイパーインフレがないように青山本と高安本では扱ってる内容も全然違ってるけど、
多分日本の経済物理学会には、青山学派と高安学派に分離されてるんじゃないか?
おそらく高安本に書かれてる内容が知りたいなら、高安の他の著作や論文を見るしかないのかも
173
名無しさん@お腹いっぱい。
>>172
まあマスコレルでも読むんだ位の気持で物理学の勉強やるしかないでしょうね

かつ○先生? にご提案ですが数式をドウリング並みに丁寧に解説して書いたマクロ動学
の本書けばヒットすると思いますよ。
学派の件ですが、高安の女性の方に謝辞を送ってるんでどうでしょうか?
取りあえずあきらめて物理を勉強ですね。
何かマルクスやてて一般化された商品搾取定理の存在知ったときのような感じです。
174
名無しさん@お腹いっぱい。
暗記しかあるまい。経済の何に役だつんだろ
175
名無しさん@お腹いっぱい。
高安本見て思ったのだが、株式市場でべき分布が観測されるのは、投資家が株を他の投資家より早く売買したいバイアスや
機関投資家が一定の安定した利益を得るために、Loss Aversionの傾向が強くなることから生じるのであって
普通の物の商品の価格がべき分布に従ったり、需要と供給の均衡点が存在しない保証はないのではないか
176
名無しさん@お腹いっぱい。
>>175
そうですね。実体経済だと証明はされてないと思います。
経済物理学の範疇ですとそうだとおもいます。
しかし価格の基数性、情報限定性、限定合理性下の使用から
ミクロのような理想的均衡ではなくもっと様々な「均衡的」な形態が
あると僕は思ってます。
177
名無しさん@お腹いっぱい。
マクロに不確定性原理を当てはまるとどうなる?
178
名無しさん@お腹いっぱい。
現代経済学は不確定原理が適用するほど発展してない。
179
名無しさん@お腹いっぱい。
>>178
この定理そのものは無理としても、現象を観察しようとしていることはかわらないでしょ?
それはわかっているけど、いいたいことやイメージ伝わらないかなぁ。。
180
名無しさん@お腹いっぱい。
観測不可能な事取り入れてどうするんだ?
多世界解釈は量子レベルの話で社会事象には関係ないし。
181
名無しさん@お腹いっぱい。
>>179
それは不確定原理より心理学的な要素になるのでは?
例えれば、貯蓄と消費の額を人に申請させれば、人は自分の無駄遣いに気づいて消費を控えるかもしれない
182
名無しさん@お腹いっぱい。
>>181
たしかにそのとおりです。ケインズ、認知心理、マネジメント、マーケからみても正しいと思います。
その認識のうえで下記のイメージ上のもやもやがあります。

ただ、
なんとなく位置と速度の計測精度に限界があるところで、それって経済じゃないかと思ったのできいてみました。
金融、財政政策の空回りを見ていると根本的に違うような気がしてなりません。
Gの力技は理解できます。しかしもっとなんか相互の力を利用した合気道的なことができないかと。。
そのためにも新しいメカニズムか法則が隠されていないかとか思ったりします。
183
名無しさん@お腹いっぱい。
自己組織化の別展開
184
名無しさん@お腹いっぱい。
ちょとよくわからなくなりました。。
185
名無しさん@お腹いっぱい。
>>182
とりあえずケンブリッジ資本論争のことを調べてみれば?
資本の測定の点でも論争があったらしいから、望みのものが分かるかもよ
186
名無しさん@お腹いっぱい。
いいぞ。怪しい流れになってきた。
187
名無しさん@お腹いっぱい。
>>184
パレート・ファームズと言う本ンが面白い。理解も出来るよ。
188
名無しさん@お腹いっぱい。
マクロとかミクロとかわからないから
わかりやすく説明して
189
名無しさん@お腹いっぱい。
それは無理
190
名無しさん@お腹いっぱい。
ミクロ≒小さくものをみる
マクロ=大きくものをみる
191
名無しさん@お腹いっぱい。
>>188
ミクロ 家計や企業の行動に注目する
マクロ
政府支出や総生産量、社会全体の投資、消費などに注目する
192
名無しさん@お腹いっぱい。
>>188
ついでに北大の工藤先生がミクロとマクロについて述べている
http://www.econ.hokudai.ac.jp/~kudoh/Writings/DefiningMacro.htm
193
名無しさん@お腹いっぱい。
ミクロを分解すると実はマクロだったりもうぐちゃぐちゃ。
194
名無しさん@お腹いっぱい。
ミクロの集合がマクロだから
結局マクロはミクロだって話を2時間ぐらいされたけど
わけわからんかった
195
名無しさん@お腹いっぱい。
マクロ経済学のミクロ的基礎付けの話?
ならそれで合ってるよ。
ルーカスというおさーんが
マクロはミクロのことを考えんとダメーン
と言ったのが始まり。
俺も数式はわからんが。
196
名無しさん@お腹いっぱい。
俺の場合ミクロもマクロの集合かも知れないから、もうぐちゃぐちゃ。
つまり俺が日本語を話すのは日本という国MAKUROがあるからJAPAN
197
名無しさん@お腹いっぱい。
http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_monthly.html
おめらもぼきんすればいいことあるべ
198
名無しさん@お腹いっぱい。
>>187
この板でありがちな本の紹介はいいから、ちゃんと理華いしているなら1-3パラグラフで簡単に説明して。
199
名無しさん@お腹いっぱい。
>>198
1この本は経済物理学の経済学レベルで学部中級くらいのレベルで学びやすい。数式も飛ばせる。
2ほとんどが確率的分布手法で書かれている。
3企業規模など分布がべき乗だと言うのは要するに分布グラフ左上から右下に流れる直線だからだ。
4パレート則とは企業のこのようにべき乗に従うこと
5ジブラ則とは前回の値を無視して成長率をグラフにするとべき乗になること
6ジブラ過程とは企業と成長サイズに比例する。
などなどだ。
座れ
口の利き方に注意しろよ。人に教えを頼むときはへりくだるもんだ。
じゃあ図書館でリクエストでもしろ。
200
名無しさん@お腹いっぱい。
企業と成長サイズ->企業サイズと成長
201
名無しさん@お腹いっぱい。
なんでこのスレは基本的に上から目線なんだ?
202
名無しさん@お腹いっぱい。
「基本的に」ではない。「礼儀知らずな奴の時」だけ
203
名無しさん@お腹いっぱい。
それに座れはマフィアの脅し文句で冗談だよ
204
名無しさん@お腹いっぱい。
「最強マフィアの仕事術」面白いよ。
205
名無しさん@お腹いっぱい。
>>199
座れ?? 冗談?
ばかじゃねwじじぃ!へりくだる?きもいよw

きみ教えているつもりで逆に教わったことないのか?
どっちも対等だろ?21Cの日本だお
みんながインスパイアされるオープンなコミュニティーなんだよ
ってか、ここは大学じゃないし誰も金くれないし、評価してくれるかもわからんだろ。
なんもわかってないのか?ここはかの有名な2chよw

この本がいいとかあの本がいいとかみんな学者じゃないんだよ。
座れ!高圧的態度をまず誤ればw
図書館でリクエストでもしろ???
してみれば?とか言えないの?

でも199の内容はありがと。これが評価。リクエストでもしてみるよ。
206
名無しさん@お腹いっぱい。
フフフ、マフィアに2回目はないのだ。バキューン。
207
名無しさん@お腹いっぱい。
バカ目w 要らないところでこそ礼儀が役断つのだ。人生の厳しさを知らないな。
ちなみにマジレスだけどもう教えない。
208
名無しさん@お腹いっぱい。
まあ大学生なんて幼稚園児だ。w

絵本でも読んでろ。www
209
名無しさん@お腹いっぱい。
ここだってログがどうのこうのの世界さ。21cのコミュニティ!
すばらしい。。。ああキモイキモイ
210
名無しさん@お腹いっぱい。
ここはプロ固定が暴れ回り、ログを売ってる2chだけどねw
211
名無しさん@お腹いっぱい。
>>207
へりくだってほしいの?スッティッキーやつw
いあミスパーセプション勘違い野郎だろ

>>210
プロw売られるなよw
212
名無しさん@お腹いっぱい。
haihaiくたばれカス
213
名無しさん@お腹いっぱい。
俺はだなちょっとしたマナーをいってんの
214
名無しさん@お腹いっぱい。
もうちょっとまとめて一回で書け
215
名無しさん@お腹いっぱい。
ブログの記事に
>ただしx^xの形で描けるそうです。
って書いてあるけどx^u(uは定数)の間違いでは?
x^xだとべき分布ではなく別の性質の関数になってしまう
216
名無しさん@お腹いっぱい。
すいません。その通り
217
名無しさん@お腹いっぱい。
>>213
それはわかっているがその言い方が悪いし
もはや君の方がやりすぎだろw
それ認めんの?
218
名無しさん@お腹いっぱい。
百済ね。相手しない
219
名無しさん@お腹いっぱい。
逝って良し! って昔あったね。
220
名無しさん@お腹いっぱい。
あー悪かった。確かにむかついたのに教えてやったから言葉遣いはわりいわ。
別に教えて何の得もないから。無駄な労力だった。そんだけ。あばよ。
221
名無しさん@お腹いっぱい。
マジモンの病気やでこいつ
222
名無しさん@お腹いっぱい。
くたばれ
223
名無しさん@お腹いっぱい。
>>220消えなw
224
名無しさん@お腹いっぱい。
ネットじゃなきゃぼこぼこにしてやるのに。
225
名無しさん@お腹いっぱい。
このスレ俺のだからテメーが消えろ。
226
名無しさん@お腹いっぱい。
お前まじで感謝しろよ。ネットでよかったな。
227
名無しさん@お腹いっぱい。
>>226
え?もしかしてこども?w
228
名無しさん@お腹いっぱい。
暴力の大好きなおじさんだ。
229
名無しさん@お腹いっぱい。
さてブログでも書くか。
230
名無しさん@お腹いっぱい。
nemui
231
名無しさん@お腹いっぱい。
暴力はよくないね。俺が間違っていたよ。
232
名無しさん@お腹いっぱい。
ここは恐ろしいインターネッツですね
233
名無しさん@お腹いっぱい。
p>(x)はx以上の値をとる確率を表す
p(x)はxの値をとる確率を表す。
具体例を上げると、身長がべき分布に従う場合、ある人を一人選びだしたらその身長が170cmである確率はxが170の場合なのでp=(170)の値を求めればいい
逆にある人を選びだしてたら、その身長が170cm以上である確率はp>(170)の値を求めればいい
ついでにいうとp>(x)を微分したらp(x)になる
234
名無しさん@お腹いっぱい。
>>233
かつ○先生大変詳しいレスを有り難うございます。
ちなみに~はどういう意味でしょうか?
235
名無しさん@お腹いっぱい。
>>234
表記とか言い方の問題だから=と同じと考えても差し支えない
236
名無しさん@お腹いっぱい。
もう一点よろしいでしょうか?
μはなぜ「ー(マイナス)」なのでしょうか。
宜しくお願い致します。
237
名無しさん@お腹いっぱい。
>>235
どうもありがとうございます
238
名無しさん@お腹いっぱい。
>>236
それも表記の違い
べき分布は普通指数の部分は負になるのでu>0とおくことにより、表現が多少簡単になる。
だから指数部分をaとしても本質的な差は生じない
例えば、x^-0.5というべき分布があった場合、その分布はa=-0.5のべき分布と言ってもよいし、u=0.5のべき分布と言ってもよい
式の意味は変わらないけど、後者の言い方は少し見栄えがよくなるだろ?
239
名無しさん@お腹いっぱい。
>>238
なるほど有り難うございます。
240
名無しさん@お腹いっぱい。
いつもの裸の馬鹿王様状態で
約一週間のしかと制裁うけたのち、
誰が見てもわかりやすい超自演、
228-239
基本的な統計学をご披露中w
なんかみっともないw
241
名無しさん@お腹いっぱい。
なに言ってんだこいつ
242
名無しさん@お腹いっぱい。
はるだなあ
243
名無しさん@お腹いっぱい。
240はどうせ経済板からきた連中の一人だろw
244
名無しさん@お腹いっぱい。
やる気ゼロだがいい手はある?
245
名無しさん@お腹いっぱい。
役所にワンワンでやる気ゼロ
246
名無しさん@お腹いっぱい。
>>244
理論に行き詰まってやる気がないの?
247
名無しさん@お腹いっぱい。
そうかもしれないし。役所に屈服したことで反抗精神が消えた
248
名無しさん@お腹いっぱい。
観念的人的資本に取り込まれた。規格化された。
詰まり実体としての人間が職業人としての道具になる。
それは良いことなのだろうが。
249
名無しさん@お腹いっぱい。
今回どうだろうか?こういう経済社会学的記述が良いかなと思うんだが。
250
名無しさん@お腹いっぱい。
社会学的なものって究極的には、心理学・脳科学(神経科学)で説明されてしまうのでは?
さらに社会学的な方法論には問題があって、社会学には経済学や物理学のような一貫した理論がなく、
ただ統計を取って社会問題を考えるが、その方法論だと経済学のルーカス批判のような問題を見落とす可能性がある。
251
名無しさん@お腹いっぱい。
>社会学的なものって究極的には、心理学・脳科学(神経科学)で説明されてしまうのでは?
これは違う。社会学ではこういう個人還元的なモノと情報や物質で組み合わさって社会が独自に作用する
社会的事実というモノがある。
ただし社会的事実だけで語ろうとは思わないから、確かに心理学・脳科学ともクロスオーバーする部分はあると思う。
また確かに社会学には一貫した理論がないが統計社会学だけが社会学ではない。
理論で社会を語るものがあり、個人で研究する以上統計法的な手法は使えない。
ならば理論でそれらしさをどれだけ出すか? 視野は? と言う問題だと思うけども。
252
名無しさん@お腹いっぱい。
しかし、社会学の統計に問題が生じるからといって社会学から統計を取り除くと、反証性がなくなってポパーさんから怒られるというジレンマ
253
名無しさん@お腹いっぱい。
理論性や実証性を軽視するとどんな優れた思想でも駄目になってしまう。
この点は今日、俺がこのスレで詳しく説明している(もちろんこのID)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/economics/1332335652/
75辺りから
254
名無しさん@お腹いっぱい。
ううん。個人で統計やる方法ってありますか?
何かガイドブックがあれば教えていただきたい。
255
名無しさん@お腹いっぱい。
それは理論によるんじゃないの?
単純な理論なら、官庁からのホームページから適当な統計的データ
ダウンロードしてエクセルでワンクリックで回帰分析や相関係数ぐらいは出せるし
そして何のために統計取ったり新しく理論作ったりするかというと、
現代の経済学では説明できないことを説明するためであって研究に
行き詰まったら、現代の経済学のアノマリーや限界を見つめ直すことが大事
ただ、統計やらずに理論やるのもありかもしれないけど、精神分析やマル経のようにデータでは
反証されず、解釈しだいでどんなことも説明できる理論は駄目だと思う
256
名無しさん@お腹いっぱい。
ついでに言うと、経済学から社会学、政治学、法学を説明できるけど、逆はアプローチ的に成り立たないと思う。
あと資本のことならローマーのマクロの成長理論の章で詳しい説明がされている。
ローマーはチャン下を理解すれば理解できる構成になっている。
ただし、変分法や動学計画法を使うところをむりやりやさしい数学で書いているから、かえって分かりにくくなってみんな挫折している。
それがローマーが難しく見える理由
だからあれは、2章のラムゼイモデルやRBCの章は理解出来なくても適当に流し読みしながら、飛ばしてもよい
257
名無しさん@お腹いっぱい。
さらにローマーの利点は実証が豊富なこと。
あれほど神がかった本はない。
ローマーは神
258
名無しさん@お腹いっぱい。
いつもいつも有り難うございます。
マクロ勉強しますか。
まあチャンですな。
259
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみに俺は私文だけど中谷からチャン上下マスターしたらすんなりローマーに移行できたから、
マクロを理解するのに重要なのは数学でそれもチャンで十分だと思う。
ローマーレベルだと主につかうのは微積、微分方程式だからマクロ理解したいなら、
微積分学の教科書だけやってチャンの行列、線型の部分飛ばしてマクロに必要な部分だけををやるのもありかも
260
名無しさん@お腹いっぱい。
なるほど最適化とか飛ばしていいですか?
261
名無しさん@お腹いっぱい。
クーン・タッカーとかはミクロの理論だから飛ばしていいよ
あとチャン下の最後にある制御理論も飛ばしてよい
262
名無しさん@お腹いっぱい。
有り難うございます。まあじわじわせめます。
263
名無しさん@お腹いっぱい。
ローマーは手段であって目的ではないと思うよ
264
名無しさん@お腹いっぱい。
誰も目的とは言ってないが
265
名無しさん@お腹いっぱい。
だったら、チャン全部読ませなさいよ
ローマー読むのに必要ないからって飛ばしてもよいなんて言っちゃダメだよ
266
名無しさん@お腹いっぱい。
いや実際マクロに興味ある人だったら、チャンのミクロよりのところはある程度飛ばしていいでしょ
この人は資本に興味あるみたいだから、ローマーの成長理論だけ読むっていうのもありだし
自分の興味のないところを嫌々やっても勉強が嫌いになるだけだよ
俺は自分の興味ある分野を理解する目的のためだったら、教科書を飛ばし飛ばしに読む手段もありだと思う
この方法だと教育心理学でいう内発的動機付けを生み出す
267
名無しさん@お腹いっぱい。
まあ正直ミクロ理論で上級書を読む必要性は感じませんが
完全合理性は労働価値説みたいなもんです。
チャンは一応乏し読みしますが他も全部目は通します。
268
名無しさん@お腹いっぱい。
どうだろうね?
俺は何を専攻するにしても前提となる基礎的知識は絶対に押さえた方が良いと思うけどな
269
名無しさん@お腹いっぱい。
正直社会人なんでマスコレル読む時間が惜しいです
270
名無しさん@お腹いっぱい。
マクロはもはや院と学部では他ジャンルみたいですからローマ―
は読みますが一般均衡論とかばかばかしくて読む気がしません。
271
名無しさん@お腹いっぱい。
ついでに各分野で使う数学を挙げると
ミクロ 線型代数 微積分
マクロ 微積分 微分方程式 (超上級は変分法、最適制御理論)
計量 統計学 (超上級は線型代数)
になる
272
名無しさん@お腹いっぱい。
有り難うございます。
273
名無しさん@お腹いっぱい。
>>261
>クーン・タッカーとかはミクロの理論だから飛ばしていいよ

え?
274
名無しさん@お腹いっぱい。
まあチャンはとばし読みしますが最終的には全部読みます。

今書いてる資本主義の愚痴理論みたいの結構受けてますね。
275
名無しさん@お腹いっぱい。
こんなページ見つけた
Acemogluの人的資本の翻訳
http://ja.daronacemoglu.wikia.com/wiki/Acemoglu%E5%85%AC%E5%BC%8F%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88
276
名無しさん@お腹いっぱい。
一人暮らしじゃないなら首や肩の凝りがひどいときはだれかにお灸を据えてもらうとよく利くよ
マッサージとは別の気持ちよさがある
277
名無しさん@お腹いっぱい。
>>275>>276
アセモグルの論文有り難うございます。
ちょっとそれに合わせて書いてみたいと思います。
お灸は職場では無理なので違う温感貼り薬で代用してみます。
家ではいいのですが、職場で大変なのです。
278
名無しさん@お腹いっぱい。
こいつ好きやねん

http://www.youtube.com/watch?v=ALMD6lVOth4
279
名無しさん@お腹いっぱい。
おれはそうでもないねん
280
名無しさん@お腹いっぱい。
いまきづいたんやもう死んでる
281
名無しさん@お腹いっぱい。
プルプル
282
名無しさん@お腹いっぱい。
うひゃうひゃうひゃうひゃうひゃうひゃ
283
名無しさん@お腹いっぱい。
ブログ見てよく分からないけど、民間で働いてる人ならともかく公務員の人がなんで資本主義で苦しんでるの?
労苦なら北朝鮮でもソ連でも結構あるんじゃないか?
あと仕事の規格化って言ってるけど、共産主義だって成功させるには計画経済をしなければならないんだから、
仕事の規格性は資本主義、共産主義に関わらず、仕事本来に備わっている性質だと思う。
284
名無しさん@お腹いっぱい。
それがメンヘル廃人クオリティ
共産主義については書いてない
285
名無しさん@お腹いっぱい。
結構って確実に悲惨だろwww
286
名無しさん@お腹いっぱい。
>>284
資本主義の逆って共産主義、社会主義じゃないの?
だから論理学的には「ある性質が資本主義に備わっているならば、その性質は共産主義にはない。」」
という命題が成り立つから必然的に資本主義の性質に述べてるなら、間接的に共産主義、社会主義の性質を述べてることになるんじゃないの
それとも社会主義、共産主義、資本主義、混合経済でもない新たな体制があるというのか?
287
名無しさん@お腹いっぱい。
>>286
俺は資本とは手段資本の高度化も特徴に挙げるんで
逆ではなくむしろ同類だね、
288
名無しさん@お腹いっぱい。
さらに言うと、人間関係から逃げられないのは日本固有の年功序列、終身雇用から来ているから、
退職して人間関係を簡単にリセットできるアメリカのような雇用が流動的な国にはそのような労苦はない。
つまり、お前が労苦で苦しんでるのは、日本の封建的、社会主義的慣習、制度によるもの。
だから、くろしろは労苦の原因は資本主義だと思ってるようだが、実はその本当の原因は社会主義から来てんだよ
実際、データ見ても会社の満足度はアメリカの方が日本より高いし
289
名無しさん@お腹いっぱい。
あと、社会学的に言うなら日本のムラ社会的な共同体も原因の一つだな
311でみんなも分かったと思うが、この国の集団主義と同調圧力は世界的に見て異常なレベル
この国のほとんどすべての人間関係は江戸時代とあまり変わらないのだ
290
名無しさん@お腹いっぱい。
日本型資本主義で社会主義「的」であればその通りだが「社会主義」までは逝かない。
291
名無しさん@お腹いっぱい。
それだけではアメリカの職業満足度が日本より上だという説明にはならない
しかもアメリカは日本よりセーフティーネットが少ない国だぞ?
292
名無しさん@お腹いっぱい。
俺は理念上の社会主義を指してないし、歴史上の社会主義で言えば、日本は社会主義でしょ
だってソ連や中国に自分の国より社会主義だって言われる国だぞ
293
名無しさん@お腹いっぱい。
誰か行動経済学についても述べてよ
294
名無しさん@お腹いっぱい。
日本は労働規制が厳しいから辞めさせたい奴がいたら窓際にして嫌がらせとか陰湿で根暗な方法で自発的に辞めさせないといけない。
その分、簡単にクビになる代わりに、転職が簡単だから人間関係に困ったらさっさと転職すればいいアメリカの方がすっきりしてる
295
名無しさん@お腹いっぱい。
歴史上の社会主義でも理念からこうだから社会主義だとかもっと厳密に定義するべきだと思う。
誰々がこういうから社会主義では北朝鮮は一時地上の楽園wwと言われてたんだから。
ただ窓際というのが残っている性でスッキリしないのは確か。役所ならではだろう。
296
名無しさん@お腹いっぱい。
ただ労苦も俺の労苦であり、資本主義についても手段資本の高度化という新たな視点
を動員してるから資本経済学なのであり、今日はねてしまったが明日はソレでブログ書こう。
297
名無しさん@お腹いっぱい。
>>295
窓際の扱いは役所どころか日本のほとんどの大手企業であるよ
大手は組合の力やメンツの問題があるからね
298
名無しさん@お腹いっぱい。
資本主義の意味合いが違うようですね。マルクスと資本経済学では。
299
名無しさん@お腹いっぱい。
>生存は大丈夫なのかが気になるところだが。
アメリカは民間や宗教関係のチャリティー活動やフードスタンプという制度があるので、餓死とかは制度などを知っている人は免れる
逆に、制度とかを知らなければ、たびたびニュースになっているように日本のような福祉が厚い国でも餓死する可能性がある。
よく日本で餓死のニュースが出ると役所が叩かれるけど、大抵は餓死者に
知的障害があったり、人の接触や役所の援助を拒んだりしてたケースが多いよ。
底辺の人間の非合理性、無知性を侮ってはいけない。
餓死者は生活保護や刑務所で生活するという発想自体ない。
300
名無しさん@お腹いっぱい。
ああ何となくわかります。アメリカってチャンスの国なんですかね?
301
名無しさん@お腹いっぱい。
レモネードでも売ってろ
302
名無しさん@お腹いっぱい。
WHAT?
303
名無しさん@お腹いっぱい。
HEY CUNT YOU!
304
名無しさん@お腹いっぱい。
>>300
アメリカがチャンスがあるっていうよりは、日本がチャンスが無さ過ぎる感じだね
新卒採用逃したり、辞職したら職を探すのは難しいし、仕事の成果に対する報酬のインセンティブもアメリカより低いしな
305
名無しさん@お腹いっぱい。
>>304
そうですね。ちなみにチャンとか5時間勉強したんですか?
306
名無しさん@お腹いっぱい。
>>305
俺の今日の予定のことを聞いてるなら、Final offer Arbitration関係の論文をググってたよ
チャン関係のことを聞いてるなら、前にも言ったと思うけど、私文の俺でも微積、線型の教科書読んだらチャンも
すんなり読めてそのおかげでチャンを読む前は分からなかったローマーもすらすら読めるようになった。
まあ、俺は私文と言っても理一落ち慶應経済だから数学は得意だったし、数ⅢCも大学入学までに習ってた文転組だから、
俺のローマー制覇プランだと数ⅢCをまだ勉強してない文系新大学生だと厳しいかも知れないけど
でも数ⅢCを勉強したなら数学は俺のローマー制覇プランでいける
307
名無しさん@お腹いっぱい。
>>306
かつ○先生の学生時代の勉強法を知りたかったのです。
どうもありがとうございました。
自分は高校で勉強完全放棄で
浪人暗記科目で法政ですので、やはり理系分野力に乏しく
高校数学も視野に入れるかなと言うところです。
308
名無しさん@お腹いっぱい。
>>299
やっぱり初等教育の社会科でそういう制度についてちゃんと教えるべきだよね
高等教育を受けられない人もいるわけだから
309
名無しさん@お腹いっぱい。
休みも勉強か。ロックにはまりすぎたな
310
名無しさん@お腹いっぱい。
>パレート最適が歴史性を無視している事。
むしろ、長い歴史の中で進化的に生存率や保有財産を高める制度や文化が生き延び、
結果的にそれらの制度や文化がナッシュ均衡やパレート最適になってることが多いから、必ずしもそうは言い切れないのでは?
311
名無しさん@お腹いっぱい。
>>310
時間性と言った方がいいですかね。
こういう事です
初期50:50

第一期パレート最適50:50

第二期不当配分70:30

第三期パレート最適70:30


と言う不当配分を強化する欠点があると言う事です
312
名無しさん@お腹いっぱい。
そういう問題ならインセンティブが密接に関係してくるな。
例えば、偏った財を全て平等に分配してしまうと頑張って財を生産するインセンティブがなくなるし、
逆に偏った資源配分を生む不当な財産制度があると、それによって財を生産するのが不利な人はそのインセンティブを損なうだろう。
つまり、理想的な資源配分とは、インセンティブを最大化すること。
確かにパレート最適はそれの必要条件だが、十分条件ではない
313
名無しさん@お腹いっぱい。
ウーンそうでしょうか。インセンティブは精神論ですから。決定要因の一つではあるモノの
それだけに絞るのはきついかと。まあ私もわかりませんが。十分な栄養のあるときとかも重要かと
314
名無しさん@お腹いっぱい。
ここのばかになにはなしてもむだだよ
根本からくずれているからな
315
名無しさん@お腹いっぱい。
失敬な。まあ根腐れしとるがな。
インセンティブ決定論は確かに有力だ。昔経営学の本で読んだが
工場の生産性で決定要因になったのは士気だけだったという。
まあこれはインセンティブに含めてもいいだろう。
しかし人間、動物だからな。インパール作戦じゃないが補給線が
途切れれば死の行進だ。他の要素を考えないのは非科学的だろう。
316
名無しさん@お腹いっぱい。
>>313
例えば、奴隷制を経済学的に分析してみよう。
奴隷制は経済に悪影響を与えるが、それには二つの要因がある。
一つは奴隷を監視したり、管理する費用が近代的な労働契約と比べてかなりの割高になってしまう
二つ目は奴隷側が賃金によるインセンティブがないため、生産性を高める要因がないことが挙げられる。
そのため、一般的な経済史の見方では奴隷制の廃止は重要な分岐点の一つと考えるし、インセンティブは経済学の重要な要素の一つとして考えられる。
もちろん、精神論だけではなく、インセンティブの数理的な解析をしている論文もある。
317
名無しさん@お腹いっぱい。
やっぱ数理で院レベル出来なきゃダメですね。教科書だけでなく
論文読めないと。
いつになったら届くモノやら
しかしパレード効率性に変わる新しい効率性の目安を考えました
ご意見いただければ幸いです。
318
名無しさん@お腹いっぱい。
>2勤労が出来るだけ選好および適度な複雑性を持って居ること
これが現実にかなり難しく、景気が良いときや経験が生産性の向上に結びつきやすい職は激務が必死だし、
逆に労働者によっていい具合の労働時間があっても、それは企業に取っては過小な労働力に捉えられ、
そのぐらいの労働力しか必要としない企業や景気状況では、失業のリスクや低賃金の状況が発生するかもしれない。
このように労働者の効用最適化(賃金の効用と労働の不公用を持つ効用関数の)と企業の利潤最適化がミスマッチしている状況が考えられる。
つまり、労働者側にとってベストな状況が存在しても、企業にとってそれはベストな状況とは100%言い切れず、
企業の損失>労働者の利益みたいな経済全体がマイナスになる状況が生まれる可能性がある。
逆に考えれば、このミスマッチを考えたり、対策を練るのはいい研究テーマになると思う。
319
名無しさん@お腹いっぱい。
>>318
なるほど、ソレは面白そうですが大変ですね。ミクロの問題です。
取り合えずチャンを読んで論文読めるよう数理に励みますか。
320
名無しさん@お腹いっぱい。
あ、でもひとつ、複雑性適度な労働はインセンティブ向上、生産性向上になります。
321
名無しさん@お腹いっぱい。
通貨が生産性の裏付なら
生産性に基づいて通貨を分けるのがいいとおもう
つまり、所得や資産に基づいて 金利も為替も変わる
簡単にいえば 株だw
生産性に基づいて 階層社会を構成し 通貨を割り当てる
つまり、株だ
日本國通貨=日本國民の株
とっても高いので 困っています
増資しましょう
322
名無しさん@お腹いっぱい。
てか、日本政府は株で資金調達しろっての
公務員の給与は株で払え
323
名無しさん@お腹いっぱい。
今が安値だから俺の株かっとけ
324
名無しさん@お腹いっぱい。
進学するなら、また学部に入り直すより、大学院に行った方がいいんじゃないか?
難関大学だろうと、しょせん学部教育なんだからあまり大きな期待はしない方がいいと思うよ。
あと、学位の価値としても、学士と修士、博士では天と地の違いがある
325
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94314480
326
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94314480
327
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94314480
328
名無しさん@お腹いっぱい。
>>324
確かに、学部の勉強って独学で出来ますしね。
京都産業大学の通教にしますかな。うーん。
329
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみに夜間とか無理ですよ。札幌に異動は俺は無理。
330
名無しさん@お腹いっぱい。
>>328
修士取れるから、そっちの方がいいね。
経済学の学士持ってる人が経済学部に学士入学してもあまり意味ないだろうし
331
名無しさん@お腹いっぱい。
いや俺は社会学士ですが。ただミクロマクロはともかく
他は2年は勉強しないときついでしょう。
332
名無しさん@お腹いっぱい。
公務員試験や院試の標準的なレベルが解ければ、学力の面では一応オッケーだと思う。
とりあえず、いろんな大学の院試を解いてみれば?
ホームページで過去問公開しているところもそれなりにあるし
333
名無しさん@お腹いっぱい。
公務員試験経済学受けませんでしたからね。国家だと可能なんです。
嫁はしますが問題は解けないレベルでしょう。
334
名無しさん@お腹いっぱい。
とりあえず、院試の過去問を解いてみれば、これからやった方がいいことがはっきりするんじゃないか。
勉強した内容の復習にもなるし
335
名無しさん@お腹いっぱい。
じゃあとりあえず大学院へのマクロ経済学でもやりますか。
ミクロも買おう。
336
名無しさん@お腹いっぱい。
けいおうやめますた,手を動かすといいみたいです
経営系と経済系で2、3年修行して院試の問題を毎日一題とけば
社会人大学院なら大丈夫でしょう。
337
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94400667
338
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94400667
339
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94400667
340
名無しさん@お腹いっぱい。
詰まりパレート効率はある価値判断でしかないいのよ。
ソレがいつのまにか入門書レベルでは効率一般になって
市場は効率様がで歩く。
341
名無しさん@お腹いっぱい。
中級だって奥野の一般均衡の厚生経済学の定理はパレート効率ではなかったかな?
でもソレはやっぱり一つの価値判断の押しつけでしかない
342
名無しさん@お腹いっぱい。
本当は効率の価値ってもっといっぱいあってもいいはずだ。
ソレが条件や仮定の厳密な議論での話だけでなく一般化して
市場を一般効率にする。それはマルクス主義と同様の欺瞞イデオロギーだ。
343
名無しさん@お腹いっぱい。
もはやマルクス主義と同様の近経は代替がないからのさばってるだけ。
344
名無しさん@お腹いっぱい。
全搾取=全利潤とおなじ全パレート=全効率

入門書には市場が効率とはのせてはいけないんだよ。
仮定なり条件の下でこういう事が言えますという話しか話してはならない。
ソレが最低の倫理だ.
345
名無しさん@お腹いっぱい。
たとえば生存を効率に仮定してみろ。市場は効率的か?
346
名無しさん@お腹いっぱい。
>ところがどっこい厚生主義(個人の効用のみを考えよう)を取らない学者も居て、その場合はパレート効率が満たされない
厚生経済学や公共経済の教科書ならちゃんと書いてあるけどね、HareやSenやRoemerに触れたりもするし

ソレハ宇野派の恐慌論のマニアっくさと何が違うの? 入門書や中級書のプロパガンダ
を言ってるんだけど
347
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94468931
348
名無しさん@お腹いっぱい。
>>347
sinekimoi
349
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94482653
350
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94539753
351
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94579738
352
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94579738
353
名無しさん@お腹いっぱい。

ゲーム理論の問題です。課題なのですが、全然わからないので教えて下さいm(_ _)m

二人のプレイヤーをAとBで表す。SA=[0,1] SB=[0,1]をBの戦略集合とする。Aの利得関数fAとBの利得関数fBは次の通り与えられているとする。
fA(x,y)=|x-y| , fB(x,y)=|x-y|
ただし|a|はaの絶対値を表し、XはAの戦略を表し、yはBの戦略を表す。このとき以下の各問に答えよ。

1.各 y∈SBに対して、Aの最適反応戦略を求めよ。同様に各X∈S Aに対して、Bの最適反応戦略を求めよ。
2.各プレイヤーの最適反応集合を求めよ。
3.このゲームのNASH均衡の存在について論ぜよ。
354
名無しさん@お腹いっぱい。
ごめん数学のゲ―ムは全然やってないよ。2年後くらいには出来る予定だが。
ラムスセンとギボンズをやるつもり。
355
名無しさん@お腹いっぱい。
>>353
質問スレがあるのに、なぜわざわざこのスレで質問する
356
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94687387
357
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94687387
358
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94790714
359
名無しさん@お腹いっぱい。
 
360
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94818011
361
名無しさん@お腹いっぱい。
お金もちです、質問は一人1回まで http://live.nicovideo.jp/watch/lv94822768
362
名無しさん@お腹いっぱい。
久々に放置ブログ更新
363
名無しさん@お腹いっぱい。
価値形態論にだまされてた。使用価値形態論だった。
そして=ではなく「大体同じ」だ。これで価格が少し分析、出来た。
364
ラスガキ 
これから私は進化します 
365
名無しさん@お腹いっぱい。
何者?
366
名無しさん@お腹いっぱい。
質問です。どなたか教えて下さい。

平成16年警察官採用試験
「総費用曲線と、それに対応する平均費用曲線と限界費用曲線の正しい組み合わせを選べ」
という問題

通常、総費用曲線は逆S字のようになると思うのですが、
このパターンとは違い、S字になる場合が図示されています。
(最初費用が掛らなくて、途中一気に増加、その後費用が掛らないパターン)

これはどんな具体例です?
367
名無しさん@お腹いっぱい。
まず平均費用曲線だが、平均費用は原点と総費用曲線上の1点を結んだ線分の角度で
表される。だから、総費用曲線がS字なら最初、生産量が低い時は角度は小さいが、生産
量が上がってくるとだんだん角度が大きくなってくる。原点からの半直線と総費用曲線が接
する点で角度は最大になり、それ以降は角度は減少に転じる。
つまり、平均費用曲線はアルファベットのUを逆さまにしたような形になっている。
平均費用曲線の形状が分かったから、限界費用曲線の形ももう分かると思う。
限界費用曲線もアルファベットのUを逆さまにしたような形で、平均費用曲線よりも早く最高点
を迎える。限界費用曲線は平均費用曲線の最高点を左上から右下に貫くように通過する。

こんな説明でOK?
368
名無しさん@お腹いっぱい。
>>267
だからそれは逆S字の費用関数についてでしょ
質問者はS字の場合の費用関数の具体例を聞いてるんでしょ
S字のTCだとU字のACにはならんだろ。釣鐘みたいな形になる
369
名無しさん@お腹いっぱい。
あぁちゃんと読んでなかった。
U字の逆さって書いてたな
370
名無しさん@お腹いっぱい。
我マル経に勝利せり
371
名無しさん@お腹いっぱい。
公募に敗北せり
372
名無しさん@お腹いっぱい。
結局の所、1マル経を捨てて、または乗り越えて資本経済学を作り上げる。
2そして経営学を創る
だが現実実現性はないわけだ。
373
名無しさん@お腹いっぱい。
1俺自体武隈もろくに理解してない。
374
名無しさん@お腹いっぱい。
今日はいいできだ。読むが良い。

http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20120819
375
名無しさん@お腹いっぱい。
つ努力賞
376
名無しさん@お腹いっぱい。
今日のは気合いが入った。読むと良い
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20120905
377
名無しさん@お腹いっぱい。
age
378
名無しさん@お腹いっぱい。
通貨は虚構に過ぎないとか
http://timefetcher.blogspot.jp/2012/07/blog-post_16.html
379
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20121008

今日は気合いを入れた。読むが良い。
380
名無しさん@お腹いっぱい。
>>379
反証性のない理論だから、反証性のある理論を作れ。
マル経が廃れたのは、共産圏が崩壊しただけではなく、ポパーの反証性が満たされていない理論的な問題があったから。
381
名無しさん@お腹いっぱい。
反証がないのは近経も同じ。
計量? マル経だって計量在るよ。
382
名無しさん@お腹いっぱい。
マル経の計量って具体的に何?
日本語どころか英語でググってもそのようなものは見つからないんだけど。
383
名無しさん@お腹いっぱい。
搾取率(剰余価値率)の計算
384
名無しさん@お腹いっぱい。
剰余価値率は低いときでも300%、高いときでは400%を超す(『剰余価値率の実証研究』、法律文化社

間違ったモデルでも計量できる好例。
385
名無しさん@お腹いっぱい。
だから完全合理性とか、合理的期待とか計量でどうなってるのか勉強
するつもりだけど、統計に押し込めば実証とは限らない。
386
名無しさん@お腹いっぱい。
ポパーがマルクスを批判したのは、そんなところじゃない。
ポパーがマルクスを批判したのはConjectures and Refutations: The Growth of Scientific Knowledgeという本の中で具体的にはこのように書いてある。
The Marxist theory of history, in spite of the serious efforts of some of its founders and followers,
ultimately adopted this soothsaying practice. In some of its earlier formulations
(for example in Marx's analysis of the character of the 'coming social revolution') their predictions were testable, and
in fact falsified. Yet instead of accepting the refutations the followers of Marx re-interpreted both
the theory and the evidence in order to make them agree. In this way theyrescued the theory from refutation;
but they did so at the price of adopting a device which made it irrefutable.
They thus gave a 'conventionalist twist' to the theory; and by this stratagem they destroyed its much advertised claim to scientific status.
387
名無しさん@お腹いっぱい。
要約すると、社会革命は預言され、それは反証可能なものであり、それは反証され、論破されて偽となった。
しかし、社会主義者は理論や根拠を再解釈し、こじつけをすることにより、論破されなくなったが、同時にその科学性は失われたという意味になる。
つまり、ポパーは統計無き理論は、解釈次第で、どのような結果も導くことができることを主張したんだよ
388
名無しさん@お腹いっぱい。
いやマルクスの論理は反証(反論)出来る。
反証で壊れちゃうけど。
労働価値説と剰余価値説は実社会を経験すればおかしいと思うところ
数学とか必要なし日本語と論理ではっきりと分かる
アナマルなんか必要なし。
それに剰余価値説は資本論のキモ中のキモ。
資本論第4巻として剰余労働価値学説史があるほど

389
名無しさん@お腹いっぱい。
俺の理論は厳密さを欠くものだが
金持ちが有効な世界変容を欠いて金持ちであることの異議とか反論は自由だし
データで示せば反証になる。
まあ統計は勉強するけど統計でも嘘はつけると思う。
390
名無しさん@お腹いっぱい。
異議->意義
たとえば金持ちが世襲することのインセンティブや
政治的安定性など
まあ実証は今の社会じゃない?
良いとはおもえんけど。
391
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20121009
今日も気合い作じゃ
392
名無しさん@お腹いっぱい。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1346657031/183-186

カレツキ経済表の図解?
 ______            ______?
| _____|________  | ____ |?
||     |  _____ | ||    ||?
||利潤P1 |+| 賃金W1||=||投資I ||?
||     | |/I=w1|| ||    ||?
||     | |(分配率)|| ||    ||?
||     | |     || ||資本家 ||?
||利潤P2 |+| 賃金W2||=/|消費Ck||?
||     | |/Ck=w2|/||    ||?
||     | |(分配率)|/ ||    ||?
||     ③ |_____/| ||    ||?
||_____|/_____/_| ||____||?
|      /     /    |      |?
|     ②|    /  (⑤)|(⑥)   |?
| ___/ |   /      | 労働者  |?
||利潤P3||+ /賃金W3  =| 消費Cw |?
||____|| //Cw=w3  |      |?
|      |/ (分配率)   |      |?
|______/          |______|?
      /               |  ?
     ④                ⑦ ?
 ___/___________   ___|__ ?
| _/___         |①|      |?
||総利潤P |+  総賃金W |=| 国民所得Y|?
||_____|        | |      |?
|_______________| |______|?

http://byoubyou.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b710.html?
http://blogs.yahoo.co.jp/f196ip7d/17928011.html?
参考:?
マルクス経済表、元バージョン(再生産表式と部門の順番が違う)?
http://3.bp.blogspot.com/-19fBFbP8WwA/Tq_GZpwzZgI/AAAAAAAADDk/lAm4SlJbWhc/s1600/12.jpg?
http://2.bp.blogspot.com/-xuLhbrxVrHI/Tq_GZcWjCMI/AAAAAAAADDY/svEAgSpeGFg/s1600/13.gif?
393
名無しさん@お腹いっぱい。
>それから経済学で気付いたおかしな点は市場の効率基準が厚生効率基準のパレート基準でしかないことだ。
そんなことはない。
カルドア、ヒックス、シトフスキーの補償原理やアマルティア・センの自由主義者のパラドックスは、パレート基準に頼らないいい例
394
名無しさん@お腹いっぱい。
なるほど、でもそれはググると厚生基準ですね。
いわゆる作業能率というわけではないわけだ。続きはブログで。
395
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20121012
重大な問題提起だ。読むが良い
396
名無しさん@お腹いっぱい。
>>395
垢乗っ取られた??
それとも真面目に新たな学問を立ち上げることの重さから逃避して、ネタに走って
しまったんだとしたら悲しい
397
名無しさん@お腹いっぱい。
いやいやネタに走りつつ新展開ですよ。
1欲望のモデル化
2能率効率
3厚生効率
4平等など
の1に当たります。
398
名無しさん@お腹いっぱい。
「複雑系としての経済学」出口弘 簿記からマクロモデルを作るとは! 
399
名無しさん@お腹いっぱい。
俺もマンキュー読んで、マクロと簿記の関係の深さを思い知ったわ
GDPの導出過程って簿記そのものやん
企業の財務諸表をいっぱい集めれば、面白い研究が出来るのかなと妄想した
400
名無しさん@お腹いっぱい。
いやいや簿記はストックも含むだろ。GDPはフローだけだからまるで違う。
上の本は簿記(フロー+ストック)を代数化して集計計算する。その上それをミクロマクロをループ
させようと言う先駆けなんだよ。
401
名無しさん@お腹いっぱい。
GDPはたしか国連で基準が作られているはずだから、新しい経済学は国連
を動かすことにもなるね。
402
名無しさん@お腹いっぱい。
まぁ、GDPって欠陥指標だと思うよ。
家事労働の帰属計算が行われていない時点で。
家政婦を雇ったり、外食をしたりすればGDPは上がるわけだしな。
403
名無しさん@お腹いっぱい。
そうだね。指標としては斉藤他が評価されたのはSNAに関するこだわりと
マクロ動学への基礎だろうけど出口氏の本はすごい。誰でも思いつきそうだけど
しなかった簿記からマクロのストックとフローの集計モデルを作ってる。
帰属計算では家事は問題視されてないから欠陥ではあるが。
俺としてはフロー集計には疑問を持って居たので評価した。
404
名無しさん@お腹いっぱい。
>>402
それはGDPの指標としての問題じゃなくて、観測方法の問題だろ
観測できない、もしくはそれに著しい困難が伴うから入れてないのであって
405
名無しさん@お腹いっぱい。
>>404
でも俺は概算で出来そうだと思うがね。人間の家事だって定式化
されてるし、家庭規模も推定できそうだし、家政婦を規模に応じて雇った価格
にすればいい。
406
名無しさん@お腹いっぱい。
最近、家事労働を放棄した機能不全家庭が増えていると聞いているが、家事労働の価値を
GDPに反映出来れば、そういった風潮による社会的損失を視覚化できると思う
それは女性の社会進出を無思慮に煽り過ぎた経団連にも責任があると考える
根源的原因はGDPに家事労働の価値が加わってないがために、経済成長率を高めるためには
本来、家を守るべき人にまで外で働かせた方が良いと安易に考えてしまったためだと思う
家事労働の市場価値を社会的に周知できれば、夫婦間の役割分担が最適化され、ひいては
少子化などの社会問題にも解決への道筋をつけることができるのではとないかと思ってる
407
名無しさん@お腹いっぱい。
俺の本筋はストックプラス論だが、企業がストックを無視してフローだけで
フォワードルッキングすることなどあり得ないわけで、フロー、ストックを見て
これからどうするのかを決めるわけだ。だからストックをSNAに組み込むことが大事だと
ブログでも主張してきたし、勿論社会指標的な意味で家事なども見直すのも良いと思う。
408
名無しさん@お腹いっぱい。
で俺は集積と分散を基礎言語に資本として表せば、様々な経済学を
記述可能と考えているが『マスター方程式』『ギブス分布』がわか
る数学の入門書をお教えください。主流派は数学も整ってるが
進化や複雑系は意味不明の数学大系なので、ご協力をおねがいします。
409
名無しさん@お腹いっぱい。
今日のモデルちょっと頑張った
410
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20121022/p1
411
名無しさん@お腹いっぱい。
誰も評価してくれないが
この事実を自己記述的に明日は表現しよう。
412
名無しさん@お腹いっぱい。
俺は比較的、肩書とかで人を判断しない人間だと自認しているのだが、○○大学教授の意見とかって聞くと
それだけでありがたいものだと考えてしまう権威主義的傾向がやっぱりあるみたいだ。
くろしろさんもお役人なのでそれなりの社会的地位の方だとは思うのだが、やっぱりプロの研究者の意見
じゃないからどうもあまり真剣に読む気がしないんだ・・・。

だけど、一方でアマチュアだからこそ自由に伸び伸びと学問ができるという利点もあることは認める。
爆破弁発言の御用学者みたいに産業の都合とか政治関係とかに配慮して、トンデモ発言しちゃう人もいるわけだしね
iPSの山中先生も仰っているように、プロの研究者は研究費を引っ張ってこないといけないから、スポンサーへの
配慮を優先して学問的な誠実さを犠牲にしなきゃいけない場面も出てくるかもしれないからね。
そういった意味で職業で学者やってる人の発言はポジショントークに過ぎないから、鵜呑みにし過ぎるのも危険だとは思うよね。
特に俺がそれを痛感したのは、311だね。
原発や放射能問題に関して良心的な発言したのがことごとく在野の研究者か、傍流の人達だったからね。
それのせいと森口氏事件などの影響で「東大の学者=胡散臭い、信用できない」というイメージがネットを中心にできつつあるよね
413
名無しさん@お腹いっぱい。
>>412
レス有り難う。まだまだ始まったばかりだし、これからの伸びを期待するけど
「プロのじゃないから見ない」ってのは常識的「秩序的」な集積な訳で同時に「乱数」『半乱数』『カオス的秩序』
の存在可能性の離散で、貴方は常識的な反応をしただけだと思う。それは単純な合理性をもち、
俺はそれをなるたけ正確に記述して、なるほど感を高めるべきだと思う。

原発は確かに利権の有り様を感じたね。森口さんはやっちゃった乱数。
414
名無しさん@お腹いっぱい。
完全合理性では市場は必要ない。
415
名無しさん@お腹いっぱい。
今日はショッキングな教育問題

416
名無しさん@お腹いっぱい。
>>407
ニュー速にこんなスレが立ってた。資産課税の可能性について議論されてる

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1351160449/
417
名無しさん@お腹いっぱい。
奨学金で思ったが複利だと確かに金額は恐ろしい。
ただストック8000以上が課税対象になっていることで
8000万円未満に資産が落ち込めば課税対象から外れるのでゼロ
になるといってるのは頭の悪い人。
ただ問題は集中した資産がどのような運用をされているかで
それを明らかにするべきだ。
財が集中することでどのような効用(経済成長にプラス)をあげているのかこの記事では分からない
有用な運用をしているのなら非課税対象にし、タンス預金のようなもの。享楽費なら
まあお金持ちに責務を負わせるのに否定はしない。

418
【関電 58.7 %】
>>414
そこまでたどり着いたか 現在の経済学の理論上はそうなるな。

でも現実には完全は存在しえず、
また情報の非対称性によりスティグリッツの主張にあるように
経済は均衡には達することもないだろうね
419
名無しさん@お腹いっぱい。
>>418

情報の非対称以前に価格自体いわゆる複雑性の縮減で完全情報ではないのです。
それに完全情報完全合理性であるなら均衡の一点だけで存在し,はじめからおのおの認識
計算行動するでしょう。故に市場の余剰なるモノは情報の届く範囲です。ブログ内図参照。
均衡はせず相対取引の束といえるでしょう。価格は経路依存的に定価に落ち着きますが
ショックにより変動します。

420
名無しさん@お腹いっぱい。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20121025/p1

図どうぞ

実証についてはペイズ統計、確率過程、確率統計
と学んだあと計量(山本)を読んでみますが使い
こなせるかは分かりません
421
名無しさん@お腹いっぱい。
完全合理性=マルクスの言う『資本主義が究極迄発展した後に『自然と』来るべき姿』=真の共産主義=自由と義務の一致
=私有と公有の分離消滅=キリストの言う『天国』~終了~。疎外を今の人類の脳では超えられ無い。
422
名無しさん@お腹いっぱい。
マルクスはおろか近経の入門書も読めないんだね
423
名無しさん@お腹いっぱい。
完全合理性に近い計画経済は量子コンピュータでも疑問視されてる。
「複雑系経済学入門」塩沢と『図解雑学量子コンピュータ』嫁
424
名無しさん@お腹いっぱい。
カバラの奥義は完全合理性?www
アイン
425
名無しさん@お腹いっぱい。
情報をなるべく保全しながら圧縮する価格効率基準、くろしろ=ルーマン基準と名付ける。
426
名無しさん@お腹いっぱい。
いれいろな本を少しずつやる勉強法しているみたいだけど、それでは効率が悪いんじゃないか?
まず、一冊を重点的にやって完璧にするほうが効率がいい
例えば、1日に50冊の小説を一ページずつ読んでも頭に入らないし、それなら、1日に一冊の小説を50ページ読んだ方が効率いいだろ?
それに、経済数学系の本を終わらせたら、他の本にも応用は効くようになる
経済学で一番出てくる数学の技法はラグランジュ乗数法なので、とりあえず、微積分の本でラグランジュをマスターするのが一番効率がいい
427
名無しさん@お腹いっぱい。
>>426
これは戦争(殲滅戦)だったら、あなたのほうが正しい。
1敵を分断してこちらは兵力集中して個別撃破する
2弱兵からせめる。
3死んだら生き返らない(忘れない)
基本です。
しかし疲労度と忘却度と持続戦と言う事を考えると僕の方式
にも利はあるのです。難解な数学10ページやるのは疲れて持続しない可能性がある。
完璧にやったと思っても忘れる。すると全部を個別に分断して遊撃した方が
持続的に勉強できる。忘却にも対処しやすい。ましてや今の僕はいつものごとく少しお休みしてますが
近々労働の現場に戻るとことごとく疲れる。その疲労度を考えれば持続しない
やり方は戦術としてはどうかというわけです。
ただ貴方の言う事にも利はすごくあって正直迷います。
ただ小説は収穫逓増です。50ページ読むより100ページ読んだほうが楽
という分野です.しかし数学は収穫逓減です。やると疲れる。
しかも僕は学生ではなく時間の自由はない。
すると遊撃戦、ゲリラで嫌がらせした方が持続的に勉強できる。
428
名無しさん@お腹いっぱい。
と言うか学性の頃に人生戦略を誤ったのでゲリラしかできないと言うべきか。
学生の頃に情報収集し、集中的に会戦に持ち込んで相手を撃破した方が人生は
楽でしたが、なにぶんバブル世代のだらしない私立文系でしたので、ここまで人生がハード
とは予想だにしなかった。

まあそれはともかく戦略から考えると、残念ながら生活保護で勉強してやろう
と言う悪巧みが壊滅した今、戦略的利点は余暇に疲れるけど勉強できる可能性
があることぐらいしかないわけです。そこで僕の能力では、ゲリラしか出来ん
と思うのですが.疲れない、要するに数学が小説のように楽しければ戦い様は
貴方の言うとおりゲリラじゃなく、正統的に会戦に持ち込んだ方が可能性がある。
数学をやればやるほど楽しいものに出来ればの話ですが。
429
名無しさん@お腹いっぱい。
と言うわけで実験してみます。
戦略目標は殲滅戦、経済学で使える数学でなく数学それ自体の殲滅。
よって弱兵である図解これなら分かるベイズ統計学を第一目標。
30ページを目標に今までとは別に勉強してみる。
第二目標人格改造。数学がやればやるほど好きになるように認知を変えてみる。
これを暇な11月中にやる。
ラグランジェは読む分には問題ありません。
それに経済学と言うより数学を使いこなす。好きになることが目標です。
そうすれば疲れて労働から疲れて帰ってきても娯楽のように数学が出来る。
ゲリラより効率的な勉強に移れるわけです。
430
名無しさん@お腹いっぱい。
>>429
Subject x^2+y^2=1
max 2x+y
をラグランジュで解ける?
実は、この問題を解ければ、DPの計算もできる
431
名無しさん@お腹いっぱい。
>>430
ラグランジュは読む分に、ははあラグランジュだな、微分して
=0と置くパターンだなとわかるだけです。
問題といてないのでとく能力はないです。
参考書見ながらだと解けなくもなさそうですがベイズに集中して
ひとやすみしながらなので失礼。
やっぱ手を動かさなきゃダメですね。
432
名無しさん@お腹いっぱい。
>>430
0.75ですか?
433
名無しさん@お腹いっぱい。
z=2x+y+λ(x^2+y^2-1)
zx=2+2λx=0
zy=1+2y=0
zλ=2x+2y-1=0
434
名無しさん@お腹いっぱい。
z=2x+y+λ(x^2+y^2-1)
zx=2+2λx=0
zy=1+2λy=0
zλ=2x+2y-1=0

訂正
435
名無しさん@お腹いっぱい。
matigai
436
名無しさん@お腹いっぱい。
5/3ですね
437
名無しさん@お腹いっぱい。
失礼5/6ですね
438
名無しさん@お腹いっぱい。
z=2x+y+λ(x^2+y^2-1)
zx=2+2λx=0
zy=1+2λy=0
zλ=2x+y-1=0

訂正
439
名無しさん@お腹いっぱい。
FOCは合ってるのに、どうなってるんだ?
440
名無しさん@お腹いっぱい。
>>439
合ってなかったわ
ラムダの偏微分めちゃくちゃじゃねーか
441
名無しさん@お腹いっぱい。
>>438
>zλ=2x+y-1=0
間違い
zλ=x^2+y^2-1が正解
ラグランジュでは、λで微分するときはx,yは定数とみなして微分する
442
名無しさん@お腹いっぱい。
とりあえず、ラグランジュのやり方は知ってるみたいだな。
実は、ラグランジュを知ってれば動学マクロも解ける。
動学マクロには、時間が離散であるモデルと時間が連続であるモデルが存在するが、時間が連続であるモデルでは、変分法を使い、
時間が離散であるモデルではいわゆるベルマン方程式を用いるDPと呼ばれる手法とラグランジュを使う。
実は、計算の結果は、ラグランジュでもDPでも一緒だ。(論文の方ではDPの方が経済学的解釈がわかりやすいという理由でよく用いられるが)
まず、一番の動学マクロの基礎であるラムゼイモデルをラグランジュで解いてみよう
443
名無しさん@お腹いっぱい。
まず、ラムゼイモデルの前に前提として置かなければならないことがある。
それは、
・総生産量は資本と労働と知識・技術で決まる。
(いわゆる生産関数ってやつで、具体的には、資本をk,労働をL,技術・知識をAとすると、Y=f(k,AL)と表せられる。
生産関数をさらに具体化したのが、コブ・タグラス型生産関数で、数式はY=k^a・(AL)^(1-a)で表せられる。また、aは0<a<1の定数である。)
・賃金は生産関数の限界労働力で決まる。分かりやすく書くと総生産量を労働力で微分したものが賃金である。
(これはこう考えると分かりやすい。総生産量を労働力で微分したものはつまり、労働力が一単位増加したときに、
増えた総生産量の増分と同じことである。よって生産に貢献した労働分だけ賃金が貰える。
ただし、これはラムゼイモデルでは使用しない。)
利子は総生産量を資本で微分したものである。(理由は上と同じ。ただしラムゼイモデルでは、こっちは使う)
444
名無しさん@お腹いっぱい。
学部生の疑問なんですけど、江口先生の三菱のあの本読む限り、テイラー展開と動学ラグランジュさえできれば
あとはdynareにモデルを打ち込んで簡単にシミュレーションできそうな気がしたんですが、
制御理論とか詳しく勉強する必要性って何かあるんですか?
445
名無しさん@お腹いっぱい。
準備が出来たので、まず、資本の蓄積はどうなるか考えてみよう。
まず、資本は時間とともにすり減ると考えられる。一期の内、δの割合だけ資本が減ってしまうと仮定する。
そうすると、t期にk(t)あった資本は、一期経つと、k(t)-δk(t)になってしまう。(これをk(t)でくくると、(1-δ)k(t)。)
ある時点t+1の資本は今ある分の前期の資本から資本の減少分を引いた(1-δ)k(t)に、前期のt期の投資を足したものだと考える。
つまり、k(t+1)=t期の投資+(1-δ)k(t)となる。
ここで、投資=貯蓄と考える。
つまり、t期の投資は、t期の所得から消費に使わなかった分、y(t)-c(t)となる。
よって、先ほどの式は、k(t+1)=y(t)-c(t)+(1-δ)k(t)となる。
ひとまず、制約条件の説明はこれで終わり。
446
名無しさん@お腹いっぱい。
ありがとうございます、神スレです
447
名無しさん@お腹いっぱい。
ここで、無限の時間に生きる人の効用を考えてみよう。
その人のある時点tにおける消費に対する効用関数をU(C(t))とすると、
その人の人生全てにおける効用の総和は、βを主観割引率として、Σβ^tU(C(t))となる。
また、個人は消費も自分でコントロール出来るが、資本の量もコントロールできる。
(これは、代表的個人が消費者でもあるが、財の生産者でもあるという仮定を置いているという点を頭に入れれば理解しやすい。)
つまり、個人は、制約条件k(t+1)=y(t)-c(t)+(1-δ)k(t)に直面しながら資本と消費をうまくコントロールしてΣβ^tU(C(t))と最大化することになる。
ゆえに、これは
Subject k(t+1)=y(t)-c(t)+(1-δ)k(t)
Max Σβ^tU(C(t))と同義である。
448
名無しさん@お腹いっぱい。
ここで、ラグランジュで問題を解くわけだが、ここで、気をつけてはならないのは、
制約条件は、k(t+1)=y(t)-c(t)+(1-δ)k(t)が各期で成り立つので、無数に存在することである。
よってk(1)=y(0)-C(0)+(1-δ)k(0)だって制約条件だし、k(2)=y(1)-C(1)+(1-δ)k(1)だって制約条件の一つである。
つまり、ラグランジュを作ると、Σβ^tU(C(t))+λ(1){k(1)-y(0)-C(0)+(1-δ)k(0)}+λ(2){k(2)-y(1)-C(1)+(1-δ)k(1)}+・・・・・とラグランジュが延々と続くわけだ。
これで、準備は全て整った。
宿題として自分でラグランジュを使ってΣβ^tU(C(t))の最大化条件を求めてほしい。
これで正しい答えが導くことが出来たなら、現代動学マクロに一歩踏み込んだことになる。
449
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみに、Y(t)はk(t)の関数f(k(t),A(t)L(t))なので、ラグランジュをkで微分するときには、それを忘れないように(上で述べた仮定より、Y(t)をk(t)で微分したものは、t期の利子r(t)になる)
450
名無しさん@お腹いっぱい。
問題はここまで ここでこのように考えた。
t=0,1,2...n...∞
Σで始めから総計しようとせずあるn期を代表にして計算。そこに再びtを代入総和する。

するとラグランジュは
Z=β^nU(cn)+λ((k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn))
ここでnは時期の離散的添え字であり関数・変数ではない。よってラグランジュでまともに計算するとべき乗ではない諸変数が1になってしまうと言うイヤな予感。だが愚直に計算。
まず

zc=β^nU(1n)+λn1n=0
zk=1(n+1)-λ(1-δ)1n=0
zy=-λ1n=0
zδ=λ1n=0
zλ=k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn

と連立方程式にならないのでc,k,y,δの値がでない。
ギブアップです。
451
anonymous
経済学は矛盾だらけ

経済的効用は満足感という感情だと言いつつ
合理的経済行動を前提とした理論を構築し大学で教えるペテン教徒たち
452
名無しさん@お腹いっぱい。
「経済的効用は満足感という感情」

もうこの程度の知識程度で矛盾って言ってるからなw
馬鹿の低レベルなやっかみレベル
453
名無しさん@お腹いっぱい。
>>451
効用は序数効用で序数とは大きさではなく順番を表すから、満足感の大きさを表さず
無矛盾。これは入門書では知ってる限りでは「経済学入門塾」にしか載ってない。マンキューとかには載
ってないので入門塾を読め。

矛盾はそこではなく何故完全合理性を持った個人が均衡点から外れた振る舞いをするのかと言う事。
選好が違うというのなら何故ころころ選好を変え均衡点に落ち着くのか?
これは完全な矛盾であり完全合理性を持った個人が異なる選好を持つのなら
その選好を変えず均衡点には落ち着かない。
均衡点に落ち着くのは限定合理性を考えないと無理。
454
名無しさん@お腹いっぱい。
効用=満足度と思ってる不勉強な馬鹿になにいっても無駄
455
名無しさん@お腹いっぱい。
ちなみに基数とは大きさ序数とは順番。
この教育は驚くことに外国の入門書では
(ヴァリアンをのぞくアレは中級に近いし)
殆どされてない。教育システムの不備でもある。
八田とか余剰トンデモ本も限定合理性から論理組み直さないとダメ
今調べたら序数と基数載ってないし。
456
名無しさん@お腹いっぱい。
俺が今回教科書紹介したのもこういった問題に一石投じたかった
からでもある。まあ俺もマスコレルなんかよめんがな。www
457
名無しさん@お腹いっぱい。
>>450
まず、家計はkとcしか直接的に操作出来ないので、ラグランジュをyで微分するのは誤り。
また、δは定数であり、微分は変数でしか操作出来ないのでこれも誤り。
(例えば、ミクロ経済学の典型的な問題、二財の予算制約pxX+pyY=mの元で効用U(X,Y)を最大化する問題でも、ラグランジュをpx,py,mで微分することはない。)
458
名無しさん@お腹いっぱい。
>>450
>zk=1(n+1)-λ(1-δ)1n=0
これも誤り
ちなみにλの微分とCの微分は合っている
Z=β^nU(cn)+λ(n)((k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn))+λ(n+1)(k(n)-y(n-1)+c(n-1)-(1-δ)kn(n-1))なので
ラグランジュをk(n)で微分すると
-λ(n)(1-δ)-r(n)+λ(n+1)=0,つまりλ(n)(1-δ+r(n))=λ(n+1)になる。
※r(n)があるのは、yをkで微分した部分があるから
459
名無しさん@お腹いっぱい。
表記ミス
Zk(n)=β^nU(cn)+λ(n)((k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn))+λ(n-1)(k(n)-y(n-1)+c(n-1)-(1-δ)kn(n-1))なので
ラグランジュをk(n)で微分すると
-λ(n)(1-δ)-r(n)+λ(n-1)=0,つまりλ(n)(1-δ+r(n))=λ(n-1)になる。
460
名無しさん@お腹いっぱい。
>>450
>zc=β^nU(1n)+λn1n=0
ちなみにこのU(1n)は効用を消費で微分した限界効用ってことでいいかな。
Cで微分するんだから、効用関数も必然的に限界効用に変化する
461
名無しさん@お腹いっぱい。
さて
λ(n)(1-δ+r(n))=λ(n-1)
β^nU(c (n))’+λ(n)=0
からλを消去してみよう。
※U(c (n))’は限界効用
β^nU(c (n))’+λ(n)=0を変形すると、-β^nU(c (n))’=λ(n)
これを一期ずらしてn-1期の条件を作ると
-β^(n-1)U(c (n-1))’=λ(n-1)となる。
λ(n)とλ(n-1)が求められたので、これらをλ(n)(1-δ+r(n))=λ(n-1)に代入するとλを消去した式を作れる
462
名無しさん@お腹いっぱい。
λを変形した式は、
-β^nU(c (n))’(1-δ+r(n))=-β^(n-1)U(c (n-1))’
これを簡単にすると
βU(c (n))’(1-δ+r(n))=U(c (n-1))’となる。
これを一期進め、nをtに変えると
βU(c (t+1))’(1-δ+r(t+1))=U(c (t))’となる。
これがラムゼイモデルの効用最大化の結果となる
463
名無しさん@お腹いっぱい。
またもや神レス有り難うございます。


Zk(n)=β^nU(cn)+λ(n)((k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn))+λ(n-1)(k(n)-y(n-1)+c(n-1)-(1-δ)kn(n-1))

自分としてはたぶん動学なのだからでしょうがλ(n-1)(k(n)-y(n-1)+c(n-1)-(1-δ)kn(n-1)
の項を付け加えることが正直クリアには分かりません。
お暇なときにご説明板だけると幸いです。
まあ動学だから時間差をつけるのはあたりまえと言えばそうなのですが。
464
名無しさん@お腹いっぱい。
>>463
ラグランジュ関数は、Z=Σβ^tU(C(t))+λ(1){k(1)-y(0)-C(0)+(1-δ)k(0)}+λ(2){k(2)-y(1)-C(1)+(1-δ)k(1)}+・・・・・+λ(n-1)(k(n)-y(n-1)+c(n-1)-(1-δ)kn(n-1))+λ(n)((k(n+1)-yn+cn-(1-δ)kn))+・・・・・・であるから
465
名無しさん@お腹いっぱい。
>>463
ちなみに似たような質問と回答がこのスレの888以降にあるので、それも見るといい
http://2chnull.info/r/economics/1338035401/
466
名無しさん@お腹いっぱい。
さて、せっかくなので、ラムゼイ・モデルから導かれた条件の経済学的解釈をしてみよう
βU(c (t+1))’(1-δ+r(t+1))=U(c (t))’
これを変形すると
U(c (t+1))’=U(c (t))’/(1-δ+r(t+1))
となる。
家計は、この式を満たすように、消費を行う。
そのため、利子率rが増加すれば、右辺の式は減少するため、左辺の式である次期の限界効用も減少する。
実は、これは現代割引価格の概念と一緒だ。
現代割引価格では、利子率が多ければ多いほど、将来の価値は減少し、現代の価値は高くなる。
(例えば、一年の利子率が100%なら、一年後の100円は、今の50円と同じ価値になる。)
これと同じように、次期の消費の限界効用は利子率が多ければ多いほど、その価値が下がる。
一方、資本の減り具合δ(減価償却)はそれと逆の動きをし、δが多ければ多いほど、次期の限界効用の価値は下がる。
これは、次のように考えると分かりやすいだろう。
資本の減り具合δ(減価償却)が大きくなると、資本の蓄積が難しくなり、その結果、投資の収益性が落ち、
これは、利子率が減少したときの効果と同じ効果を限界効用にもたらし、逆にδが減少すると、
資本の蓄積が容易になり、投資の収益性が上がるので、これは利子率が上昇した効果と同じものを限界効用にもたらす。
ラムゼイモデルと聞くと、動学マクロやミクロ的基礎付け、DP、動学的最適化などの難しい言葉が思い浮かび、あたかも、
複雑難解で超合理的、非現実的なイメージを与えるかも知れないが、ようするに、資本の時間単位の減少の割合による
資本蓄積の度合いや利子率の上昇による投資(蓄積)のインセンティブの変化による消費の影響を表しているにすぎないのだ
467
名無しさん@お腹いっぱい。
さて、論考を進めて、動学マクロとケインズ経済学の違いに焦点を当てよう。
ラムゼイモデルでは制約条件はk(t+1)=y(t)-c(t)+(1-δ)k(t)で、この条件の元に家計は効用の総和を最大化するように
消費と資本(投資)を決めるが、ソローモデルでは、k(t+1)=sy(t)+(1-δ)k(t)のように、投資は、
所得の一定割合sで行われると仮定しており、そこに家計の効用最大化のための投資の操作の自由はない。
(これは消費がC=aY+bで表せられるケインズ経済学でも同じである)
つまり、ケインズ経済学では、家計は利子率が上がって貯蓄(投資)をするのが
得である状況にも関わらず、所得の一定割合でしか貯蓄は行われないのである。
(極端な例を出せば、ある日、銀行に金を預けると次の日には、100倍になって帰ってくる状況でも、家計は自分の年収の数十%しか貯蓄をしない。)
468
anonymous
>>453
ほう、なら序数に関するプラスサムについて教えてくれないか?
経済はプラスサムなんだろ?
469
anonymous
>>453
均衡から外れる?
スティグリッツの非対称情報の経済学がどうしたって?

情報にかぎらず均衡から外れるのは現在の経済学の前提が間違ってるからだよ
なぜ非対称性が生まれるかさえも今の経済学は説明できないだろ?
ものすごく簡単なことなんだぜ。中学生にもわかるレベルの数学さ。
それは原子が数によって支配されているように見えるかのごとく
経済の非対称性も数によって支配され自発的に発生するということなのさ
さらにそのような非対称性の存在する状況では現在の経済学を当てはめることはできない。
なぜなら、前提が変わると均衡点そのものも変わるからだよ