21世紀の資本/ピケティ2

1
名無しさん@お腹いっぱい。
騙れ。
2
名無しさん@お腹いっぱい。
<トマ・ピケティ講義>第1回「21世紀の資本論」~格差はこうして生まれる~
https://www.youtube.com/watch?v=MupMmuYJ0hk&list=PLPAJrfA2KiQWd3OUXuowIsiORIXzywVZx

トマ・ピケティ 仏経済学者 『21世紀の資本』 2015.1.31
https://www.youtube.com/watch?v=lgGjoCPADCI
3
名無しさん@お腹いっぱい。
今日発売の週刊誌【AERA】2月23日号から
⇒本誌総力特集:格差を実感していますか?
■表紙:トマ・ピケティ
http://publications.asahi.com/ecs/image/cover_image/16740.jpg
①スペシャル対談:トマ・ピケティ×佐藤 優
■大ベストセラー『21世紀の資本』から何を得るか/ピケティ「民主主義のモデルチェンジだけが、資本主義をコントロールできる」
②「知」への渇望が生んだベストセラー
③データ:アベノミクスで広がる格差と貧困
■児童・生徒の6人に1人が就学援助/働き手の4割近くが非正規/消費税で拡大した可処分所得差/問題は若者の貧困
④座談会:<鈴木大介×水無田気流×水月昭道>「貧困は見せ物か」貧困本の著者鼎談
■サファリパークで“珍獣”を眺める消費感覚/自己責任論を払拭したい
⑤広がるTOKYO格差-中心部と周縁で平均年収に200万円の差
⑥鎌倉ベンチャーが「イイクニ」目指す
■都市と地方の緩衝地帯が「新しいこと」のゆりかごに/先行した「カヤック」に誘われベンチャー続々
⑦選ばれる田舎-地方はもう負け組ではない
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16740
4
名無しさん@お腹いっぱい。
>>1000
>>途上国の例を出してもナンセンス。
>>なら国民も日本はおとなしいよな。

>>視点ずらしばっか。

日本の終戦直後もやくざが急成長したんだぞ 日本は違うとか思い上がってんじゃねーよw
やっぱり無知だったなw 何で経済学板にいるやつは無知ばっかりなんだろうな
少しは勉強しろよ
5
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティもコスト考えろって言ってるやん。
公務員は現状、給料高くて無駄が多いの。

評価してるのは公務員しかいねーから。
6
名無しさん@お腹いっぱい。
マルクスとの決定的な違い。
ピケティは分配について語ってる。
マルクスは生産あるいは労働について語ってる。
マルクスが哲学者である所以。
7
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティのこの著作の何よりも優れた点は
数字的資料を掘り起こしているところだね。
8
名無しさん@お腹いっぱい。
>>7
>数字的資料を掘り起こしているところだね。
統計的なごまかしを混ぜてねw
9
名無しさん@お腹いっぱい。
いちばんの興味は利潤率の低下。
マルクスは蓄積の速度が労働生産性の伸びを上回ることを前提にしている。
利潤率の低下が生じてないなら
蓄積の速度が何らかの理由で落ちたか
労働生産性の伸びが何らかの理由で大きかったか
のどちらかだ。
蓄積の速度が落ちたとしたら二つの大戦と恐慌が理由だろう。
労働生産性の伸びが大きかったとしたら
資本が労働生産性の低い途上国を次々と巻き込んできたのが理由だろう。
10
名無しさん@お腹いっぱい。
マルクスの前提が誤っていることが十分に有りうるけど。
11
名無しさん@お腹いっぱい。
>>9
> マルクスは蓄積の速度が労働生産性の伸びを上回ることを前提にしている。

何の前提ですか? よろしければソースを教えていただけますか?
12
名無しさん@お腹いっぱい。
前スレ
21世紀の資本/ピケティ
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/economics/1405912693/l50
13
名無しさん@お腹いっぱい。
ソースは中濃に決まってるだろうが!!
14
名無しさん@お腹いっぱい。
ソースは中濃に決まってるだろうが!!
15
名無しさん@お腹いっぱい。
http://p.booklog.jp/users/lupan22000
16
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの問題点は
ありとあらゆるすべての有用的なものを「資本」と定義しているところだ。
まず資産が資本に含まれる根拠は何なのかが問われなければならない。
17
名無しさん@お腹いっぱい。
>>16
人的資本は資本に入ってないよ。
18
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの功績は論理と哲学が先行する経済学に科学的手法を持ち込んだことだ
経済学を非科学的な学問から科学へと導いたことだろう自然哲学を自然科学にしたガリレオのようなものだな
19
名無しさん@お腹いっぱい。
>>18
流石はそれないな。
経済学に歴史的手法を持ち込んだ~というなら分かるが。
20
名無しさん@お腹いっぱい。
>>19
>経済学に歴史的手法を持ち込んだ~というなら分かるが。
歴史経済学なら昔からあるよ
21
名無しさん@お腹いっぱい。
「r > g」は要するに「非人的資本 > 人的資本」でしょうね。

資本主義社会の定常状態は「非人的資本 > 人的資本」だったけど、
大恐慌以降から現在までのところは「非人的資本 < 人的資本」に
例外的になっていただけかもしれないと。
22
名無しさん@お腹いっぱい。
非人的資本は(マルクスの用語を使うなら)必ずしも疎外ではない。
公的資本というよりも共有地、コモンズの消失に歴史的分析の焦点を合わせるべきだ。
囲い込みによるコモンズの消失以降しか分析していないとそれが当たり前だと思ってしまう。
資本税はコモンズの再構成である。
23
名無しさん@お腹いっぱい。
>>17
もちろん人的資本は含めていない。
ただ、ピケティは資産は資本に含めている。
24
名無しさん@お腹いっぱい。
>>23のいう資産って何?
普通は、資産-負債→資本じゃないの?
25
名無しさん@お腹いっぱい。
>>21
一貫してr > gでしょ。
戦後の経済成長してるときは差が縮まっただけで。
26
名無しさん@お腹いっぱい。
>>25
>戦後の経済成長してるときは差が縮まっただけで。
どうやったらこういうバカが出て来るんだ?
http://www.capital-tribune.com/wp-content/uploads/2012/05/20120613zu3.gif
経済成長と格差は比例している
27
名無しさん@お腹いっぱい。
>>25
たぶんこの上のグラフのことをおっしゃっているんでしょうね。

税引き前
http://www.diendan.org/phe-binh-nghien-cuu/le-capital-21-eme-siecle/bieu-do-5.png
税引き後
http://www.diendan.org/phe-binh-nghien-cuu/le-capital-21-eme-siecle/bieu-do-6.png
(-◆-がrで資本利益率、-□-がgで経済成長率)
28
名無しさん@お腹いっぱい。
そもそもピケティの資本って住宅の価格だって言われてるだろ
オドラン・ボネ他「再来せぬ資本:住宅価格とピケティの分析」
http://econ101.jp/オドラン・ボネ他「再来せぬ資本:住宅価格とピ/
図1.GDPに対する資本の割合の計測
http://econ101.jp/wp-content/uploads/2014/07/wasmer-fig1-30-jun.png
結論として、住宅価格の上昇が本当の賃貸価格と比較した住宅資産の価値を人為的に引き上げたのであり、私たちは「資本の再来」を信じてはいない。
ピケティの議論の論理には異なった資本の計測が必要であり、私たちが提起した計測では所得に対する資本は比較的安定していることが示されている。
格差における住宅の特異な役割を理解するにあたって私たちには単純により多くの研究と思考が必要であり、それが格差についての最近の研究には欠けているものなのだ。
29
25
差が大きかったけど税金もかかってたので逆転してたって意味か、ども。
ピケティのグラフ見る限り、戦後(1950~80年?)接近してたから。
30
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティ賛否でわかるアメリカ経済の対立軸
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2015/02/post-716_2.php
アメリカにおける格差批判といえば、2011年から燎原の火のように広がった「占拠デモ("Occupy Movement")」があります。
1%の富裕層と99%の間にある格差を批判したのがこの運動だとすれば、ピケティの思想との親和性はありそうです。
ピケティの側としても、『21世紀の資本』を書き進めながらこの運動を意識したようですが、では実際に「占拠デモ」を行っていた側の反応はどうかというと、ブログなどに出てくる反応は意外と冷淡だったりします。

「ウォール街占拠デモ」に参加した若者の主張というのは、必ずしも「ウォール街に代表される資本主義」を敵とみなしてはいなかったのです。
彼らが最も厳しく批判したのは、「多くの社員が高給を得ているウォール街の金融機関」が、リーマン・ショック後の金融危機に際して「公的資金の注入」を得て救済されたことが「不公正」だというものでした。

リーマンショックの原因はクリントンの政策、そしてその尻拭いをしたのがオバマ
格差を生み出す原因は国家の政策
当然格差を無くすためには、国家による経済の統制が一番
そうすると格差が無くなる代わりに経済が衰退し国家も崩壊
31
名無しさん@お腹いっぱい。
>>29
>差が大きかったけど税金もかかってたので逆転してたって意味か、ども。
税金というよりも財産没収を兼ねたインフレ政策
32
名無しさん@お腹いっぱい。
>>26
またその図か。

それ、短期で見ると格差が拡がるって図。
ピケティは長期間好景気が続けば、格差は縮まっていくって言ってるだけだから、両者は特に矛盾してないよ。
33
名無しさん@お腹いっぱい。
>>32
>ピケティは長期間好景気が続けば、格差は縮まっていくって言ってるだけだから、両者は特に矛盾してないよ。
ピケティが言うのが正しければだろw
少なくとも120年分のデータが短期なのか?、長期なのか?どっち
34
名無しさん@お腹いっぱい。
>>33
120年分とか言っちゃうのか。
長期間って、データの採取期間の長さじゃないよ。
好景気が続く、不景気が続く、その続く期間の事。
あのさ、なんでいっつも同じ事、説明せにゃ分からんの?

β=s/g
α=r×β
sとrは一定として、αが増大する。

東洋経済は持ってんだろ?そこに書いてあるのまんまだ。
一回、これで自分で考えてみろ。
35
名無しさん@お腹いっぱい。
>>34
>β=s/g
これ自体が否定されてるけど?
36
名無しさん@お腹いっぱい。
>>35
へー!
そもそもβ=s/gって何なの?
否定するなら説明できるよね?
37
名無しさん@お腹いっぱい。
http://econ101.jp/ジェームズ・ハミルトン「ピケティへの批判」/
38
名無しさん@お腹いっぱい。
>>37
また、貼り付けたw

いやいや、君の言葉で説明してみなよ。
>>26の図の理解にもなるから、面白いよ。
39
名無しさん@お腹いっぱい。
>>34
>好景気が続く、不景気が続く、その続く期間の事。
そうそう、不景気が20年も続く日本の状態もおかしいと言われるくらいだが
好景気がそれこそ100年も続くのか?

最近は10年ごと位に無理やり(小さい)バブルを起こす事で経済成長させてるんだが
40
名無しさん@お腹いっぱい。
>>38
めんどくさいからだよ
成長率g=0の時にβは∞
これをどう説明するの?
って前スレにも書いてあったろ

ピケティは嘘つきか、それとも間違っているのか
その両方か
41
名無しさん@お腹いっぱい。
>>39
その辺も、β=s/gが説明出来れば、理解できるよ。

別に格差縮小に、バブルが100年続く必要なんかないってね~。
どうぞ~。ここは経済学板だしな!経済学っぽくやろうぜ。
42
名無しさん@お腹いっぱい。
>>40
別に無限大でもOK何だなー!
微積で使った→あるじゃん?
その考え方と同じだから。
43
名無しさん@お腹いっぱい。
>>41
お前、本当に馬鹿なのなピケティは格差を無くすのは戦争だと言っている
実際は戦争そのものじゃなくてそのあと処理だ

>>42
成長率g=0であるとき、ピケティの言うところの資本家は純所得がゼロでとなり、今や無であるものの10%を律儀にもいまだ退蔵するところに至るまで、自らを極限状態に保つ

算数はできても、現実を無視するおバカさん


グローバルと(ローカルな)国を使い分け
格差を演出、そしてグローバル課税をしろ
アメリカが徴収した税金を日本の格差の穴埋めに使ってくれるのか?
現実にはほぼ有りえない
グローバル化した世界では発展途上国に投資しなければ、経済は成り立たない
にも関わらず、資本家は効率のために安い労働賃金を使う悪人

すげ~理屈だよな
44
名無しさん@お腹いっぱい。
>>43
うわぁ、説明できないから逆切れパターンですか。
かっこわる…。

別に俺がアホでもなんでも良いから、考えてみようぜ。
批判するのは理解した後でも良いだろ?
何かよく分からんが、経済学者がピケティ批判してる!
よし貼ろう!じゃアホ丸出しだよ。
どうせどっちかは間違ってんだから。

てか、また投資が来たw 投資は一回忘れろゆーたやん。
はい。じゃーβ=s/g。これ説明してみ。
45
名無しさん@お腹いっぱい。
>>44
だから無いものをどうやって貯蓄するの?出来るの?

それも理解できないのか?

ピケティは金を貸す事も悪みたいに言っているが
現実社会では住宅ローンがマイナス金利になった国があって
家を買って借金すると利息を払うんじゃなくて逆に金がもらえる状態になってんだけど

それをどう説明するの?

ピケティが正しい、それを批判するのが間違っているって考え方がおかしいだろ?

アメリカでは資本家そのものの批判じゃなくて、オバマがやった大きな政府
リーマン・ショック後の金融危機に際して公的資金の注入を不公平だと批判されたのを格差批判だと勘違いして書かれた本が21世紀の資本
国家による経済統制をしたいのがピケティ
当然そうすれば格差は無くなるな、経済成長が0になってやがては貯蓄もできず経済の破綻
46
名無しさん@お腹いっぱい。
横レスですがコピペです。念のため。


http://blog.goo.ne.jp/pineapplehank/e/510bcf7101d9ea69ae3dd37be9d1712c

◆ピケティ氏による資本主義の基本法則
『第1法則』
 資本分配率=資本収益率(r)×資本ストック÷国内総生産(GDP)

・・・資本分配率はGDPのうち資本に回る分

『第2法則』
 資本ストック÷GDP=貯蓄率÷経済成長率(g)

・・・gが下がり、貯蓄率÷gが上昇すると資本ストック÷GDP(1単位の生産に必要な資本ストック)も上昇。
rが一定といった条件下では、第1法則に基づき資本分配率が上昇し、労働分配率は下落。
(注)ピケティ氏は実証分析などに基づき、格差拡大を説明できる関係式として基本法則を示した

ピケティの表記では以下、
α=r×β (56頁,1章)
β=s/g (173頁5章,240頁第6章で1948年ドーマーが提示したg=s/βから1956年ソローが展開☆したとされる)

資本/所得比率β、所得の中の資本シェアα、資本収益率r
貯蓄率s、成長率g
(例:所得の中の資本シェアα=30%,資本収益率r=5%,資本/所得率β=600%、57頁より)
(例:「ある国が所得の12%を毎年貯金しており、当初の資本ストックが所得6年分とすると、資本
ストックの成長率は年間2パーセントだ。つまり国民所得とまったく同じ比率であり、資本/所得
率は安定状態を保つ。」178頁より)
47
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティは正しい、それを批判するのが間違ってる?
いや、別にピケティが正しいかどうかなんて結局のところ知らんよ。
ただね!一つ言えるのは、理解せずに批判すんなって事だな。
だってさ~君の書き込み読んでてホント面白いよ。
ズレまくってて。思わず、突っ込んじゃうの。

さて、β=s/gはどうなった?
無い物を貯蓄する?何、言ってんだろ?
さっき貼った減価償却の話か?
この式は単年じゃ使えないよ?
48
名無しさん@お腹いっぱい。
>>46
β=s/g
g=0の場合βは無限大
ないものをどうやって貯蓄するの?

そもそも、お前ピケティが言っている事も理解できてないだろ?
r>gになる原因は資本家がさらなる利益を求めて、賃金が安い発展途上国へ投資するから
逆に言えば、先進国の賃金は下がるが途上国の賃金は上がるという事
それこそ長期的にはr=gになるんだよ
つまりr>gは間違いだって事だ
この式を正しく見せる為に住宅価格を使い誇張したデータを作り出し出版された本が21世紀の資本
49
名無しさん@お腹いっぱい。
>>47
>理解せずに批判すんなって事だな。
お前、理解もしてないのに擁護してんだw

減価償却が単年だけの物だとでも?
延々にやった結果0になりますよって話だろうが?
資本の注入ってのは何年かに一度ずつされる、お前が嫌いな投資だな
だから資本も永遠に蓄積され続ける事もない

そういう手品を使って格差を煽り、共産主義国家を作りたいのがピケティだ
誰の言葉だっけ官僚主義と破壊は何も生まない

政治家と官僚による経済統制でユートピアができるらしいぜ
50
名無しさん@お腹いっぱい。
>>48
売り文句になって、一人歩きしてるけど。
r>gってそこまで大事な不等式じゃないんだな~。
rもgも理論的に導いた数値じゃないしね。

それより、
β=s/g
α=r×β
の方が大事。

>>46の人、サンクス。これ使って考えてみ。
51
名無しさん@お腹いっぱい。
>>50
だから無いものをどうやって貯蓄するの?
貯蓄できないって事はどういう事だw

>r>gってそこまで大事な不等式じゃないんだな~。
>rもgも理論的に導いた数値じゃないしね。
つまりピケティが言っている事は大したことじゃないw

いい加減気付けg=投資だって事に
52
名無しさん@お腹いっぱい。
経済学101はピケティ氏を擁護している英文の記事をほとんど翻訳しないで
スルーしているね。気のせいかな。住宅資本うんぬんへの反論記事もあるのに。
53
名無しさん@お腹いっぱい。
r>g
社会利益拡大には労働よりも投資のほうが寄与率が高い。
ボンクラに資本を持たせずすぐれた判断力を持つ
有能者に資本を流れるようにすることが重要だ。
がピケティの論旨だろ?
で、例えば財産税はどうか?相続ボンクラの資本を有能者へ!と

お宅らは何について、何を目的に議論してんの?
この数式が重要と思うとかどうでも良くない?感想文か?
事実で語りなよ。
百歩ゆずって、、そりゃその式重要な雰囲気だね!!で??なに??
54
名無しさん@お腹いっぱい。
>>51
しかし、君はごちゃごちゃと余計な事書いてうっさいな。

説明してやっから、読んどけや。
まず、g=0の時にβ=∞となるって奴ね。
βは資本/所得比率だから、β=∞という状態は資本が∞の状態のことだ。
資本が∞なんてあり得ないだろ!と疑問を感じたのなら正しい。当たり前だ。資本が∞になる訳がない。

そもそも、真実のβの値は、β=s/gで求められた値じゃない。資本と所得を比率で求めたものが、その時のβ。
じゃあβ=s/gで求めたβは何なのか?ってーと、βの目標値を示しているに過ぎない。さっき、微積分で使う→の話したろ?それだ。長いこと時間をかければその値に近づくってこと。
つまり、β=∞ではなくβ→∞。
もちろん、βが大きくなるなるためには、資本の蓄積が必要で、貯蓄する時間が必要になる。βが∞になるには、∞の時間が必要ということだ。
そんなん理論上の話だから、現実的にはβはあるところで増大を止めるだろうけどね。

さっきから何回も無い物をどうやって貯蓄するんだ?言ってるが、それについても説明してやろう。
β=s/gってことは、g=s/βって事だ。
βは資本/所得だから、g=所得からの貯蓄額/資本額ってこと。
g=0なら、所得からの貯蓄額が0になるから、その場合は無い物を貯蓄率sで貯蓄しようとしてるって事。
ただ理論上のそのような状態に達するには∞の時間を要するから、現実には起こりえない。
その指摘は、β=s/gを常に成り立つという前提にたった上での話でしかないんだよ。

てか、そもそもβ=s/gとα=r×βの二つの式に分けたのは何でだと思う?
法則なんて簡単なら簡単なほど良いに決まってる。
なら、α=r×s/gで良いと思わん?
勘が良いなら気付くだろ?β=s/gは常に使える訳じゃないからだよ。

あと、何だ?g=投資?
何言いたいのか、よく分からんが、経済成長に投資は必要だよ。誰も投資するな、なんて言ってないよ。
それなのに、いつも投資は必要だ!っていうのは何で?
誰か投資するなって言ったの?
55
名無しさん@お腹いっぱい。
ハミルトンは勝手に変数をいじっているだけでピケティ批判にはなっていない。
例えば人口減少を変数に入れればひっくり返る類のものだ。

住宅資産を使った批判も的外れだ。
物神化批判のスケープゴートにピケティを想定しても始まらない。

ソローは成長に関して人口増加率+成長率とr資本収益率の交互性を指摘したことが画期的だったが、
単純化しすぎた。
マンキューの言うようにr>gだよ、それで何か?
となってしまう。
吉川洋が指摘したように☆、ルイスの「二重経済モデル」(のようなアイデア)がやはり必要だ。



http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150204/277158/?P=5&mds 5/8 (ピケティと吉川洋対談。要登録)
56
名無しさん@お腹いっぱい。
しかし、ID:WBtuNKF5は一体何がしたいんだろう。
長い期間張り付いて、意味不明な持論でピケティ批判ばかりしてる。学ぶ意欲もなく、ただ批判してるだけ。

東洋経済の「ピケティ完全理解」は持ってるみたいだが、肝心の本を読んでないから、的外れ指摘ばっかなんだよな~。
このスレにいる人に対しては、バカだの、アホだの、アカだの言ってるけど、どっちが馬鹿なんだろう。
俺なら恥ずかしくて、もう来れないな。

で、最後には投資、投資、投資。
株式投資で経済の勉強した人なのかな?
投資は良いけど、投資だけで経済を把握できると思ってんのかな?
57
名無しさん@お腹いっぱい。
孫引きで思い出したけど、
「トリクルダウンはなかなか起こるものではない」とか
ピケティの言として述べたマスコミいたんだって?
本人は「過去に起きたことはない」って言ってるのにw
58
名無しさん@お腹いっぱい。
経済って全体的に見ると社会を構成する主体がそれぞれバラバラに
インセンティブを働かせてもダメで、一体感を得ないとリスクが高くなる。

特に慢性的な不況下で、みんな石橋を叩いているから、
赤信号をみんなで渡ろうとするインセンティブが多くの経済主体に
同時に働かないと。
そういうインセンティブが働くためには社会が画一化していないとあかん。
59
名無しさん@お腹いっぱい。
土地も家も持っているやつの余剰資金から多目の税金を取ったからといって
経済に悪影響をもたらすとは思わないけどね
それより資産を持っていない人が稼ぎやすくする環境を作ることに金を回すべき
金持ちから集めた金で教育無償化とかは有意義だと思うぞ
国がやるとロスが多いかもしれないがマイナスよりプラスのほうが大きいぞ
累進課税に反対してるやつは器が小さいよw
60
名無しさん@お腹いっぱい。
経済学ってけっきょく社会心理学に還元できる学問なんだよね。
社会心理学のサブクラスでしかない。
61
名無しさん@お腹いっぱい。
社会心理学は行動心理学のサブクラス
62
名無しさん@お腹いっぱい。
全ては哲学のサブクラス
63
名無しさん@お腹いっぱい。
            .n:n   nn
            nf|||   | | |^!n
            f|.| | ∩ ∩|..| |.|
            |: ::  ! } {! ::: :|
           ヽ  ,イ_ヽ  :イ
         _    ....-ー、,-─     /  
       __ `ソ. -= =- i、-= =- / ̄/  
         \/゚   / ー-' ヽ   \/ rへ,ノ 
    __>-へ| i    .. -=ニ=-    |ノ  :.\_ 呼んだかね?
         .:/从へ、. `ニニ´ .ノ从rーヘ_ 
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、___ノ
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)  
64
名無しさん@お腹いっぱい。
「かくて、戦後日本社会でかなりの程度確立されたマルクス主義の文化的ヘゲモニーは、
失われていった。それに取って代わったのがネオリベラリズムのヘゲモニーであった。
今日、マルクス経済学の「マ」の字も知らなくても、大学は卒業できることはもちろん、
国家公務員試験に合格して高級官僚になることもできる。マルクス主義のイロハすら
知らなくても恥ずかしくとも何ともないという世の中になった。こうした状況は日本
のみならず世界的な現象であるが、万事において競争原理を導入しさえすればあらゆる
問題は解決できるという単細胞思考に基づいた施策が現実世界で繰り返し失敗し、
ネオリベラリズムの教義が現実によって幾度否定されようともこの教義が死なないという
現象を目にするとき、われわれは文化的ヘゲモニーの持つ強大な力を実感せざるを得ないと
同時に、文化的ヘゲモニーの交替によって知性の一般的レベルがどれほど低下したのかを、
痛感せざるを得ない。富裕層への累進課税があたかも画期的な主張であるかの如く大々的な注目を
受けている状況(世界的なピケティ・ブーム)は、こうした知的惨状を鮮やかに映し出している」。 &#8212; 白井 聡 
「資本論に学ぶ」解説
65
名無しさん@お腹いっぱい。
>>48
“うさぎはカメに追いつけない論争”みたい。

それぞれの数値を厳密に計測できる日が来れば、修正されるのかも。
(まあ、そんなことに意味はほとんどないのですが)
66
名無しさん@お腹いっぱい。
>>54
あなたはやさしすぎる。
が、当人が自分で気づくよう、ときにはピエロを演じる度量も必要。
こういう場は、そのための試行錯誤の機会でもある。
相手をやり込めても、得るものはない。
でも、利用する道はある。
もったいない。

今一度考えて欲しい。
例えば、この場でときおり出会える誰かくらい食い下がってくる学生や部下がいるだろうか。
もう一度言う。
もったいない。
レス番はまだ100にさえ届かないというのに。
67
名無しさん@お腹いっぱい。
100レスどころか前スレから延々と居着いてますね
68
名無しさん@お腹いっぱい。
>>56
むしろ、彼(彼女)の理解している「投資」について、彼(彼女)自身が気づいていないところまでを
どう引き出せるか試してみるべきだった。

なまじ勉強されてしまうと、意味が薄れてしまう。
69
名無しさん@お腹いっぱい。
トリクルダウンてそんなはした金で誤魔化されないぞ。
税金できっちり払わせてやる。
70
名無しさん@お腹いっぱい。
トリクルダウンで滴り落ちるより 資産家の儲けのほうが大きいということだろ
71
名無しさん@お腹いっぱい。
>>61
行動心理学じゃだめなんだよね。社会心理学じゃないと。
いまの経済学は社会心理学をスルーして行動心理学をそのまま
経済学にもってきちゃっているだけのレベルに終わっている。
72
名無しさん@お腹いっぱい。
社会心理学って言葉あまり使わないね。週刊誌でも読んだの?w
73
名無しさん@お腹いっぱい。
1000万を超えた分は全て税金。
74
名無しさん@お腹いっぱい。
>>73
ちょっとこれで計算してみてくれ。
税収は幾らになる?
75
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの話。なんであんなに受けているか…

東「経済ではなく、やはり心の問題では」
浅田「資本主義でいいでしょ&再分配と承認で多文化主義」→ その程度ではダメ。
中沢「ピケティはアメリカ人が読んで安心できるから。マルクスは安心できない。でも読んだら飽きる本」

中沢「世界が全て”モラル”で縛ろうとする傾向がある」
「唯物史観が今かけているのでは。ピケティはそこがなく、内部のデータだけでやっている」

あずまん司会その2。ピケティ的な再分配だけではうまくいかないというときに、
その外にはなにが必要なのか?

「資本主義による再分配は限界、その外側を考えなければいけないが、
ピケティとか市場原理主義+累進課税では済まない。では何か」
76
名無しさん@お腹いっぱい。
>>52
どれも擁護になってないからじゃない?
住宅資本にせよ問題は住宅を資本に含めるか否かでは無く賃貸か地価かだしね。
77
靖国参拝、皇族、国旗国歌、神社神道を異常に嫌うカルト
★マインドコントロールの手法★

・沢山の人が偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法


偏った思想や考え方に染まっていたり、常識が通じない人間は、頭が悪いフリをしているカルト工作員の可能性が高い


10人に一人はカルトか外国人

「ガスライティング」で検索を!
...
78
名無しさん@お腹いっぱい。
>>76
経済学101の人たちがそれを独断で判断して選考しているの?
どう考えても偏向を感じるサイトだなあ。
79
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティに本当の事をいわれて困るやつが大騒ぎしているだけ
格差が広がる一方なのはみんな知っている 知っているが金持ちのほうが
政治力があるからどうにもならないというのが現状
80
名無しさん@お腹いっぱい。
>>79
そんな奴は騒いでいない。騒いでるのは本当の事を言われて焦った転向者達。
81
名無しさん@お腹いっぱい。
社会格差が開けば開くほど格差は固定化されて相続される身分に等しくなる。
社会階層がそのまま再生産される傾向がますます強まってゆくからだ。

政治的にも富裕層は有利な立場につき、その財力で政治動員力を手中に収め、
自分たちに有利な社会制度や法律をどんどん成立させてゆくことになる。

憲法も改正され、普通選挙が廃止されて制限選挙の時代が再び訪れるかもしれぬ。
米国の保守派はすでにそうした主張を強くし始めているらしい。

そうやってそれがある水準に達すれば身分社会と呼ばれるようになるだけであって、
豊臣秀吉みたいなサクセスストーリーが身分社会に皆無だったわけじゃない。
だから一部の例外をもちだしてきて身分制度とは違うと言うことはできない。
82
名無しさん@お腹いっぱい。
>>81
マネーゲームの勝者がロビー活動などで政治を握り、トリクルダウンでもたらされた僅かな所得で満足して彼らを支えてしまう愚民たち。
トマピケの理論の正否が問題なのでは無い。彼の指摘で浮き彫りにされた格差を是正する最後の機会である。
83
名無しさん@お腹いっぱい。
一国だけ資産の累進課税を施行しても国家社会主義みたいになるので、
それはどこの国もやれないだろうし、意味がない。
実行不可能な理想論だ。
84
名無しさん@お腹いっぱい。
累進課税というのはかつても、そして今でも先進資本主義諸国で
常識に採用されているものだよ。
絶対値ではなくその人の所得や資産に応じた比率で税の負担の
公平化しようという普通の考え方。
ただし近年はその累進性が緩められる傾向が先進資本主義諸国に
見られるということでしょう?
消費税のような税制は、エンゲル係数の高い貧しい社会階層にとって
税負担率が重くなるので逆累進課税などと呼ばれていたりするわけでしょう?
85
名無しさん@お腹いっぱい。
格差が何で問題よと開き直る御仁がいるけど、
とどのつまり民主主義の危機だというのはわかる。
少数者の先導の元に大多数が犠牲になるのだから。
86
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの結論はそういったところだよな。
格差が広がり続ける状態で社会が安定したままか?
というあえて格差がいい悪いという議論にならないようにしているはず。。
でもそういうふうにもっていく輩は出てくるんだよな。
87
名無しさん@お腹いっぱい。
累進課税論は格差の否定だからな。
88
名無しさん@お腹いっぱい。
それは違う
垂直的平等
89
名無しさん@お腹いっぱい。
経済的格差と文化的格差は密接な関係はあるものの、経済的格差だけ
平均化されても日本のように文化的格差は広がったまま。
かつての文化人は似非文化人もっと言えば成り上がり文化人に閉口
させられっぱなし。80年代から問題視されてきた社会的課題を放置した
インテリ層の責任は大きい。
90
名無しさん@お腹いっぱい。
しかしまあ、ピケティブームもここまで来ると大学の高貴なセンセイどもは、一体何をなさっていたのか!?ともいいたいね。
そこらのカップルのニイチャンでも本屋で「ピケティ流行ってんだよ」だよ(笑)

無論、かのマルクスの資本論やらに比するとその内容は、格段体制論やら生産と労働とかを理論的に論じているわけじゃないから、その点論点はシンプルだ。
問題は、ピケティの問題提起をどの様に具体化するその方法なのかな?
91
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの「金持ちはますます金持ちに」って結論、定量的に考察してなくても、
肌感覚というか、物の道理として知ってた人は結構いるんじゃないかな?

ただ、資本主義ならそれも仕方が無い、リスクを取って投資する人がいなければ
経済も停滞するって思って、無闇な批判をしてこなかっただけじゃないの?

勿論、ある程度の相続税とか、累進課税とか、投機規制とかは必要だけど。
92
名無しさん@お腹いっぱい。
>「金持ちはますます金持ちに」
1世紀も前に、マルクスが、
資本主義の行く末は一握りの富豪とその他大勢の奴隷になる
って言ってるぞ。
93
名無しさん@お腹いっぱい。
>>92
実際そこに向けてかそくしはじめてる。
94
名無しさん@お腹いっぱい。
経済が成長を持続するためには、資本の循環が維持されることが必要条件である。
資本が循環するためには、資本の貸し手と借り手が存在し続けることが必要条件である。
貸し手と借り手をつなぐものは信用である。
信用に説得力を持たせるものは、借り手の成長見通しと担保能力である。
経済の成長が見込めない場合、担保能力を持つかどうかへの偏重傾向が強くなる。
担保能力の高い者はすでに資本を有している者であり、それは信用を持つ者であり、資本の
唯一の借り手ともなる。
結果として、資本が、それを持つ者同士の間でしか循環しなくなり、経済全体の成長が止まる。

したがって、現在資本を持たない者が将来資本を持てる者になりうるような環境を構築するこ
とは、経済が成長するための必要条件なのである。
そのためには、現在資本を有している層から資本の一部を政府が取り上げ、それによって現在
資本を有していない層の「信用」を担保するような仕組みが求められるのである。


こんな感じ?
とするといわゆるばらまきで消費を底上げするというのとは違ってくるよね。
「信用」における資本担保部分の比率を、どうやって下げるかって話だもんね。
貸し手側のリスクを誰が負担するのかって話でもあるから、そりゃあ抵抗は強い、というか、
妙案は簡単には出ないでしょ。
すでに成功している層は、どうしたって現状維持というか保守的になるんだから。
自分はうまく行ってるんだもんね。このまま行きたいよなあ。それがふつう。
95
名無しさん@お腹いっぱい。
札幌 ビッ●カメラ

副店長 佐藤伸弦 暴行犯。
96
名無しさん@お腹いっぱい。
資本主義と民主主義はまったく別物で 民主主義にするためには政府が資本家を
や企業をある程度抑制しないと民主主義にはならない ほっとけば金の力による奴隷制度になる
貧乏人は不当に低い賃金で働かされ 金持ちは不当に高い報酬を得ることになる
97
名無しさん@お腹いっぱい。
クズネッツ曲線どおりにいけばトリクルダウンは起きる。
ピケティ不等式どおりになればトリクルダウンは起きない。
98
名無しさん@お腹いっぱい。
「トリクルダウンは無い」って知ってて、喧伝したんだろうと思う。
99
名無しさん@お腹いっぱい。
クズネッツ曲線は、経済成長の局面では格差が拡大するとしている。
しかしある程度までいくと、それが縮小に転じて、結果的には
厚い中間層を形成した比較的平等な社会が実現するという仮説だった。

つまり、この仮説が正しいなら、経済成長局面での格差拡大に目を瞑って
我慢していれば、いずれはそれが縮小に転じてトリクルダウン効果が起こり、
社会全体の厚生を高まめる功利主義の理想が実現しまうよってことになる。

でもそれは特定の状況が重なって偶然起きた歴史的に例外的なことじゃないか。
そうピケティ氏がデータを見つけ出してきて主張し始めた。
トリクルダウンは資本主義経済の一般法則じゃないよって。
100
名無しさん@お腹いっぱい。
これが正しいとなると、第二のケインズ革命が起きるかもしれない。
101
名無しさん@お腹いっぱい。
トリクルダウンで滴り落ちる量が少なすぎるということだろ
だから累進課税ですこし滴り落ちる量を増やそうといっているだけ
まったく何の問題も無いと思うがね 現実的にはいろいろあって実現は
簡単じゃないかもだがね
102
名無しさん@お腹いっぱい。
>>101
厳密に言うと、累進課税して貧困層に配分したら、それはもうすでにトリクルダウンとは言わないんだけどな。
103
名無しさん@お腹いっぱい。
アメリカを見ているとトリクルダウンは制度的なものだという気がするね。
裸の市場というのは戦争状態。だから市場は制度化されていなくてはならない。
どのように制度化されるかで市場のゲームの性格は変わる。
ゲームの性格によってゲームの結果が合理的に一意に決まってしまうから
もはやゲームじゃない。制度なんだな、市場は。

>>102
おっしゃるとおり。
104
名無しさん@お腹いっぱい。
>>85
民主主義も再考の時代に突入した
105
名無しさん@お腹いっぱい。
選挙制度が当初の設計通りに機能していない

議員の立候補回数、年齢、世襲制限をやらないとな。
選挙の区割りを、自治体別でなく、所得階層別にするか
106
名無しさん@お腹いっぱい。
>>102 トリクルダウンの量が足りないといってるんだから別にいいんじゃない?
107
名無しさん@お腹いっぱい。
>>106
滴り落ちる量が足りない場合の対処は2つ。
1 富を持つものをもっと富を与える → トリクルダウン継続
2 累進課税を強化して貧しいものに配分する → トリクルダウン中止
108
名無しさん@お腹いっぱい。
>>107なるほどね そういうことか

ところで1に関してだが 土地や家を持っている人の富を増やしてトリクルダウンが増えるの?ww
根本的に理屈が破綻してるんじゃない? 
株や銀行があるから資産家がそれほど重要でもないと思うぞ クラウドファンディング
も成長してきているしね
109
名無しさん@お腹いっぱい。
最近話題になっているトリクルダウン効果は、ハーシュマンが、『経済発展の戦略』
「第十章 経済成長の地域的・国際的波及」の中で言い出した概念だ。
重要なのはトリクルダウン(浸透効果)に、ポラリゼイション(分裂効果)と
いう対立概念があるということだ。
この視点がないとトリクルダウンの反対はトリクルダウンしない、ということでしかなくなり、
公的資金注入の課題点が見えない。
例えば豊かな工業中心の北部をさらに豊かにしたら、貧しい農業中心の南部の工業は、
北部に負けて消滅してしまうだろう。これが分裂だ。これは国家間でも起こり得る。
ハーシュマン自身は成長拠点を持つべきだと考え、長期的展望に立ってトリクルダウンを
支持しているが、同時に政府の政策に対しては細心の注意を要求している。
110
名無しさん@お腹いっぱい。
>>107
トリクルダウン継続・中止で社会保障格差は変化する?
日本の"格差"って富裕層VS低所得層の階級闘争というよりも
高齢者VS若者の世代間闘争だからピケティの論理が役に立たなかったりしないかな。
111
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティはr>gの状況が続くと、相続によって貧富の大部分が決まってしまう
19世紀以前のような世襲制資本主義になっていくと言っている。

ところが現代は平均寿命が延びたから、それに伴って
平均相続年齢も上昇しており、50代となっている。
これはつまり、40代までは貧富の差は表面的には激しくなく皆一様に貧しいが、
50代以降になって多くの遺産を相続する富裕層が生じることによって
富裕層が一気に豊かになり、低所得層の格差が顕在化するということ。
この時点では富裕層の多くは高齢者か、少なくとも高齢世代に片足を突っ込んでいる。

つまり、世襲制資本主義の階層格差は、統計上はかなりの部分が
高齢者と若者の間の格差であるかのように見えている。
ところが(ピケティによれば)実際はその大きな部分は親の遺産の格差だということになる。
これは「橘木・大竹論争」でほぼ考慮されなかった論点だと思う。
だから俺は「橘木・大竹論争」の>>110のような結論は間違っているのではないかと思う。
実際ジニ係数は高齢になるほど大きくなり、30代で0.25、70代で0.5となる。
112
名無しさん@お腹いっぱい。
>>111
私もニュース板だったかどこかで同様のこと、
世代間格差は見せかけで実際には階級間格差が
根底にあるということをレスしたことがあったが、
レスした相手には理解してもらえなかったようだった。
113
名無しさん@お腹いっぱい。
>>111
親も子どもも高齢者だから遺産相続による格差が見えにくくなるということかー。
私は急激な少子高齢化の進行による社会保障の格差(年金負担と受給のバランス)が
高齢者VS若者の世代間闘争を想起させるのだと思うんだけどどう思う?
r>gなら年金保険料はGPIF経由で金融資産に投資されてるからちゃんと増えるはずだけど
少子高齢化で帳消し・大赤字。
公的年金は貧しいものから富める者への所得移転となってしまっているのでは・・。
114
名無しさん@お腹いっぱい。
実際には日本の中上流階級(預貯金800~900万)は
親のいない世帯であり、親の介護で負担が生じれば低所得階級となり、
親が死ねば相続と負担の解消で富裕層となる。
相続格差ってのはつまりそういう部分。
115
名無しさん@お腹いっぱい。
「奴隷制が廃止された理由です。奴隷制は奴隷の面倒を見なければならない。
強制的に働かすには暴力で脅す必要があるので、軍隊のコストがバカにならない。
それに無理やり働かせてるのではモチベーションがあがらないから生産性が悪い。
それより解放して、一生懸命働けば豊かになれると思わせた方が、 進んで働くから生産性が高いわけです。
でも、実際は賃金を管理されているから、 いくら一生懸命働いても豊かになれないのですが・・
(植民地が独立できたのも 同じ理由による)」金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

「「消費者」は、産業革命とともに生まれた。産業革命によって、工業製品の生産量が 飛躍的に増え、
多くの人々が工業製品を買えるだけの経済的、時間的な余裕を 持つことが必要になった。
生産効率が上がって増え続ける商品を、売れ残りのないよう 人々に消費をさせるには、
人々の所得を賃上げで増やさねばならないし、 金を使う余暇を適当に与えねばならない。
酷使される貧しい工場労働者を、 消費する中産階級に変えていくことが、実は資本家の好むところでもある。
大量生産がなかった産業革命前には、資本家の事業が一般の人々を巻き込む必要はなかったが、
産業革命後、資本家は一般の人々を、労働者と消費者の両面で巻き込まねばならなくなった。」
田中宇の国際ニュース解説 2010/5/4
116
名無しさん@お腹いっぱい。
しかし現実には奴隷を求めている アメリカやイギリスでは賃金だけでは
貧困なワーキングプアが問題になっているコレはどう説明するんだ?
117
名無しさん@お腹いっぱい。
>>116
それはグローバル化で先進国内の低所得層が新興国の低所得層と競争するハメになったからでしょう。
グローバル化は全地球規模で格差を解消してしまうからしょうがない。
118
名無しさん@お腹いっぱい。
貧困者と仕事の奪い合いをしてみんな貧乏になるのがグローバルかなのかw
それでは中産階級が育たないだろ>>115の説明と矛盾しているぞ
むしろ中産階級が育ってくると貧困者を輸入または会社が出て行く構図だろ?
それなのになんで地球全体の格差解消になるんだ?
なんかの本を鵜呑みにしてわかった気になってるだけだろ 自分で多少は調べて
裏を取ったか? みんな知っていると思うが経済学者が言うことを信じたらだめだ
自分の頭で考えろ
119
名無しさん@お腹いっぱい。
つまりこういうことか。

資本による富 > 労働による富

いずれは以下のようになるだろうな。

人工知能を含む機械が作り出す富 >>> 人間が作り出す富

結局、人間は自ら作り出した奴隷に養ってもらうしかないだろう。
120
111
>>111のジニ係数の話を裏付けるようなデータがあったので貼っとくね

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12605000-Seisakutoukatsukan-Seisakuhyoukakanshitsu/h23hou_1.pdf
の20頁の図9。
>世帯員の年齢階級別にジニ係数をみると、等価当初所得は 55 歳未満では概ね 0.3~
>0.4 程度で安定しているが、それ以上の年齢では徐々に上昇し、55 歳以上では 0.4 を、
>65 歳以上では 0.6 を越える。

0-4歳から54歳までジニ係数がほぼ一定という事は、仕事で頑張った結果の違いとしての
報酬格差から不平等が生じているのではないということで、これは重要な事だと思う。

これが定年近くなってから増大しているのは、
60-64、65-69、70-74、75-79と継続的に増大していることから見ても、
退職金の影響などよりも、おそらく遺産相続の影響であると思われる。

再分配後はさすがに統計上はジニ係数は減少しているけど、これを信用するためには
公的機関による資産の補足洩れを極力防がないといけない。これもピケティが言っている事。
121
名無しさん@お腹いっぱい。
退職後は年金で生活できるんだから
それを除く場合、旅行やゲートボールで遊ぶ人間と
株や再就職で足りない年金を補う人間で
ジニ係数が開くのは当たり前。
年金を除く高齢者世帯の平均所得自体は92.7万円だ。
相続財が大きな影響を及ぼすとすれば相続財産は平均100万位なんだな。うわぁたかーい。
122
名無しさん@お腹いっぱい。
相続税100% 教育費の公的負担100%にするべきだな。
123
名無しさん@お腹いっぱい。
>>120
指摘のとおり、遺産相続が格差に寄与する部分は確かに大きい。

ただ、参考になりそうな資料として提示してもらったグラフで、「ジニ係数が60歳未満でほぼ一定、60歳以降は年齢に比例して増大する」のは、相続が主原因だとするのは、ちょい無理がある。
もし仮にそうであるならば、「所得再分配後のジニ係数」も右肩上がりになるはずだからね。

再分配前にはジニ係数が増大しているが、再分配後は大した変化は見られない。
つまり、その図を素直に評価するならば、「再分配で格差が是正されるのだ」という事を言ってるに過ぎない。
だから、そのグラフの作成者が何を言いたいのは、年金制度は再配分として十分に機能してますよ!ってこと。

考えてみれば分かるけど、60歳で定年を迎えれば、労働所得がゼロになる。よって、労働者は年金制度が無ければ、大部分の所得を失う。
一方、自営業者は、定年が無く、混合所得として所得を受け続けるので、結果、再分配前のジニ係数が増大する。
再分配後は、単純に労働所得が年金所得に置き換わってるので、ジニ係数は大して変化しないのよ。

ま、繰り返しになるけど、だからと言って、遺産相続が格差に影響を及ぼさないないって意味ではないよ。
その図では参考にならないってだけ。
124
名無しさん@お腹いっぱい。
ごめん>>120はフローの所得の話で、
一方で資産や相続は一般にはストックの話だから別の話だね

>>121
相続は毎年一定額を相続するんじゃなくて、人生で数回、
親からの相続としては一、二回のみ、多大な金額を相続する。
それが15年に一度の事であれば、
1,500万円/15年は100万円/年になる訳で、値自体はそんな変だとは思わないけどね。

お金が無い人は株で稼いだりしているから所得がある、
お金を充分持っている人は働かず所得が無いからジニ係数が高くなる、
というのは現実的な想定では無いと思う。
どっちかというと金持ちは不動産を所有していて家賃収入を得ていて、
貧乏人は株なんか全然持っていない、という方が現実的かと。
125
名無しさん@お腹いっぱい。
>>118
みんな貧乏になるわけじゃないよ。
新興国の単純労働者は所得があがるんだから地球規模で格差は解消されていることになる。
先進国内だけ切り取ってみたら、格差が広がる。国内の下層がさらに下に落ちるわけだから。
ところでここで>>115のコピペはどう関係してくるの?
126
名無しさん@お腹いっぱい。
>>119
人工知能もロボットも産業機械も基本的に資本だよ。
資本ってことは資本家の私有物。
だから
人工知能を含む機械が作り出す富 >>> 人間が作り出す富

資本による富 > 労働による富
と同じことなの。そして人的資本の価値が暴落する。
127
名無しさん@お腹いっぱい。
定年退職すればみんな給与所得がなくなるか
非正規になって減るわけだから
高齢者世代ほど格差が縮まってもよさそうなものを。
128
名無しさん@お腹いっぱい。
減るから10000円と1円で大きく格差が出るんだろう。
1万倍の差だからな。これが正社員なら700万として700億の収入の人間がいないと
高齢者格差と同じにはならない。
129
名無しさん@お腹いっぱい。
例えば計算をすごく単純化して
5分位階級の年間平均収入がそれぞれ
200万、700万、800万、1000万、2000万
だったとしたらジニ係数は0.361...

彼らが定年退職して正規組が非正規組として働くようになり、
所得の差が縮まったとしたら、例えば
200万、300万、400万、500万、1000万
というふうになったとすれば、ジニ係数は0.300...

つまりどちらかといえば下がるはず。
130
名無しさん@お腹いっぱい。
>>129
失礼、ジニ係数に間違いがあったので訂正:
0.361ではなく0.331

200万、600万、800万、1000万、2000万
ジニ係数 0.347

200万、300万、400万、500万、1000万
ジニ係数 0.300

つまり、定年退職して正社員特権がなくなり、正規だった人も
非正規として働く身になれば、それまで正規・非正規の間にあった
厳然たる所得格差も縮まるはず、というのが>>127の意味。
131
名無しさん@お腹いっぱい。
>>125 新興国の労働者の所得が伸びても 先進国の労働者の所得が落ちるというより
失業者が増えるから世界の経済に貢献しているとは言いがたい そして
いずれにしても一番儲かるのは特定の一握りの人だけだ この特定の一握りの人が
問題なんだよ わかるかな? 富裕層の下っ端は問題じゃないんだよ
132
名無しさん@お腹いっぱい。
>>130
仕事には定年がないものもあるし、
また、一部のものは高給で再就職、その他大勢は無職若しくはかなりの低給で再雇用なら、ジニ係数は拡大する。
ま、いずれにせよ、君の考えは統計の結果と違うんだから、正しくはない。
おそらく、その数値の設定に間違えがあるんだろう。
133
名無しさん@お腹いっぱい。
近所の図書館の予約数

21世紀の資本…1
日本人のためのピケティ入門…4

何故なのか
134
名無しさん@お腹いっぱい。
世帯所得をその人数分で割って低いほうから高い方まで順に並べ、
その全体を五等分して5つのクラスに分けてその平均年収を出し、
その結果が仮に
1)100万、2)600万、3)800万、4)1000万、5)3000万
だとする。

1)は失業中や低所得の非常勤労働者などを多く含む層の平均
2)から4)までが常勤労働者で構成される中間層の平均
5)が高給取りによって構成される層の平均

正規の人がだいたい50代で最高賃金に達する。
65歳以上になったときとの差はだいたい1.5倍。
そうすると定年退職した常用労働者層が非常用労働者層に
移ったとすると、だいたい
1) 100万、2)400万、2)500万、7)700万、5)2000万
くらいになる。

したがってこれらの
退職前のジニ係数は:0.450
退職後のジニ係数は:0.443
やはり若干下がる。
135
名無しさん@お腹いっぱい。
>>133
へー羨ましいなあ。
近所の図書館での『21世紀の資本』の予約数をいま調べたら71件もあった。
今から予約したとしてもこの先3年間くらいは借りれそうにない状況になってる。
136
名無しさん@お腹いっぱい。
>>135
ちなみに予約数1ってのは俺ね
俺の前の予約者が金曜に貸し出されたようだから、あと12日くらいで借りれる

田舎の図書館だと予約数が少ないね。70って県庁所在地の図書館が
蔵書数4で予約がそのくらいだった
137
名無しさん@お腹いっぱい。
>>134
うん。だから、そんなん設定次第でジニ係数なんてどうにでもなるから、その設定じゃ間違ってるんだろって話。
138
名無しさん@お腹いっぱい。
>>134
色々ツッコミ所はあるが
結局お前がどんな異世界の日本を想定してるのか分からんな。
働かざる者食うべからずの法律でもあるのか。

上の資料にもある通り高齢者の年金を除いた年間平均所得は90万前後で
非正規雇用と比べても圧倒的に低い。
年金だけで働かなくても生きていけるんだから退職後の仕事はただの娯楽。しない奴の方が多い。
実際、年金も含めればジニ係数は下がりほぼ平等になる。
139
名無しさん@お腹いっぱい。
>>133
地域の図書館
予約数:214件
英語版予約数:24件

気づいた時点で予約数:170件overだったから諦めたw
140
名無しさん@お腹いっぱい。
>>132
> 仕事には定年がないものもあるし、
> また、一部のものは高給で再就職、その他大勢は無職若しくはかなりの低給で再雇用なら、ジニ係数は拡大する。

それは第5分位の中に含めて考慮してある。


> ま、いずれにせよ、君の考えは統計の結果と違うんだから、正しくはない。

どの統計のどこと整合性が合わないというのか説明できる?
141
名無しさん@お腹いっぱい。
>>139
SUGEEEEEEEEEEEE ! !

俺の所は近くに大学無いから借りる人少ないのかな、
商業経済学科の短大はあったけどFランだしw
142
名無しさん@お腹いっぱい。
>>140
>>120の資料の話してるんだから、取り敢えずそれ見たら?
20頁の図9。55-59歳の0.4から、一つ位が上がるにつれて、0.1ずつ増大してる。
143
名無しさん@お腹いっぱい。
>>138
> 上の資料にもある通り高齢者の年金を除いた年間平均所得は90万前後で
> 非正規雇用と比べても圧倒的に低い。

90万はあくまで平均だから、ジニ係数を問題にしているかぎり
全体を低くしても同じジニ係数になる。
144
名無しさん@お腹いっぱい。
>>142
だからそれは別の要因だという話をしているんでしょう?
もしも定年退職によるものだったらジニ係数は65歳以上で一定に落ち着くはず。
145
名無しさん@お腹いっぱい。
>>144
別の要因?そのグラフの再分配前のジニ係数増大に、相続は関係ないって話だよ。

>もしも定年退職によるものだったらジニ係数は65歳以上で一定に落ち着くはず。

定年は退職者が大量に出る年齢帯だけど、退職時期は定年だけじゃないって何度も言ってるじゃん。
再就職した人は、二度と退職しない=死ぬまで働くって言うのかい?
146
名無しさん@お腹いっぱい。
相続税関連(398頁)、by=π×m×β
 (byは相続の年間フローの国民所得比、βは資本/所得比率、mは死亡率、
πは一人当たりの平均財産に対する死亡時の平均財産の比率。)

「πが富の年齢分布に左右されるのは明らかだ。年齢とともに資産が増加する割合が大きいと、
πは高くなり、その結果相続フローも大きくなる。」(399頁)
147
名無しさん@お腹いっぱい。
評価経済哲学 ~上級編~
http://youtu.be/MefYRS01rXE
148
名無しさん@お腹いっぱい。
>>145
相続が関係ないと言える根拠は?

> 再就職した人は、二度と退職しない=死ぬまで働くって言うのかい?

自営業者だって一生働くとはかぎらず、
社長職を息子などに譲って大半は引退して隠居の身になるだろうから
けっきょくは生涯給与所得があるという人々も激減していく。

それらを考慮したとしても
定年退職者が大量に出る60歳から65歳の世代に少なくとも
ジニ係数上昇の急カーブが特別に見られるはずだという話。

二度目の退職をする人が増えれば増えるほど
5分位の最高位の平均した年収だって下がっていく。

少なくとも、>>129-130 >>134のようなシミュレーションで
>>128のような説明では一意に決まらないことが確かめられたわけだから。
149
名無しさん@お腹いっぱい。
>>128のような説明だと平均が考慮されておらず、
定年退職する人が増えると必ずジニ係数の上昇になって
現れることが分かりきっているかのような説明になっている。

それは反証できるということ。
150
名無しさん@お腹いっぱい。
>>148
いや、そういう反論を俺に言ってもしょうがなくね?俺が作ったグラフじゃないし。
俺の説明で納得できないなら、無理に納得する必要もない。
ただ、君の設定では統計との食い違いが出てるのも事実。

その違いがなぜ出たのか、そんなものはもう自分で考えてみれば良い。
君のシミュレーションが完璧だと思ってるのなら、それはただの傲慢。
151
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティはロンリー論文によって論破されたから終了
152
名無しさん@お腹いっぱい。
人的資本だからお金持ちの資本の独占がないという発想も短絡的すぎる。
人的資本と経済的貧富の差には明らかに相関が見出せるのに。
153
名無しさん@お腹いっぱい。
再就職して70代まで働くってそんな一般的な話じゃないよね?
仮にそういう人の収入がすごく利いているのだとしても
それは、企業の重役とかそういう仕事に限られると思う
154
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティがデータの欠陥をMIT院生に論破されてしまったロンリー論文とかみんなどう思ってるんですか?
155
名無しさん@お腹いっぱい。
反論はいくらでもあるし山形も意図的に批判を歪曲してる部分はあるよね。
(「リスクがあると計算上収穫逓減により投資には限界がある」って批判を
「リスクがあるから投資に限界はないのが当たり前という批判がある」とか曲解したり)

まぁ経済の専門書がベストセラーになったってだけでも
ピケティは充分貢献してると思う。
156
名無しさん@お腹いっぱい。
まあ数学者にもなれた頭脳が経済学に来て経済学を科学に押し上げようとしているのは評価できるな
157
名無しさん@お腹いっぱい。
OECDの調査報告書を読んでもやはり、
結果の平等が高い国ほど機会の平等も高い
という相関関係が明らかになっているね。
158
名無しさん@お腹いっぱい。
>>154
研究者の中にあれを論破と思ってる人なんていませんよ。
検証や疑義の一端に過ぎず、価値ある論文であればあるほど、これからもどんどんとさらに
厳しい批判を浴びるはずです。

ロンリー氏の論文だって、あれは「資本」の定義についての疑義でしょ。
だからどっちが正しいとかそういうことじゃなくて、双方の視点から同じテーマを研究して行く
という姿が望ましいと思います。

世界経済が病んでいるという現状認識は正しいのか。
病んでいるのであれば、病巣はどこで、それは治癒可能なのか。
で、ピケティ氏は、需要が消えた病巣をデータから追い求めた最初の研究者。
批判があって当然です。
159
名無しさん@お腹いっぱい。
>>157 そんな報告書読まなくてもみんな知ってるだろ そのくらいw
どう考えても格差が大きい社会で機会の平等があるわけないだろw
経済学は馬鹿の集まりかよw
それにどうみても金持ちがいろいろ有利だろ 金を借りるにしても担保がないと
借りれないんだから 資産を持っているやつが最初から有利なのは明白
累進課税ぐらいでガタガタ言うほうがおかしいレベル
160
名無しさん@お腹いっぱい。
そうだね、研究者は批判されてナンボだからね。
あれだけのデータを集めたというだけでもピケティは偉いと思う。

算数レベルの数式をいじくって、偉そうにしてる日本の馬鹿教授どもには
できないことでしょうね。
161
名無しさん@お腹いっぱい。
大事な事は数学としての難しさではないんだけどね
ピケティも言っている通り
162
名無しさん@お腹いっぱい。
http://jbbs.shitaraba.net/sports/42269/
163
名無しさん@お腹いっぱい。
r>gの世界で、賃金で暮らす労働者が生きていくにはどうすりゃええんじゃ。
給料の一部を全世界株式のインデックスファンド(VTとか)で運用してもダメなんか?
164
名無しさん@お腹いっぱい。
逆玉
165
名無しさん@お腹いっぱい。
>>163
生きてくだけなら働くだけで十分だ。
インデックスファンドやETFなら大損することもなかろう。
ただし、大金持ちにもなれないが…

リスクを取らずに富裕層になりたいなら、>>164が手っ取り早い。
まさに、ゴリオ爺さんのヴォートランの言ってることをやればOK。
166
名無しさん@お腹いっぱい。
金持ちは閨閥作るだろ。
167
名無しさん@お腹いっぱい。
宝くじというのは、資本主義のミニマムモデル(縮小版)だよ。

統計的には当たる確率のほとんどないアメリカンドリームに
投資しているバカなゲーマーたちによって成り立っている。
168
名無しさん@お腹いっぱい。
資本の獲得にリスクがあるのは資本主義に限らないし
宝くじやその原理は何千年も昔からあるけど。
169
名無しさん@お腹いっぱい。
浅田 イスラムをめぐる宗教戦争も実際はグローバル資本主義とそれに乗り遅れた人々の闘争なんで、
政治経済学的な分析が不可欠。フランスのトマ・ピケティの『21世紀の資本(論)』が
世界的ベストセラーになったのも不思議じゃない。

ただ、原書が出たとき読んで、このタイトルはまったくの誇大広告だとわかった。
マルクスが『資本(論)』で資本主義のメカニズムを原理論的に解き明かし、
資本主義を乗り越える方向を示したのに対し、ピケティの『21世紀の資本(論)』は、
資本主義下で(戦争の時期を除き)格差が拡大する傾向にあることを統計から現象論的に実証し、
税制によるその是正を提案するだけ。その程度の本を『資本(論)』と題してベストセラーにするなんて、
ウエルベックなみのあざといメディア戦略だよ(苦笑)。

浅田 日本でも遅まきながら邦訳が出て、ピケティが宣伝のため2月に来日するらしい。
対談しないかって言われたけど、とくに興味ないな。

田中 監訳が山形浩生ですから。

浅田 あんな本だから英訳からの重訳でもいいと思うけど、
本来、みすず書房はそういう本を出す出版社じゃなかったよね。

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2 | ソトコト talk83
http://www.sotokoto.net/jp/talk/index.php?id=86&page=2
170
名無しさん@お腹いっぱい。
>浅田 
>経済学部・経済学研究科の出身で、初期には数理経済学者を名乗っていた。
ほかに経済思想史に関する論文を執筆したこともある。
しかし80年代後半以降は経済学関係の著作は皆無で、
現在は経済学者は「廃業」したと述べているが、2008年まで20年に渡り、
京都大学経済研究所に助教授(准教授)のまま勤務していた。
結局、体系的著作は一つも残しておらず、
この点を吉本隆明が厳しく批判している。
171
名無しさん@お腹いっぱい。
本当なら浅田さんがピケティさんみたいな研究実績を残せたと思うんだけど。
172
名無しさん@お腹いっぱい。
浅田彰は、頭脳明晰だが京大経済研時代は学内誌に論文は書かない、院のゼミも開かない、学内分掌もしなかったらしい。
要は教育職地方公務員の職務怠慢の前衛(笑)だった。

確かに、司会やコーディネーターには適役である。
あとは美術評論や政治社会経済論評も出来る、大方経済畑とは無縁の仕事をしてきたに過ぎない。
173
名無しさん@お腹いっぱい。
まあ、法政経済から慶応経済に移った金子勝や、元同僚だった竹田茂夫に一肌脱いで頑張って戴く他ないのか?
174
名無しさん@お腹いっぱい。
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/eco/1425762743/
資産課税スレッド
175
名無しさん@お腹いっぱい。
本当の格差は学問や就職の機会の喪失ではなく、
資本投資への機会の喪失ってことだ
世間はまだ認めてないようだが
176
名無しさん@お腹いっぱい。
浅田の

>>169
>マルクスが『資本(論)』で資本主義のメカニズムを原理論的に解き明かし、
>資本主義を乗り越える方向を示したのに対し、ピケティの『21世紀の資本(論)』は、
>資本主義下で(戦争の時期を除き)格差が拡大する傾向にあることを統計から現象論的に実証し、
>税制によるその是正を提案するだけ。その程度の本を『資本(論)』と題してベストセラーにするなんて、
>ウエルベックなみのあざといメディア戦略だよ(苦笑)。


これはまさにその通りだと思うが、今や経済学自体が発展のないトンデモ学問となりつつあるのだから、データを示したのは大したものだよ。
あんたらがちゃんとやらないからこんなつまらないことでピケティに先を越された。
177
名無しさん@お腹いっぱい。
>>163
あなたのgを全て消費に回していてはダメだ
毎月少なくてもrの資本にする。gを増やすか消費を減らすか。まずはそこから。
(しかしgは容易に増えないだろう。)
あとは世界の金融政策に則った投資をする。
これは勉強しないとならない。
超長期でいいならダウをコツコツコツコツコツコツ・・・買うのが吉。
ダウの超ロングチャートを見ればわかる。
178
名無しさん@お腹いっぱい。
資本論橋本のメカニズムなんて解き明かしてないよ。
179
名無しさん@お腹いっぱい。
>>163
資産家の息子か、娘となんとかして結婚する
180
名無しさん@お腹いっぱい。
>>179
当方ブサメンにつき絶望。
その上既婚である。
181
名無しさん@お腹いっぱい。
>>163
身の程を知ってちまちまと暮らしていけばいい。
豊かな暮らしが幸福とは限らない。
182
名無しさん@お腹いっぱい。
豊かっつっても富裕層になるには
所得を投資にすべて注ぎ込む生活にしないとダメってのが
ピケティの理論だしな。車も買えないしフィレステーキも食えない。
183
名無しさん@お腹いっぱい。
中央公論の最新号は比較的まともなピケティ異論がたくさん載ってておもしろいよ
184
名無しさん@お腹いっぱい。
>182
消費が落ちて経済の成長が滞る、と。
185
正理会
宗教から歴史、教育、政治経済、国際問題、在日朝鮮人問題まで

‘目からウロコ’の講義を毎日発信しています!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi
186
名無しさん@お腹いっぱい。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150204/277158/?P=4&mds 4/8 (日経、要登録)
《吉川:なるほど。では、ここで少し経済学の議論をしてもいいですか。あなたは基本的に「ソロー
モデル」に依拠しています。資本の中身を分けずひとくくりにして経済成長を分析している「ワンセ
クターモデル」よりも、私は19世紀を理解するうえでは、アーサー・ルイスの提唱した「二重経済モデ
ル」(ルイス・モデル)の方が良いと思います。

 これは途上国経済を分析するモデルで、経済を分析する時に経済を都市工業部門と農業部門に分け、
農業部門にある余剰労働力を使いながら工業部門が経済成長していくモデルです。ポイントは、実質
賃金が労働の限界生産に等しくないことです。…

ピケティ:まず、ソローのワンセクターモデルはあまりいいモデルではないと思います。私のアプローチ
は、(農地、住宅など)複数のセクターに分けて資本をとらえています。それは『21世紀の資本』の113
ページ(注:英訳版、邦訳版では119ページの第3章「資本の変化」)から書いたのですが、重要なのは、
資本の中身の変化をとらえることです。》

ルイスの「二重経済モデル」
労働の限界生産物[の価値](一人当たり)
  ↑
  | 
N |___    
  |   \__
N1|__    \__
  |  \__    \_
生 |     \_    \
産 |       \    \
物 |        \    \
  |         \P   \P'
W |__________\____\_______ 工業部門賃金
  |          |\   |\      
  |          | \  | \
  |          |  \ |  \
W1|__________|___\|___\___ 生存維持部門賃金
  |          |    |    \
  |          |    |\    \
  |          |    | \    \
  |          |    |  \    \
  |          |    |   \    \
  |__________|____|____|____\___→
 0  労働投入量(人数)M    M1          労働
187
名無しさん@お腹いっぱい。
誰か教えてくれさい
巨額資本を持った投資家(人口の1%=7000万人)が更に資産を膨らませて更に投資、更に資産を膨らませて...と繰り返すわけだよな?

100位の投資家からすれば1000万位以下の投資家なんか吹けば飛ぶような存在なんだろ?
上位が膨れるなら下位は吸収されて、時間はかかるとしても巨額資本を持った投資家が0.8%→0.5%という具合に徐々に減ってくの?
188
名無しさん@お腹いっぱい。
上位のなかでも下の部分は少なくなるかもしれないね
189
名無しさん@お腹いっぱい。
>187
データの処理上、とりあえずのラインとしての1%だから。

だから、たとえば日本の1%は年収1200万だとかいう指摘は、ちょっとズレてる。
日本にかぎれば、0.1%あたりにラインをとると、それっぽい統計になるかもね。

ピケティの主張は、再分配というより合理的な税負担の話なんだけど、日本では
それが格差とか貧困とかの話になっちゃってる。
190
名無しさん@お腹いっぱい。
吉川と橘木が留学先で小さい机を挟んでご飯食べてる写真ネット上に
あったなあ。ああいうのをみるとどんな人たちかわかっておもしろい。
裕福になっていい服着てたり、身分のお飾りがついてしまうと
人となりがみれなくなってしまうんだよね
191
名無しさん@お腹いっぱい。
>>189
>合理的な税負担
国家にとって都合のいいだろうw
ピケティは所詮国家社会主義が大好きな赤だもんな
バカな国民をお利口さんな公務員が支配するとユートピアができます(キリッ
192
名無しさん@お腹いっぱい。
これからは間違いなく貧困層が増えるんだけどね 今の経済構造だとね
日本は今まで貯めた資産を食い潰し始めていることに気がつかない経済学者が多すぎる
馬鹿でも少し考えればわかることなのにね
老人の資産を吐き出させようとしていること自体が食い潰し行為だということに
気がつかない馬鹿
193
名無しさん@お腹いっぱい。
老人は近い将来死ぬから、今持ってる資産を吐き出させてもいいんじゃないの?
まあ、ピケティの通りならその吐き出させた資産も資本家ぎが持っていくんすけど
194
名無しさん@お腹いっぱい。
>>193
>まあ、ピケティの通りならその吐き出させた資産も資本家ぎが持っていくんすけど
ピケティのやり方を実践すると全部国が持って行くんだよな
195
名無しさん@お腹いっぱい。
租税に正当性があるのか、という点はふれられないな。
196
名無しさん@お腹いっぱい。
とりあえず行き過ぎた格差に正当性はないよね
197
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの5940円の本の下取りが700円らしいぞ そろそろ買い時がきたようだなw
198
名無しさん@お腹いっぱい。
>>197
勉強会に行かないと内容が分からないバカ共が売り出したかw
199
名無しさん@お腹いっぱい。
浅田彰の

>(戦争の時期を除き)格差が拡大する傾向にあることを統計から現象論的に実証し、税制によるその是正を提案するだけ。その程度の本を『資本(論)』と題してベストセラーにするなんて、ウエルベックなみのあざといメディア戦略だよ


これが言い得て妙だよ
流行りの勉強会なんか無駄
素人が趣味で読むのは反対しないが、こんなもんは経済学のプロが解説すれば良い
200
名無しさん@お腹いっぱい。
だけって…その労力は相当なものだと思うがw
ケチつけるのは非常に簡単、口を動かすだけだからね
201
名無しさん@お腹いっぱい。
マイホーム、マイカー、結婚
これらをあきらめて都内の安い築30年以上のアパートに住めばいい。
江戸の昔に帰れ。宵越しの金は持たない。
病気にかかったら、短期間の療養で死ぬ。
これが一番苦労がなくて幸福だぞ。
202
名無しさん@お腹いっぱい。
>>200
ピケティと浅田がどうのというより
それをこれまでやってこなかったのは経済学の怠惰だとは思う
203
名無しさん@お腹いっぱい。
格差是正=経済学の目的じゃないけど
204
名無しさん@お腹いっぱい。
>>203
経済学の目的ってなんなん
205
名無しさん@お腹いっぱい。
>>204
経済現象の説明
206
名無しさん@お腹いっぱい。
説明以上のコミットメントをやってると思うけどw
207
名無しさん@お腹いっぱい。
処方箋書いたりねw
208
名無しさん@お腹いっぱい。
>>206
>説明以上のコミットメントをやってると思うけどw
で、ことごとく失敗しているじゃん
ケインズとか、それこそピケティとか、浜田とか
209
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの処方箋って実行されてないでしょ

ハマコーとか田中秀臣とかリフレ派は今現在失敗中だね
210
名無しさん@お腹いっぱい。
>>209
>ピケティの処方箋って実行されてないでしょ
税金とって社会保障の充実やって失敗してるじゃんアメリカにしかりフランスにしかり、日本でも、民主党が失敗した

課税して国家が富の簒奪では何も解決しない
211
名無しさん@お腹いっぱい。
>>200
だね。労力をかけた実証の意義を認めないと。
212
名無しさん@お腹いっぱい。
認めたところで活用されないと意味はないだろうな
グローバル資産課税はおそらく無理
213
名無しさん@お腹いっぱい。
>>211
>だね。労力をかけた実証の意義を認めないと。
折角の労力を自らの真っ赤な思想で台無し
国家の略奪による格差の是正を戦争による破壊と言い換えるのを見るとかなりのクズだよな
214
名無しさん@お腹いっぱい。
>>210

> 税金とって社会保障の充実やって失敗してるじゃんアメリカにしかりフランスにしかり、日本でも、民主党が失敗した

確かに福祉国家はもう時代には合わないが、社会保障なしに経済が動くとは思えない
何か失敗して生活費なくなったらと思うと起業もできない

それと揚げ足とるようで申し訳ないが、これピケティっていうより新古典派じゃね?
215
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティって新古典派だよ。
マルクスと全然違う。
ピケティとマルクスの議論の本おもしろいと思う。
作りが甘いけどな。
って俺が作ったんだけど。
俺もカールマルクスでウィキの次にSEOが来るとは思わなかった。
216
名無しさん@お腹いっぱい。
資本主義のジレンマ読んでみ。
もうすぐ電子書籍化するしサイトでも見れる
120円だし。
217
名無しさん@お腹いっぱい。
>>214
>確かに福祉国家はもう時代には合わないが、社会保障なしに経済が動くとは思えない
社会保障をやるのが国家である必要もないけど?
218
名無しさん@お腹いっぱい。
>>214
それに
>何か失敗して生活費なくなったらと思うと起業もできない
こんな人間は最初から起業も投資もしない、できない
219
名無しさん@お腹いっぱい。
http://books.rakuten.co.jp/rk/977b7b0d4d403970aa2fbd3ea3bb5b1e/
俺の起業を見ろ!
生活費ない。
220
名無しさん@お腹いっぱい。
宣伝するな
221
名無しさん@お腹いっぱい。
>>210
民主党がなにか富裕層への大幅増税したか?
222
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティ自身はそれなりに偉大な功績残したと思うよ
ただそれをさ、経済学のプロが研究の一環で読んだりするのは当然として、
ちょっと小金持ちのビジネスマンたちが読書会とかキモいことやりながら読んでも、ファッションとしての経済学にしかならないってこと。
ピケティはそこまで分かっていて、なぜ世界の量的金融緩和がr増大の原資だって言わないんだ?
223
名無しさん@お腹いっぱい。
>>221
社会保障の充実で経済が活性化したか?
経済の活性化ができないと社会保障もできない
その結果が財政破綻=大増税
あ、消費増税の道を作ったのは野田じゃんw


>>222
言えるわけないだろ、ピケティにとっては政府は善であり、資本家は悪だから
政府が格差を作る諸悪の根源だとは認めるはずがない
224
名無しさん@お腹いっぱい。
不思議なんだがおまえは人を見下すために勉強してるのか?
他人がファッション経済学しようがどうだっていいだろ、そんなもんは
225
名無しさん@お腹いっぱい。
社会保障は経済活性化のためではない 社会の円滑な運営のためのものだ 何でそんなこともわからないやつがいるんだ?
貧乏人が増えたら治安が悪くなるだろ 犯罪は組織的にやったほうが効率がいいから
犯罪組織が育つ それが嫌だから社会保障や経済学があるんだろ?
わからないやつは政治や経済学を学ぶ意味が無いぞ
226
名無しさん@お腹いっぱい。
ただの感想だよ
ピケティの勉強会www
そんな時間と資金あるなら投資に回すべき
227
名無しさん@お腹いっぱい。
>>223
やはり。そこがピケティの限界だよな
228
名無しさん@お腹いっぱい。
>>225
社会保障は今後の資本主義経済の前では無意味となるだろうね
善悪ではないんだ、無意味なんだよ
229
名無しさん@お腹いっぱい。
もうグローバルに搾取の労働基準とか、格差考えないとダメだよね。
飢餓ウィキで見たら9億6000万人。ひどすぎるわ。資本主義のジレンマだよな。
230
名無しさん@お腹いっぱい。
飢餓の人間が投資するのかね
231
名無しさん@お腹いっぱい。
国際多層公共財が必要なのだよ
232
名無しさん@お腹いっぱい。
重要なのは格差の解消というより、底辺労働者の生活環境の改善なのよね。
格差の解消は目的というよりは、そのための手段
233
名無しさん@お腹いっぱい。
>>225
だから国家がやる必要ないって話だろ
政治家の人気取りや利権のために自分に関わる所に金を回す
それで何が解決する?
234
名無しさん@お腹いっぱい。
経営学アプローチでいうと、
学習理論ね。底辺労働者に再分配してというか俺底辺過ぎて起業家に
なったんだけど。職能学習の再分配をしないと。
俺も情報企業だから勉強が大変。
235
名無しさん@お腹いっぱい。
>>225
その社会保障のための税金負担が経済を悪化させているだろ?
それは無視か?
経済の活性化=投資を増やす事
投資に回るための金を国家が奪う事が経済を停滞させた
236
名無しさん@お腹いっぱい。
税負担はたしかに庶民の生活への圧力だけど、経済を悪化はさせないと思うけどね
その分国は借金できるのだから
徴税制という担保のおかげで。
237
名無しさん@お腹いっぱい。
>>236
>税負担はたしかに庶民の生活への圧力だけど、経済を悪化はさせないと思うけどね
企業に課税するという事はその分「庶民」に回る分の給料が減る事になるんだけど

国の借金にも限度があることを忘れずに

投資を理解できないピケティみたいなバカが経済を悪化させる
経済学者をやってられるよな、フランス人ってのは自分は金を払わない癖に他人に金を払わせるのが大好き

これってアカの特徴でもあるな
238
名無しさん@お腹いっぱい。
おいおまえ俺は起業したぞ
239
名無しさん@お腹いっぱい。
>>237
だから、増税で庶民の暮らしは苦しくなくるけどそれは経済の悪化にはならないから、ってか現になってないから。
むしろ原油暴落で庶民の増税負担は吹き飛ばしている。求人倍率も上がっているし、新卒はバブル並みの倍率、大企業の業績も好調でベースアップ。

国の借金には限度がないことを勉強したほうがいいね。資本主義経済の基本は先送りだよ。ギリシャ問題も財政の壁も何もかも。
どのみち企業好景気で税収アップ。国債の利払いに何にも問題ないね。
問題あれば増税すれば良い。
240
名無しさん@お腹いっぱい。
財政破綻、預金封鎖、ハイパーインフレ、すべて日本では今後何百年とないね。
量的金融緩和してアメリカも日本もインフレしたか?する気配がない。原油暴落でむしろ今年前半はデフレで黒田も困ってるだろ?
むしろ景気は改善している。長期金利も低下したまま安定している。株価は急上昇経済には問題ない。その担保こそが徴税権であり庶民の生活苦だよ。
では庶民は何をすべきだったか?ここでピケティのデータだよ。投資資金を確保し、リーマンショック後、あるいはアベノミクス開始後から株式投資すべきだったね。
241
名無しさん@お腹いっぱい。
r>g
まさしくその通り。
242
名無しさん@お腹いっぱい。
>>223
格差をつくるのは市場でしょ
フリードマンとかファックだね
243
名無しさん@お腹いっぱい。
完全競争市場じゃない市場の失敗が資本主義のジレンマ
244
名無しさん@お腹いっぱい。
>>239
そもそも求人倍率等と増税の関係は?
そもそも株高と関連性の方があると思うが?
https://twitter.com/akichi_3kan4on/status/535758015421349888/photo/1

>国の借金には限度がないことを勉強したほうがいいね
国債を買ってくれるところがあればだろ

アホかお前は
245
名無しさん@お腹いっぱい。
>>240
原油暴落でなぜ株が下がっているかお前は原因はわかっているのか?

>量的金融緩和してアメリカも日本もインフレしたか?
少なくともアメリカはなったよ
直接金融が強いからな…
実際に物価が上がったのはアメリカではなくイスラム圏
その結果がアラブの春だろう?
246
名無しさん@お腹いっぱい。
>>ID: yJxsEWZH
お前は増税されたのが消費税だけだと思っている様だが、相続税も増税されたのを忘れてないか?
それに、株等の譲渡益の課税も10%が20%になった、戻った

投資を減らすために一生懸命なのがピケティのようなアカ
247
名無しさん@お腹いっぱい。
>>245
別に株は下がってないだろ
短期的に反応しているだけでwww
今後は商品安と株高の時代が続くだろうな
248
名無しさん@お腹いっぱい。
>>245
ディスインフレで利上げの時期が遅れてるの知ってるか?
まあ、それでも原油安が一巡でアメリカは今年利上げが来るだろうね
しかし、それもまた成功せずに数年以内にQE再開だよ
249
名無しさん@お腹いっぱい。
>>246
だからなんだよ?
その程度では投資資金があるものとないものとの差は縮まらないだろうな
0と1では大きく違う
庶民の増税が一番格差を招く
250
名無しさん@お腹いっぱい。
>>244
求人倍率と増税の関連性なんてないが?なにその質問?聞く人間違えてない?
251
名無しさん@お腹いっぱい。
>>244
日本国債はいくらでも買い手があるね
今後新興国をはじめとする海外も買わざるを得ないだろう
252
名無しさん@
反「安倍」、反「軍国主義」 反「レイシスト」 行動集会へ
2015年 4/4(土) 集合場所、総理官邸前交差点 ⇒ 集合時間 14:30
担当 ⇒ 勝俣一生、塚林弘樹     (野村證券)

反「安倍」、反「軍国主義」 反「レイシスト」 行動集会へ    歴史修正主義・人種差別・排外主義者たちに断固抗議を
安倍政権は集団的自衛権の行使を合憲とする解釈を閣議決定した。このことから将来、日本が戦争行為をすることの承認をしたことになる。
そして過去の侵略行為と植民地支配を正当化する安倍政権の歴史修正主義・レイシズムと、国際社会に対する挑発行為に対して強く抗議し、叱りに行く。
趣味の悪い国家主義に心酔する安倍政権は危険な存在であるともいえる。
戦争を知らない世代である安倍晋三が、アホ面かまして安全保障について語る姿は国家への侮辱である。
そして安倍晋三は先の戦争を反省し、中国の抗日戦争勝利記念日の記念行事への招待を受け、出席すべきである。
★★★★★★★★★★★頭の悪いナショナリズムに傾倒している 安倍晋三のお友達★★★★★★★★★★★
山谷えり子・国家公安委員会委員長(在特会と懇ろ)、下村博文・文部科学大臣(日本会議構成員、暴力団関係者から献金)、稲田朋美・自由民主党政務調査会長(ネオナチ団体と親密な関係)
253
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティ信者の主流=非正規とか派遣社員とか引きこもりの底辺層が
資本家との格差を是正しろとか現実逃避もいいところじゃん
世の中金が全てなんだから他人に嫉妬するんじゃなくて
金がない手前自身を嘆くべき。不満があるなら自分を変えろ。
254
名無しさん@お腹いっぱい。
俺は起業した。俺は変える底辺だ
255
名無しさん@お腹いっぱい。
>>253
>ピケティ信者の主流=非正規とか派遣社員とか引きこもりの底辺層
これ本当?
ピケティみたいに実証できる?
256
名無しさん@お腹いっぱい。
>>255
すでに、所得、職業、課税額、学歴、家族構成はおろか時間の使い方、ネットへの書き込みまでを国民番号でひも付けたセンサスデータを総務省が作成しててだな、…
おや、誰か来たようだ
257
名無しさん@お腹いっぱい。
サヨクという生物は人間が平等だとかションベン臭い理想を掲げるガキなのだよ。
無一文の派遣社員と億持ちの人(犯罪者は別)の格差を問題にするなんてナンセンス。
そもそも身分が違うじゃん。
258
名無しさん@お腹いっぱい。
インドで「集団カンニング」 校舎よじ登り親が子にペーパー渡す… 生徒600人退学
http://www.sankei.com/world/news/150322/wor1503220019-n1.html

米ハーバード大学、一段と狭き門に-合格率は過去最低の5.3%
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NM5O296K50YB01
入試担当者の約4分の1は、能力に劣る応募者の入学を認めるよう圧力を受けている。
卒業生の子息、兄弟などを優先と回答したのは16%に上った。
259
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティ批判するなら ピケティに匹敵するデータを示せ
それをせずに批判は無理だろw
260
名無しさん@お腹いっぱい。
コテコテの左翼じゃん。格差がいけないだの資本家の富を奪えだの共産党と同じ。
261
名無しさん@お腹いっぱい。
経済と統計の正しい使い方を知りたいなら
「ローソク足パターンの傾向分析 ──システムトレード大会優勝者がチャートの通説を統計解析 現代の錬金術師シリーズ」
を読むといい。よっほど役立つし膨大なデータを扱っている。
262
名無しさん@お腹いっぱい。
>>259
格差を無くそうとした社会主義が没落したのはなぜ?
263
名無しさん@お腹いっぱい。
中国やロシアだからだ もし日本でやってればまったく違う結果がでただろう
264
名無しさん@お腹いっぱい。
>>263
先進国で社会主義が主流にならないのはなぜ
265
名無しさん@お腹いっぱい。
アホか不完全とはいえ市場経済だからだ
266
名無しさん@お腹いっぱい。
年功序列、終身雇用の事を日本型社会主義なんて呼ぶ事もあったな
267
名無しさん@お腹いっぱい。
>>265
市場経済から社会主義への移行はあり得ないの?
268
名無しさん@お腹いっぱい。
>>267
我々は資本主義、格差社会、再分配、格差流動で生きるしかない

なぜか社会主義モデルがない。


穴丸クーポン社会主義は論理的に無理
なぜか?
株式は資金集めのためにやるのでプリンシパルエージェントがうまく機能しない。

計画経済はスーパーコンピューターでも無理

なぜか? 進化経済学ハンドブックを参照せよ.俺のレベルを超えてる

アロードブリュー一般均衡経済が実際にあり、人々がコモディティ商品
デ満足すれば成り立つが実際にそんな経済は存在しない

なぜか、完全競争市場だけでは資本主義と同じ経済は支えきれない。
269
名無しさん@お腹いっぱい。
バカな俺にも分かるように頼む
270
名無しさん@お腹いっぱい。
どのくらいバカだ?
スペックを頼む。
271
名無しさん@お腹いっぱい。
マンキュー入門読み終わった程度
272
名無しさん@お腹いっぱい。
じゃあ明日以降な。今日は寝る。
273
名無しさん@お腹いっぱい。
よし交換条件と行こう。君のレベルでこの問題で知りたいことをあげてくれ
これで等価交換だ。2chのレスだとこういう公式でくらいのレスしかできないけど
本を買ってくれれば全部わかるようにする。俺は経済ライター目指してんだ。
むしろ将来のお客様だ。よろしくお願いします。
274
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティが解説、中国が「新常態」に突き進む必然 (4ページ目):日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150403/279549/?P=4
 「中国政府は財産を再分配できる制度を速やかに取り入れるべきです。驚くべき
ことに、中国には相続税がありません。それは、格差を助長させる要因にもなっ
ています。資産を持つ者に対しては相続税を課すべきです。加えて中国政府は、
所得税の納付状況を透明化した方が良いでしょう。それは、政府に対する国民の
信頼を高めることにつながるはずです」

 「人口の減少は、中国のGDPに確実に影響を与えます。2030年以降、中国の
人口は減り始めます。同じ人口が多い国でも、生産人口を依然多く抱えるインド
と高齢化が既に始まっている中国とでは、中身が全然違います。これから人口
ボーナスが期待できるインドと、それが消失しつつある中国では、今後たどる道
は明らかに違ってくるでしょう」
275
名無しさん@お腹いっぱい。
>>268

まずアナリティカルマルキシズムというのが資本主義と同じで、
株式だけクーポンにして平等にして配ろうとする社会主義モデ
ルを作ったんだよ

でも株式って、金を集めるから権力になるだろ?
だからクーポンの株は権力にならないから無効というわけさ。

計画経済が無理なのは数式的に俺のレベル超えてるんだがそういうことだ。
塩沢の複雑系経済学入門や進化経済学ハンドブックで勉強してほしい。

厚生経済学の第二定理というのがあって、これは神取ミクロとドウリング
で学ぶといいよ。ほとんど共産主義みたいになるんだ。
でも実際には完全競争市場だけって無理だからだめってコト

わかっていただけたかな?

ではこのこの記述でわかるか?
君くらいの経済学入門者が何を知りたいか?
質問に答えていただければ幸いです。
276
名無しさん@お腹いっぱい。
ごめん安価ミス
>>269さんへのレス。
277
名無しさん@お腹いっぱい。
社会主義では淘汰が発生しないから淘汰がある市場主義より進化の効率でまけたと聞いた
278
名無しさん@お腹いっぱい。
http://kurosiro1.hatenadiary.jp/entry/2015/04/07/114516

リカードモデルの問題点
279
名無しさん@お腹いっぱい。
淘汰効率というのはあるかもしれない。
280
名無しさん@お腹いっぱい。
http://jpnews.blog.jp/archives/1023746452.html
ピケティ氏が豪遊三昧、フランス
281
名無しさん@お腹いっぱい。
>>274
ピケティさんの理想のはずの計画経済の実態ですよ
権力は必ず腐敗する
官僚主義と破壊は何も生まない
282
名無しさん@お腹いっぱい。
>>280
jpnは逝ってよし
283
名無しさん@お腹いっぱい。
昔は弱気の武者さんと呼ばれてた人だが、アベノミクスで超強気
まさしく安倍代弁者として活躍中の御仁だが言ってることはある意味正しい

ピケティ氏、水野氏を超える論点、r1>g>r2 をどう解くか
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43451
284
名無しさん@お腹いっぱい。
競争原理もだめだけどね 結局評価される部分だけが異常に発展しさらにはごまかし行為(粉飾など)が発生する
フェアな競争など無いとも言える
285
名無しさん@お腹いっぱい。
競争が無い方がアンフェアーじゃん
他者の参入を拒み一部だけが恩恵を得る
その結果が格差だろ
286
名無しさん@お腹いっぱい。
何も手を出さなくても、一定のバランスで富が流動するようなモデルが出来ればいいのに。
287
名無しさん@お腹いっぱい。
自分でr側に回ればいいじゃん
それをしない、したくない奴が格差で文句を言う人間のほとんど
288
名無しさん@お腹いっぱい。
各国が凌ぎを削る帝国主義、
一国が支配し自由貿易を保証する自由主義
この二つが交互に来る
今は帝国主義時代であと35年続く
というのが柄谷行人の見たて
ピケティは周期性を軽視するが

結局ゲゼルの減価マネーが解だが
まだ今は情報共有の時期だ
289
名無しさん@お腹いっぱい。
帝国主義時代の植民地経営が本国の持ち出しで赤字だから第二次大戦後ばっさり切ったんだろうに…
290
名無しさん@お腹いっぱい。
今後、アメリカが「植民地」利権を簡単に手放すだろうか?
次の覇権国家はインドだろうが、かなり先の話だ。
291
名無しさん@お腹いっぱい。
トッド経由だが、インドに関してのピケティの分析>>274は正しい
292
名無しさん@お腹いっぱい。
>>290
>今後、アメリカが「植民地」利権を簡単に手放すだろうか?
手放すつもりがあるから日本に軍事力を強化しろだの中東から手を引くためにシェールガス革命だのやってんだろ
特にオバマ民主党は…
293
名無しさん@お腹いっぱい。
基軸通貨はドルのままだし
沖縄基地も手放さない
294
名無しさん@お腹いっぱい。
今は帝国主義の時代だから
アメリカも覇権を争うone of themに見える
覇権国家に必要なのは大義だ
自由と平等は背反する
多分ガンジーの理念だけがこれを乗り越えられる
295
名無しさん@お腹いっぱい。
>>293
>沖縄基地も手放さない
バカな左翼系は中国とくっ付きたいらしいから沖縄独立を唱っているじゃん
覇権国家はアメリカよりも中国でしょ
基本金くれ金くれのコジキで金がかかる植民地だよね


そもそも、ガンジーは平等主義なのか?
たしかヒンドゥー教を擁護していたしカーストやその起源のついてはゴニョゴニョ…
所詮特権階級の人でしょw
296
名無しさん@お腹いっぱい。
ガンジーは地域コミュニティー主義だ インド人同士で争っているから外国の植民地になり
インドに住む人々全体の地位が低下していた そこに気がついてインドという地域コミュニティーを
確立させ独立に導いた 地域コミュニティーの集合体がグローバル世界だ
TPPは地域コミュニティーを軽視しすぎている 必ず問題が起きて頓挫する
297
名無しさん@お腹いっぱい。
EUが直面している問題と同義か
298
名無しさん@お腹いっぱい。
>>296
>確立させ独立に導いた
だから言ってるじゃん金ばかりかかる植民地を切っただけ
299
名無しさん@お腹いっぱい。
>>297 その通りです
>>298 インド人が連携してイギリスのメリットを潰したからだ 地域コミュニティーを無視していては
経済成長や経済発展などは必ず行き詰るということだ
300
名無しさん@お腹いっぱい。
>>280
ガセネタサイト氏ね
301
名無しさん@お腹いっぱい。
>>299
>インド人が連携してイギリスのメリットを潰したからだ
ぷ、だから植民地経営で儲かった国はないだろ

左翼ってバカしかいないの?
302
名無しさん@お腹いっぱい。
>>301 お前のような無知を相手しても仕方ないが教えてやるw
植民地が儲かったからやっていたんだろw イギリスが世界大戦前は世界一の
金持ちでポンドが世界通貨だったのを知らないのか? まず経済史を最初から
やりなおしたほうがいいぞ
植民地の住民の搾取がひどすぎて 住民の反感が大きくなり何かのきっかけで一斉に
爆発するようになり維持費のほうが高くなったのが撤退理由だ
住民がばらばらで足を引っ張り合っているうちはコストがかからなかった つまり儲かっていた
303
名無しさん@お腹いっぱい。
シベリアは反発あったけど儲かってるな。
インドや中東に関してはインテリが共産主義者だった側面もあるし、
植民地の独立に関してはどっかしら大国の影響の方が強くて
地元民の力なんて大した事なかろう。
アイルランド独立も結局はイギリス内戦だし。
304
名無しさん@お腹いっぱい。
>>302
>植民地が儲かったからやっていたんだろ
植民地支配はもうかったのか
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51878475.html
植民地が少ない国ほど経済的に成功?ドイツと日本の繁栄の理由
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-3889.html
大赤字の植民地経営
http://ameblo.jp/urutora5963/entry-10022548727.html
305
名無しさん@お腹いっぱい。
>>304
>長期的にみると、初期の重商主義時代にイギリスが植民地(特に北米)から得た利益は大きく、この富によって大英帝国は世界市場を支配した。

儲かった。

>かつて日本が朝鮮や台湾に対して行った植民地支配は、
>たとえばイギリスがインドに対して、オランダがインドネシアに対して、
>またはアメリカがフィリピンに対して行った植民地支配とは明らかに様相が異なっている。

日本だけ儲からなかったってことじゃないの

このことは別に日本人が道義的に正しかったってことを含意しない
要するに持ち出しで勝手に道楽やった馬鹿
306
名無しさん@お腹いっぱい。
>>305
イギリスにしても19世紀以降は儲からなくなってたからだろ
つまり、お前が言うように植民地支配で儲かる時代じゃなくなったって事だ

いい加減そこに気づけよどあほ
307
名無しさん@お腹いっぱい。
×儲かる時代じゃなくなった
○単に不振の波が来ていただけ

シベリアも同様だが、結局ソ連時代には収益を上げてるんだよ。
もちろん、開発が進みすぎて環境破壊という負の側面もあったけどな。
308
名無しさん@お腹いっぱい。
日本の植民地政策は搾取が目的ではない 何でそんなことも知らないんだ?
結果的に搾取もしていたが本来の目的はアジアの底上げだ アジア全体が発展して
強くなれば欧米の脅威から日本を守れるという思想だ
実際に戦後アジア諸国が独立して西欧の脅威は去った 日本も焼け野原になったけどね
309
名無しさん@お腹いっぱい。
>>306 グローバル化の中で育ってきたのがナショナリズムだ 地域社会の重要性が生まれ育ったのだ
それをTPPは再び破壊しようとしている EUを見てもわかるように無理がある
なんでも自由にすれば発展するわけではない ある程度の制限があったほうが健全で継続的な
発展が出来る
310
名無しさん@お腹いっぱい。
>>309
>グローバル化の中で育ってきたのがナショナリズムだ
はぁ?
元々あったクダラン民族主義に乗っかって底辺がホルホルしているのがナショナリズムだろうw
愛国を唱えて、生活保護をもらうのが目的のネットウヨ=民族主義を語ったコジキ行為=サヨク
ナショナリズム=コジキ&強盗行為の正当化
311
名無しさん@お腹いっぱい。
>>308
>日本の植民地政策は搾取が目的ではない 何でそんなことも知らないんだ?
だからそれがどうした?
日露戦争で負けてた方が海洋国家として生きるしか方法がなくなり
逆に良い方向へ経済発展した可能性もあるんだが?

第一次大戦以降というよりもロシアが崩壊してソ連になった以降はどこも植民地経営で食えなくなった
それだけ
312
名無しさん@お腹いっぱい。
コジキ&強盗行為が起きる原因を作った強国に対する不満が民族の団結を生み独立
運動へ導いた 今まで民族意識が無くばらばらで同じ民族で足を引っ張り合っていたものたちが
次第に団結するようになり植民地経営は行き詰ってきた 何度も言わせるな愚か者w
313
名無しさん@お腹いっぱい。
あなたチョンですね?
314
名無しさん@お腹いっぱい。
>>312
>次第に団結するようになり植民地経営は行き詰ってきた 何度も言わせるな愚か者w
アホ、産業革命以降、戦争のコストが増大したのと同じ様にインフラの整備のコストも増大化したから割に合わなくなった
金さえかからなければそれこそ軍隊を使って黙らせればいいそれだけじゃん

アホな左翼は民族の団結が…ry
右も左も乞食行為が大好き
315
名無しさん@お腹いっぱい。
生産活動最大のコストは人件費
インフラは理由にならんて。
316
名無しさん@お腹いっぱい。
>>314 インフラコストは本国も一緒だろw 軍隊のコストが大きくなったのが撤退の原因だ 
セポイの反乱まではインド人同士が戦っているだけだったが これ以降はイギリス人対インド人の
構造が出来上がってきて軍事コストが増大したんだぞ 経済以前にもう少し一般常識を
勉強しろよ お前は無知をさらしているだけだぞwwwww
317
名無しさん@お腹いっぱい。
個人的な見解だが反植民地運動の引き金は日露戦争だろうね

でも、王族を中心とする既存の血族的な共同体ってのは
植民地帝国主義にいの一番に懐柔される対象になるから
既に植民地になっている国で王族にこだわるのはかえって頸木になる傾向がある。
たとえば、ヨルダン王家はクライシュ族で、ムハンマドの血統を受け継ぐ
正統カリフアリーの子孫で、代々メッカの管理をしてきた名門中の名門で
アラブ人によるイスラム共同体を指導するに十分な立場にあるが
彼らはトルコから独立するためにイギリスに協力し、結局独立するために
二枚舌外交を受け入れてヨルダン川の西側にユダヤ人の国を建てることを認めた。
しかし、王家が勝手にしたその約束は
アラブが英米の秩序から脱するためにはかえって邪魔になる。
結局、今のアラブ諸国の独立が世界的に認められているのはヨルダン王家のおかげだが
王家はアラブ人から恨みを買うことになった。

ことほど左様に既に植民地になった国で王家は独立運動の中心になることは困難であり
その間隙をぬうように浸透したのが共産主義勢力。
そのイデオロギーに染まった国は例外なく衆愚の波に襲われた。

日本がいち早く開国に踏み切ったのは幕府の英断であったが、
一方開国するとき、孝明天皇が頑として抵抗したのも英断だったとしか言えない。
318
名無しさん@お腹いっぱい。
>>316
>インフラコストは本国も一緒だろw
本国だけでも大変なのに他所に建設して経済的にプラスになるのか?
だから韓国での植民地政策は赤字なんだろうがw
軍隊自体が金が掛かるようになったんだが?
それこそ日露戦争以降、戦争につまり軍隊を維持するのに金が掛かるようになった

>個人的な見解だが反植民地運動の引き金は日露戦争だろうね
お前の願望じゃん
民族主義ごっこが大好きなアホ
319
名無しさん@お腹いっぱい。
>>318 >>311でループに入るw もうこの話はこのぐらいにしよう 無理だw
320
名無しさん@お腹いっぱい。
>>318
日本の本土との平等な環境をめざした植民地経営は最初から赤字覚悟でしょ
失敗もしてないよ。

英国のように市場の独占を目的とした植民地経営は
資本家が儲かる構造は今と変わらないが、
商品の売り上げ利益の分配は英国労働者だけに回り、
植民地の労働者に回らなかった。
植民地側の手工業が破壊され、代わりの産業を考えることもせず
一次産品の供給という役割しか与えなかったから、富の吸い出しが起こった。
その不満から反植民地運動というか抗議運動が起こったのでは?
これは植民地一般の事象ではないし
英国が譲歩すれば止む運動であって、反植民地運動とまでは言い難いと思う。
ムガル帝国のように宥和政策をしていれば起こらなかったことだよ。
まぁその反英意識が現インド国内の民族的結束を促したのは事実だろうけど
世界の欧米秩序に対する非白人民族による団結と抵抗運動という意識にまでは
達していなかったと思うよ
321
名無しさん@お腹いっぱい。
インフレとか本当に判ってるのかよw
借金しといた方が良いのはハイパーインフレが起きる時だけ
その時には国民の現金性資産は吹っ飛ぶがな
国の方針って、正直臨財債もいずれバックレると思っておいた良いと思うよ
元々国が借金して穴埋めしていたのを、法律を変えてまで地方に付け替えるなんて、どう見てもバックレる気満々
どのタイミングで国が臨財債を埋める金を回す余裕が出てくる見通しがあるんだよ
ピケティが言うように資産を積んで資本収益を上げる方が成長よりも稼げる、ということは借金はその逆が起きるということなんだよ
今更貯金をとは言わんが、資産性でない借金は避けて置いた方が良い
322
『佳子様』の『彼氏事情』を【暴露!!】
.
【注意:これは『満洲事変』に繋がる話です】〔あなたを絶望の淵に落とします〕
『NEVARまとめ』にて大解放!!
http://matome.naver.jp/odai/2421979388269131701
※GoogleやYahooでの検索ワードは

『かこ様 かれし』

上記の検索ワードで要チェック!!≪衝撃の実態を知る事になります≫***後悔しないで下さい***
※検索結果の3番以内に、【婚約]秋條宮の圭子・・・が出てきます。
323
名無しさん@お腹いっぱい。
今後起きることは国際的米国債の売り圧力。
米国債10年物利回りが2%を超えて上昇し始めると、一斉に米国債売りの流れが加速し、国債市場、株式市場、不動産市場が暴落に向かうだろう。
「米国債市場が暴落の発端になる」と私が言ってきたが、その通りの様相になってきた。
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h27/jiji150430_980.html

日本はアメリカの国債の25%を所有していますが、それを引き出すとアメリカ経済も駄目になり、世界経済全体が破綻します。
maitreya/mai_03_02.html

株式市場の暴落が起きるとき、それが最終的な暴落であることがはっきりするや否や、マイトレーヤは出現するでしょう。
magazines/ahjzfl-1/pzytyf/u4t847

マイトレーヤの唇からますます厳しい警告と重みが発せられることを覚悟しなさい。
magazines/ahjzfl-1/pzytyf/u4t847

マイトレーヤは次のように勧告された。

「株式暴落の後における政府の第一の義務は、人々を正しい食物で養うことである。そして最後に防衛である。
 暴落は優先されるべき物事の順序の再検討につながるだろう」
magazines/si5n7k/04zpzf/bf1tqd

マイトレーヤは繰り返し次のように言われる――

株式市場は、賭博場のようなものである。かれらは自分の財産を隠し、そして犯罪的雰囲気さえも創出している。
日本で始まる株式市場の崩壊は世界中に反響するであろう。その後すべての政府の優先事項が変わるであろう。
magazines/lutefl/fkmww5/sui4zj
324
名無しさん@お腹いっぱい。
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1393514224/35
  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
325
名無しさん@お腹いっぱい。
          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       >>1が糞スレ             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             立てている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...  
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~     
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___ 
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~                   /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|                    「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
        |     ))|                     `-◎──────◎一'
326
名無しさん@お腹いっぱい。
すいません誤爆しました
327
名無しさん@お腹いっぱい。
経済ブログはじめてみました。

良かったら覗いてみて下さい。よろしくお願いします。


http://keizai-blog.blog.jp
328
名無しさん@お腹いっぱい。
ブックオフ ピケ本の山www
http://koigakubo.seesaa.net/article/411771703.html



ってかみんな知ってるかwwwww
329
名無しさん@お腹いっぱい。
そう思ったら張るなよ
330
名無しさん@お腹いっぱい。
>>328
まだ108円になっていないか
331
名無しさん@お腹いっぱい。
>>328 一回読めばいいからなw 所詮経済学の本だからね
332
名無しさん@お腹いっぱい。
>>330
アマゾンじゃ、まだ中古で4397円だぞ…
333
名無しさん@お腹いっぱい。
経済学関係の話題について話し合いたいならおすすめかと。
よかったら見てみて。
https://blngs.com/
334
名無しさん@お腹いっぱい。
経済学関係について語り合うならここがおすすめ。
よかったら、見てみて。
https://blngs.com
335
名無しさん@お腹いっぱい。
イヤです
336
名無しさん@お腹いっぱい。
これって発見じゃなくて
証明だよね
資本家が労働者よりも金増やしてるなんて
みんな知ってたし
それを数字で表しただけだと思うんだけど
337
名無しさん@お腹いっぱい。
「だけ」とか…それって研究として十分に評価されることなんだが
頭沸いてんの?
338
名無しさん@お腹いっぱい。
技術が進めば労働価値がゼロに収斂することは明白なので驚くような発見ではないな。
339
名無しさん@お腹いっぱい。
>>337
>「だけ」とか…それって研究として十分に評価されることなんだが
問題なのは自分の都合のいいようにデータを改ざんまでしちゃった事でしょ
340
名無しさん@お腹いっぱい。
>>339
それは初耳
341
名無しさん@お腹いっぱい。
散々出てるだろ…
土地の価格じゃなくて賃貸収入でないとおかしいとか…
戦争が格差をなくしたじゃなくて国家による統制が格差をなくしたのが正しいとか

資本家を悪に見せるための誇張と国家を悪にしないために戦争による破壊を悪に仕立てるのがピケティのやり方

最近じゃタックスヘブンにあるはずの財産は嘘じゃないかという指摘もある
資産運用の信用取引で資産にレバが掛かっているから数字が合わないんじゃないかと
342
名無しさん@お腹いっぱい。
これだけの議論を巻き起こしたんだから、価値はあったな
343
名無しさん@お腹いっぱい。
でも、既に金儲けして過去の人
たくさん課税して格差を無くして貰えばいい
344
名無しさん@お腹いっぱい。
戦争による破壊を悪に仕立ててたっけ?そんな内容あったか?
345
名無しさん@お腹いっぱい。
格差を無くしたものが戦争による破壊って白熱教室で言ってたじゃん
実際クダラナイ本でも戦争が格差をなくしたとしか言ってないだろう
戦争後に預金封鎖等をした事を無視しているのがピケティ
346
名無しさん@お腹いっぱい。
それが悪に仕立ててるってなるのか?
347
名無しさん@お腹いっぱい。
してないとでも?
格差を是正したのは国家による統制と戦後の『国民財産の略奪』行為が原因であって
戦争そのものじゃないけど?
それを戦争がと言い張る理由は、国家を正義にしないと困るからだよな?

もっとも、戦争を起こすのも国家だが
348
名無しさん@お腹いっぱい。
格差の是正が悪って言いたいのか?
ピケティは善悪ではなくただの事実として言ってただけだと思うが
349
名無しさん@お腹いっぱい。
格差を悪だと言っているのがピケティで
そしてそれを是正するのが国家の仕事だと言っているだろ?
ところが実際は、その国家こそが自分たちと癒着した資本家への富の分配を最優先している事実は無視している

戦争をやるのは誰?
そしてその尻拭いで資産を国家に奪われたのは資本家でも国家と癒着してない連中がほとんどで、実際は金持ちも貧乏人も関係ない

格差についても平気で嘘をついているのがピケティ
低成長で格差を生むのではなく、高成長こそが格差を生む
都合のいい様にデータを改ざんするのは腐れ経済学者のよくやる手法
350
名無しさん@お腹いっぱい。
>>349
>格差を悪だと言っているのがピケティで

それは道徳的な善悪基準で悪だ、と言っているのではなくて、
ピケティは「社会を不安定化させる」という言い方をしている。
351
名無しさん@お腹いっぱい。
先入観での決めつけありきの批判はメンドクサイ
そもそも読んですらいなそう
352
名無しさん@お腹いっぱい。
>>350
>「社会を不安定化させる」
それを悪だというんじゃないのか?
社会を安定化させる事が悪だと言いたいのか?

あ、正確には、資本家が悪だもんな
だから国家を使って悪の権化たる資本家をやっつけましょうがピケティ

資本主義の国から見れば社会を不安定家させるアカであるピケティこそが悪だよなw

>>351
へ~本を読んでいるのに中身を理解しないお前みたいなバカがいるんだ
353
名無しさん@お腹いっぱい。
まず「国」の認識からおかしい
354
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティ自身、格差や所得の認識が変だし
結局根本の部分が明確になってないと論としての意味が無いのよね。
355
名無しさん@お腹いっぱい。
>>353
>まず「国」の認識からおかしい
お前の国の認識がか?

>>354
歴史から経済を云々と言いながら、文学がその原点だからな
赤い運動をやりすぎて没落した一家の金持ちに対するルサマンチンでしかないからな
356
名無しさん@お腹いっぱい。
未だにピケティがソシアリストだとか言ってるのは、もはやデマゴギーそのもの。
彼の著書のどこに独占的企業を社会的に規制しようとか、労働者を生産の主役にしようとか言ってるというのか?
左派的な方面からは、その様な著書の限界性なるものを主張されているほどだ。
357
名無しさん@お腹いっぱい。
国家が資本家の財産を取り上げてばらまけってのがピケティのいう格差是正策だろうが?
日本共産党の主張と一緒
358
名無しさん@お腹いっぱい。
万里の差があるのに雲も煙もいっしょだというごときまとめ方だな
359
名無しさん@お腹いっぱい。
どこの章にあるとか何ページに書いてあるとかがあればわかりやすくなる
360
名無しさん@お腹いっぱい。
>>358
>万里の差があるのに雲も煙もいっしょだというごときまとめ方だな
へ~金持ちに課税して格差を無くせってのがMr.ビーンと椎茸の政策だろ

同じじゃないか
ビーンは正しいが椎茸はカス?
それともその逆?

嘘つきはアカの始まり
361
名無しさん@お腹いっぱい。
共産主義は私有財産禁止してるでしょ
共産主義や共産主義への移行を予定している社会主義とピケティは明らかに異なる

ピケティは格差の拡大を否定しているだけであって
経済成長は否定してない。むしろ積極的にすすめている。
金持ちがお金を投資に使わないから成長しない
成長しないからお金が回らない。それを批判している。
共産主義の結果の平等よりむしろ機会の平等を整えようとしていえる

簡単に言えば、年俸1兆の金持ちと年俸100万の貧乏人がいたとして
金持ちを1兆をとりあげて、金持ちと貧乏人に半兆ずつ分けるのが共産主義だとすれば
ピケティは金持ちから数百万別途税をかけて公共事業や社会保障などに使おうってスタンス
362
名無しさん@お腹いっぱい。
>>361
>金持ちがお金を投資に使わないから成長しない
ここが間違いなんだけど?
Aという国(先進国)に投資しない代わりにBという(発展途上国)に投資しているからA国は成長しないが正しい
ローカルとグローバルを自分の都合のいい様に説明しているのがピケティの説の特徴

>共産主義の結果の平等よりむしろ機会の平等を整えようとしていえる
ピケティやそれを利用しようとしている連中は結果の平等を求めているんだけど?
投資のリスクを無視して国家が資本家から金を取り上げて自国へ使うという事は
それこそ上記の
Aという国(先進国)に投資しない代わりにBという(発展途上国)に投資
という機会の平等を邪魔してんだが?

お前はそれを機会の平等だと言い張る馬鹿か、詐欺師のどちらかか、その両方だ
363
名無しさん@お腹いっぱい。
お前ら歴史を学べよ アダムスミスが資本主義と自由経済がすばらしいと言った約百年後に
資本主義と自由経済は体のいい奴隷制度だとマルクスが批判し さらに数十年後に金持ちを皆殺しにして
ソ連が生まれた 一方 同時にイギリスではゆりかごから墓場まで国が面倒を見るといわれる政治体制になって
革命を防いでいた
第二次大戦後共産主義が強かった次代はアメリカも重い累進課税と労働者保護が充実していたがソ連崩壊前後から
ソ連崩壊前後から 露骨な資本主義政策を取り始めて格差が大きく広がり始めた
日本も金融ビックバンで資本主義に大きく舵を切って格差が広がり始めた
そんな時にピケティが話題になっている 歴史の流れの中では必然なんだよ
364
名無しさん@お腹いっぱい。
>>363
>第二次大戦後共産主義が強かった次代はアメリカも重い累進課税と労働者保護が充実していたがソ連崩壊前後から
計画経済だけじゃなく、社会保障充実の社会主義=大きな政府じゃやっていけないから崩壊したんだろうが…
>そんな時にピケティが話題になっている 歴史の流れの中では必然なんだよ
もはや、そんな人いましたねだろ

的外れなお前はMr.ビーン並のアホ
365
名無しさん@お腹いっぱい。
>>361
共産主義について何もしらんなら
黙ってた方が良いぞ。
366
名無しさん@お腹いっぱい。
そいつ前スレから居着いて暴れてるヤツだよ
見た通り触ってもピントのズレたレスしか返ってこないし放っとけばいいさ
367
名無しさん@お腹いっぱい。
>>362
つまりA国は衰退するのが正しい自由主義ということか、おまえの中では。
そりゃ誰も話に乗らないわけだわ
アメリカでリーマンショックがおきたときオバマが銀行や企業を助けたが
それもおまえの中では間違いというわけだな
もちろん、独占禁止法も自由な商売を妨げる悪法の一つだよな
368
名無しさん@お腹いっぱい。
>>365
じゃあ定義を教えてくれ

共産主義の要件と、それが正しいと言える資本論あたりの引用を。
369
名無しさん@お腹いっぱい。
>>367
>アメリカでリーマンショックがおきたときオバマが銀行や企業を助けたが
>それもおまえの中では間違いというわけだな
それに怒ったのが、99%を名乗る連中で、どこかの通りを占拠したんだけど?

それを勘違いしてか、意図的に利用して1%が悪い、だから国家が経済に介入すべしと言っているのがピケティだ
ピケティ賛否でわかるアメリカ経済の対立軸
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2015/02/post-716_2.php
ウォール街占拠デモ」に参加した若者の主張というのは、必ずしも「ウォール街に代表される資本主義」を敵とみなしてはいなかったのです。
彼らが最も厳しく批判したのは、「多くの社員が高給を得ているウォール街の金融機関」が、リーマン・ショック後の金融危機に際して「公的資金の注入」を得て救済されたことが「不公正」だというものでした。

お前はそういった情報すら手に入れようとしない馬鹿なのか?
370
名無しさん@お腹いっぱい。
更に追加するならばリーマンショックの原因を作ったのは政府だ
サブプライム問題はなぜ起きたのか
http://www.systemicsarchive.com/ja/a/subprime.html
3. サブプライム問題は政府の失敗である
普通の民間金融機関が、返す見込みの少ない低所得層に巨額の融資を行うといったことが、レッセ・フェールの市場経済で、大規模に自然発生するなどということはありそうにないということぐらい、
少し考えればわかりそうなものだが、多くの人は、ブッシュ共和党政権が、市場経済を自由放任した結果、サブプライム問題が自然発生したと考えている。
しかしながら、サブプライム問題の発端を作ったのは、ブッシュ共和党政権ではなくて、クリントン民主党政権であり、しかも、それは、市場の自由放任ではなくて、政府による市場介入によって発生した。

クリントンは、低所得者にもマイホームを提供しようというリベラルな動機から、ファニーメイ(連邦住宅抵当公社)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)という政府系住宅金融会社に圧力をかけて、返済能力の低い人たちへの貸し出しを増やさせようとした。


両社のなかでも政治との癒着が酷かったのは、ファニーメイで、クリントン政権があまりにもサブプライムローンに力を入れさせるので、ニューヨークタイムズは、1999年に、それが将来金融危機の火種になることを警告していた。
以下の記事は、サブプライム問題が深刻化し、ファニーメイに公的資金が注入される2008年よりも9年も前に書かれた記事である。


経済に政府が介入するからこそ市場の失敗が大きくなる

お前は市場原理主義すら理解できないアホだという事だ
371
名無しさん@お腹いっぱい。
>>367
A国が衰退しない方法は簡単、税金を取る事をやめて小さい政府にすれば良いだけ
国家による経済介入を最低限に止めれば良いだけ
独占禁止法も自由な商売を妨げる原因にもなってるが?
日本の製鉄所の合併を妨げ、韓国や中国にシェアを取られる原因を作った
372
名無しさん@お腹いっぱい。
>>361
>経済成長は否定してない。むしろ積極的にすすめている。
政府が投資に回るはずの金を投資家から奪って成長があるのか?
373
名無しさん@お腹いっぱい。
>>369
俺はリーマンショックで銀行や企業を助けたのが間違いか聞いただけだぞ?

そもそも99%を名乗る連中が1%の金持ちを非難したとしても何もおかしいとは思わんぜ?

金持ちはトリクルダウンを唱え自由主義を自分たちに有利に使い、結果格差がひろがった。
貧乏人は苦しんだんだよ。にもかかわらずいざ金持ちは自分たちの失敗には政府の助けを借りようとした。
このダブルスタンダードに怒らないやつがいるか?
俺が社会主義者であっても、公的資金注入をすんなり受け入れることはできないよ
それをおまえら社会主義唱えてたよな?じゃあ金持ちの俺にも金めぐめよ
でなければダブルスタンダードだよな?こいつらは頭がおかしいとでも言うのか?

俺はおまえの方がおかしいと思うよ
374
名無しさん@お腹いっぱい。
>>370
リーマンショックの原因をつくったのは誰か聞いちゃいないよ。
俺はリーマンショックで破綻した企業を助けないのがおまえの考えなのか?って聞いてるんだぞ

よくそこまで論点ずらせられるな
375
名無しさん@お腹いっぱい。
>>371
世界でも優良企業が集まってる日本企業が投資してないのに、誰が投資するんだ?
それより途上国で自国でやってたことの二番煎じで稼いだ方が楽だよな?
誰が考えてもリスクをともなう研究開発より、人件費削減、途上国での拡大再生産の方が安牌だ。
衰退するのは避けられない。

>>372
戦争の技術開発はほとんど国家が関わっている。
インターネットもコンピュータもすべてその遺産だ。
それを大衆の好みに調整したのが自由市場というだけだ
376
名無しさん@お腹いっぱい。
>>373
>俺はリーマンショックで銀行や企業を助けたのが間違いか聞いただけだぞ?
間違いだろうが?
資本家が悪で政治は善だというのであればそれこそ偽善だ
何がトリクルダウンだ
政治と癒着した連中が自分たちの利益誘導の為にトリクルダウンだの弱者救済だのと言っているだけ
つまり諸悪の根源は政治家の偽善だ

ピケティはそれを無視している
377
名無しさん@お腹いっぱい。
>>374
都合が悪いことを無視するな、政治の経済への介入が原因
お前が俺以外の誰かに共産主義を知らないと馬鹿にされるのはそこ
378
名無しさん@お腹いっぱい。
>>375
>世界でも優良企業が集まってる日本企業が投資してないのに、誰が投資するんだ?
日本国内へ投資を増やす方法は簡単、税金を取るのをやめて投資する事を優遇すれば良いだけ
そういう当たり前の事を知らないのか?
アメリカは本国投資法ってのをやろうとしてたぞ

>人件費削減、途上国での拡大再生産の方が安牌だ。
途上国の経済が発展するのは悪い事なのか?
格差が社会を不安定にさせるというが、途上国が豊かになる事は悪い事なのか?
それこそ社会を安定させる事だろうに…先進国と途上国間の格差がなくなって良い事じゃないかw

>戦争の技術開発はほとんど国家が関わっている。
戦争をおっ始めてたくさん人を殺したのは国家だな
その国家を信頼して、資本家を苛めろって言っているのがお前やピケティだ

誰がどう考えても国家こそが悪じゃないか?
それを使って何かをしようとする方が間違い
379
名無しさん@お腹いっぱい。
>>376
どういうこと?
自由貿易を阻害する政策を支持する政治家は企業と癒着していて
自由貿易を促進する政策を支持する政治家は企業と癒着していないとでも言っているのか?
自由貿易になればもっと儲かるはずだと思っている企業が政治家と癒着しているに決まっているだろ。
金も流れてるよ

おまえは単純に自由貿易は正義だから、それを阻害する者は悪いたくらみをしているにちがいない程度の
ポジショントークしか言ってないよな?人を馬鹿にするにもほどがあるぞ。
380
名無しさん@お腹いっぱい。
>>377
自由主義はイコール自然状態なわけじゃない。
当然基本的人権は守られなければならないから
そのための基本的な制度の導入と公的な組織の介入は避けられん。
そして公的な組織が末端へ伝達する指導要綱に精通しているものが
社会の中で優位にふるまえるのはどんな平行世界に行ってもつきまとうもんだ。
なのに
政治家とそれと癒着する一部の企業が悪いのであって自由主義経済理論は完璧だ?
人を馬鹿にするにもほどがあるぞ
381
名無しさん@お腹いっぱい。
>>378
>日本国内へ投資を増やす方法は簡単
もう既にやってるじゃねえか

>途上国の経済が発展するのは悪い事なのか?
途上国の発展を否定するつもりはないが
そのために自国がわりを喰うなら、おまえは何人なんだ、その途上国に一生行ってろって思う

>戦争をおっ始めてたくさん人を殺したのは国家だな
今の話とまったく関係ないな。
俺は国家事業が市場経済より重要な側面があるという例をあげただけだ。
382
名無しさん@お腹いっぱい。
市場ってのは均質じゃない。それぞれの場所で独特の癖をもつ。
商慣習が異なるし、国民感情や政治的な影響を免れない。いわゆるカントリーリスクを伴う。
だから市場環境を整えるために、グローバルスタンダードという名のアメリカニズムを国連や軍事力を通じての
国際政治によって強制し、アメリカは法制度や関税の撤廃を行っている。
日本はけなげにアメリカナイズして環境適応することで、このアメリカのスーパーパワーに便乗しようって
算段のスネ夫野郎だが、アメリカの見せる世界幻想にとらわれているために
安全なアメリカ市場に慣れきって、過酷な途上国市場を軽視、あるいは蔑視している感がある。
それによって、まず極度のアメリカへの経済依存を生み出し、政治的な劣勢を生み出している。
さらに途上国においては摩擦をひきおこし、政治問題が起きては政治家に譲歩するよう説得し
いらぬ出費を出させている。いわゆる自企業のために売国するバカをたくさん産んでいる。
そして蔑視すればするほど、自国の市場の癖すら嫌悪し、日本市場の特異性に適応している自らの強みすら
活かそうとしないで嫌悪する失敗を犯している。
自国が衰退しても、自分が儲かれば、つまり自由貿易がじゃんじゃんできて世界中で儲けることができれば
世界が平和になるとか言ってるアホは、アメリカのビジネス教教祖にだまされているあわれな信者にしか見えない。
おまえらの夢はアメリカのパワーなしに成り立たないのだから、たのむからアメリカに行ってろと思う。
383
名無しさん@お腹いっぱい。
資本主義ってのは現代においては機械化が薄利多売というビジネスモデルを可能にさせたために
情報や場を共有するコミュニティ内での大衆が、一旦大衆が本来的にもつところの集団主義的な様相をもつと
儲けが一気に増大する傾向がある。つまり、ちょっと流行るとばっと儲かってしまう。
だが、機械には初期投資が必要でよほどの金持ちでなければ借金をかかえながら始めなければならないために
誰もが気軽にチャレンジできる状況にはない。
簡単に言えば、資本主義は成功者と失敗者が二分化してしまう傾向をもっている。
よって、この仮定が正しいならば
フラットな税制の自由市場というのはつまるところ、トリクルダウンを支持する政策と同値とみてよい。
384
名無しさん@お腹いっぱい。
>>379
お前、本当にわかってないだろう
上にあるリンク先はhttp://www.systemicsarchive.com/ja/a/subprime.html
共和党も、民主党のどちらも大きな政府だと言っている
つまりそういう事だ

政治の経済介入こそが格差の元凶だとなぜ理解できない
共和党は軍事介入という公共投資を行い、民主党は社会保障の充実を行う
これらは計画経済じゃないのか?

>人を馬鹿にするにもほどがあるぞ
お前が死ぬほどの馬鹿なだけだ
共産主義も市場原理主義も理解できてないだろう?
385
名無しさん@お腹いっぱい。
>>381
>そのために自国がわりを喰うなら、おまえは何人なんだ、その途上国に一生行ってろって思う
そもそも、国家が悪だと思っている人間だが、俺は
いい加減、三橋やら、中野やらの国家社会主義者がどれだけクズがわかってないのか?
お前もそうだが、国家を利用して他人の財産を奪い自分の懐を肥やそうとする奴に何人とか言われる筋合いもね~
国家あっての人じゃなく人あっての国家だ、俺は右向け右も、左向け左も大嫌い
386
名無しさん@お腹いっぱい。
>>381
>俺は国家事業が市場経済より重要な側面があるという例をあげただけだ。
市場経済の方が国家事業よりも重要だけど?
その例え方自体がクソだw
387
名無しさん@お腹いっぱい。
>>382
>市場ってのは均質じゃない。それぞれの場所で独特の癖をもつ。
それのどこが悪い?
それらの癖を見極めて経済活動を独自でやるのが正しいやり方だ
それを政治を使って均一化しようとしているのは市場原理主義でも自由主義でもない
資本主義という政治と癒着した腐った経済体制だ
資本主義=市場原理主義じゃない事を知れ

>自企業のために売国するバカをたくさん産んでいる
お前は愛国を気取って国家にたかる蛆虫だろう?
国益=お前の利益ではないよな?
お前は御国のために死ねるのか?
他人を売国呼ばわりするほどの愛国者ならば当然、真っ先に御国のために戦い
御国のために死ぬのが当然
388
名無しさん@お腹いっぱい。
>>377
結局、おまえの言う共産主義ってなんなんだ
おまえの定義なんて誰も共有してないだろ、しねよほら吹き
389
名無しさん@お腹いっぱい。
>>382
>自国が衰退しても、自分が儲かれば、つまり自由貿易がじゃんじゃんできて世界中で儲けることができれば
>世界が平和になるとか言ってるアホは、アメリカのビジネス教教祖にだまされているあわれな信者にしか見えない。
>おまえらの夢はアメリカのパワーなしに成り立たないのだから、たのむからアメリカに行ってろと思う。

それこそ日本の安全がアメリカなしで成り立つのか?
国家にたかる愛国者ごっこが好きな奴は反米だが、それができると信じている奴は同じ反米の左翼と同じ行動パターンなのが笑える

市場の癖を無視して経済に介入しているのはそれこそアメリカも日本も同じだ
QEやQE2、黒田バズーカ、まさかこれを市場原理主義だの自由主義だのと勘違いしてないか?
つうかしているよな、お前?
390
名無しさん@お腹いっぱい。
>>383
>誰もが気軽にチャレンジできる状況にはない。
だからそこリスクってのがあるのにそれを無視して資本家は悪だと言っているのがピケティだろう?

>フラットな税制の自由市場というのはつまるところ、トリクルダウンを支持する政策と同値とみてよい。
税金をなくして国家の略奪をなくすならば兎も角、ピケティの様に累進課税しろじゃ全く別モンだ
391
名無しさん@お腹いっぱい。
>>388
まだ理解できないのか大きな政府の一つだ
お前が、ニュースも見ない、現実も見ない

ピケティマンセーの馬鹿だという事がよくわかるな
392
名無しさん@お腹いっぱい。
>>384
バカか。
アメリカは世界でも有数の軍事大国だから
アメリカがスーパーパワーであるかぎり大きな政府でありつづけるしかないだろ。
そして、大きな政府であることをやめたら、自由主義もくそもない世界になるだけだ。
それに軍産の技術はアメリカ企業の活性化にも貢献してるだろ
その下支えも考慮せずに小さな政府にすれば世界市場で勝てるとか考えるのはとらぬたぬきだ。
あと、アメリカは大きな政府かもしれんが、社会保障が先進国の中でも悪いだろ。
軍事という面さえ無視すればもっとも過酷な自由主義社会だよ

で、アメリカが軍産事業への税金投入やめたら格差がなくなるって保障はどこにあるんだ?
軍が開発した技術をつかってあれこれ便利な事業を展開するより、
途上国に投資したほうが楽だからむしろアメリカに金が集まらなくなるんじゃねえのか?
393
名無しさん@お腹いっぱい。
>>385
国家が悪とかおまえこそ共産主義者だろ
パワーなしでどうやって秩序を維持するんだ
おまえみたいなお花畑はアフリカの大自然こそ楽園だろ
一生ライオンとたわむれてろ

>>386
>市場経済の方が国家事業よりも重要だけど?
おまえは9条信者とどっこいどっこいだな
どんどんメッキがはがれてるぞ

>>387
>それを政治を使って均一化しようとしているのは市場原理主義でも自由主義でもない
本当にバカだな
だったら、おまえはデモで店を破壊されてもいいのかよ
民衆がおまえはこの国の富みを盗んでるから返せっておどされてもいいのかよ
おまえが言ってる自由市場は平和ボケした日本人が信仰するに至った
9条が生み出した幻想だよ。

>お前は愛国を気取って国家にたかる蛆虫だろう?
おまえはもう国家の庇護をうけるな。寄生虫が。
394
名無しさん@お腹いっぱい。
>>392
>アメリカがスーパーパワーであるかぎり大きな政府でありつづけるしかないだろ。
>アメリカは大きな政府かもしれんが、社会保障が先進国の中でも悪いだろ。
>軍事という面さえ無視すればもっとも過酷な自由主義社会だよ
そのアメリカが社会保障の充実をやろうとして軍事面を削った結果、政策的に失敗して、アラブの春だのジャスミン革命だのをもたらし、中国の台頭を許して世界が不安定になった
あれ?世界(社会)の不安定が良くないじゃなかったけピケティ教授の考えでは?
社会保障の充実が何の利益も生まない証拠だろう?

>で、アメリカが軍産事業への税金投入やめたら格差がなくなるって保障はどこにあるんだ?
俺がそんな事を言ったか?

>小さな政府にすれば世界市場で勝てるとか考えるのはとらぬたぬきだ。
国の勝ち負けは関係ないけど?
お前の嫌いな企業の努力次第だろうがw
国益=お前の利益でも企業の利益でもない
国の勝ち負けもお前の勝ち負けでもなければ企業も勝ち負けでもない

小さな人間ほど自分を大きく見せるために(愛とか売)国という言葉を使いたがる
395
名無しさん@お腹いっぱい。
>>389
>それこそ日本の安全がアメリカなしで成り立つのか?
成り立たねえからさっさと9条なんて捨てろって立場だな、俺は。

>市場の癖を無視して経済に介入しているのはそれこそアメリカも日本も同じだ
アメリカは自覚して確信犯でやっている
日本は頭イカレタ信者が何も考えずにやってる

>QEやQE2、黒田バズーカ、まさかこれ
してねえよ、バカか。だが、緩和だけでは、銀行がもってるだけで自国の市場に流れないから
国が使えって言ってんだよ

>>391
誰も理解できねえだろwおまえの能天気な論理展開なんてよw
396
名無しさん@お腹いっぱい。
>>394
>そのアメリカが社会保障の充実をやろうとし
社会保障うんぬん以前にすでに軍事費は伸び悩んでいただろ
そういった事情ではなく、アメリカ経済自体がネタ切れに悩んでるだけだと思われ
ピケティは今までが異常に成長しすぎてたと言っている。

>あれ?世界(社会)の不安定が良くないじゃなかったけピケティ教授の考えでは?
社会の不安定と国際秩序の不安定は完全なイコールではない。
そもそもピケティは経済の国際政治な力学まで考慮してない。
大国も小国もどの国にも適応できる一般性をデータを通してみようとしているだけ。
アメリカの特異性を考慮せずにピケティをそのままあてはめることはできないだろ
ピケティ自身、アメリカとヨーロッパはちがうと言っている。
ピケティの言う社会の不安定はつまるところ格差を原因とする金回りの停滞。
アメリカは軍産で社会福祉に貢献している面があったから、
社会保障導入したところで、プラマイゼロなんじゃないか?
データ見ないとテキトーな話になってしまうけど。

>俺がそんな事を言ったか?
おまえの中では小さな政府にすればみんな幸せになるんだろ?ならないの?

>国の勝ち負けは関係ないけど?
おまえはバカか、共産主義者だろ
そうなったら、資本家しか儲からねえだろ。
397
名無しさん@お腹いっぱい。
>>395
>成り立たねえからさっさと9条なんて捨てろって立場だな、俺は。
本当にお前馬鹿だな、9条で平和なんてありもしないが変えたところで何も良くならない
愛国ごっこしたけりゃ自衛隊にでも入れ

>アメリカは自覚して確信犯でやっている
>日本は頭イカレタ信者が何も考えずにやってる
アメリカの方がその手の経済学信じたイカレ信者が多いけどw
一度広げた風呂敷を畳めなくて困ってんじゃん

>してねえよ、バカか。だが、緩和だけでは、銀行がもってるだけで自国の市場に流れないから
>国が使えって言ってんだよ
だから、新興国へ金が流れて格差が広がりアラブの春が起こったんだけど?
国が使えで、アメリカ自身にも投資が増えなかったから本国投資法をやるやらないで揉めた
お前、経済ニュースぐらい嫁
398
名無しさん@お腹いっぱい。
>>396
>社会の不安定と国際秩序の不安定は完全なイコールではない。
>そもそもピケティは経済の国際政治な力学まで考慮してない。
だからピケティは役に立たんと言ってんだが?
都合が悪いことは無視して私はかわいそうな貧民の味方ですそれがピケティ教授の素晴らしい所

>おまえの中では小さな政府にすればみんな幸せになるんだろ?ならないの?
ならないよ、少なくとも国家というクズの集まりが弱くなる
その結果個々の偽善者が自分の金で解決する羽目になるさ

>そうなったら、資本家しか儲からねえだろ。
資本家しか儲からないならばお前も資本家になれば良い
そして好きなだけ偽善をやれば良い
399
名無しさん@お腹いっぱい。
>>397
>9条で平和なんてありもしないが変えたところで何も良くならない
おまえは本当にバカだな
核・軍・経済は大国の必須条件なんだよ
変わらないなんて言う方がアホだ。
日本は軍もったところで、石油を筆頭として他国依存がひどいし、リスク分散すら
考えずに脱原発やってるアホが多いからすぐには自立性を高くするのは無理だろうけどな

>アメリカの方がその手の経済学信
外国に宣伝するやつはそういういかれた信者に見えるやつが多いってだけだろ
自分が信じて見せないと他人はだませないからな。
あとユダヤみたいな元から寄生虫気質のやつらは誰の国でもなくなったアメリカは
心地いいだろうが、別に忠誠ちかってるわけじゃないだろ

>だから、新興国へ金が流れて格差が広がりアラブの春
は?アラブの春はもともと格差のあった中東にソーシャルメディアが普及したのが原因だろ
つーか、中東に金が流れてどうしてアラブの春が起こるって理屈になるのかさっぱりわからねえわ
本国投資法って税制優遇であって国が使うわけじゃないだろ
つーか、国が使えの何が悪いのかまったく明示されてないだろ
なめてんのか
400
名無しさん@お腹いっぱい。
>>398
>だからピケティは役に立たんと言ってんだが?
何がだからなの?ピケティは成長させるために金を回せって言ってんだよ
金持ちが金使わねえなら税かけて国がまわせってな

>ならないよ、少なくとも国家というクズの集まりが弱くなる
おまえは人を馬鹿にしてんのか
それともピケティより自分の世界終末論を信じれば天国に行けるとでも言ってんのか?
アナーキーが好きなら、スラムで勝手に暮らしてろ。その方が幸せなんだろ?

>資本家しか儲からないならばお前も資本家になれば良い
じゃあ、何がどうなるってんだ。おまえがそうしたほうがいいっていったんだろ
資本家になれってことなのか?それにしては堕落したみたいな言いぐさじゃねえか
なめてんのか、なめてんだな
もうわかった、いいからだまってしんでろよ
401
名無しさん@お腹いっぱい。
>>390
>だからそこリスクってのがあるのにそれを無視して資本家は悪だと言っているのがピケティだろう?
言ってねえよw

>税金をなくして国家の略奪をなくすならば兎も
何を言ってるかさっぱりわからねんだよ
無税国家にしたら、格差はひらきっぱなしだよアホ
402
名無しさん@お腹いっぱい。
お前はピケティが言ってる事も理解してないんだな
国家こそが格差を作るし、戦争をおっ始めるんだろうが?
資本家の富の蓄積が格差を生むだと?
社会の不安定を生むだと?
すべて逆だろうが

>何がだからなの?ピケティは成長させるために金を回せって言ってんだよ
>金持ちが金使わねえなら税かけて国がまわせってな
これがおかしいとお前はなぜ理解できない
三橋も言ってるよな、公共事業をやれって
それを計画経済と言わずに何というんだ?

社会保障の充実で経済成長したか?
日本の失われた20年の間にどれだけ社会保障費が増えた?

国家社会主義で経済成長はね~よ
403
名無しさん@お腹いっぱい。
>>401
>だからそこリスクってのがあるのにそれを無視して資本家は悪だと言っているのがピケティだろう?
>言ってねえよw
言ってるよw
資本家が何のリスクも何し資本の貯蓄をしたとでも?
土地や株式を購入する事はリスクだが?
途上国に投資する事もリスクだが?

リスクじゃないというのであればお前が投資をして資本家になればいい
何故ならない?
そういったリスクを無視しているからこそ資本家に課税しろだろうが?

そもそも、資本家が金を貸す事にすら反対し、それに課税しろとほざいているのがピケティだ
国が仲介するよりも個々でやった方が早いし、無駄もない
それを認めないって事は資本家(投資)自体を悪と認識しているか
投資を理解してない馬鹿な経済学者かのどちらかだな

格差が開いて何故悪い?
お前が乞食行為を正当化する為に国家に略奪行為をしろって言ってるだけだろうが
404
名無しさん@お腹いっぱい。
>>368
共産主義の要件は時代や体制で複雑すぎるんで
サンディカリスムから毛沢東主義に至るまで勉強しろとしか言いようがないが、
そもそもソ連からネパールまで私有財産禁止してないし年俸を分けた事もねーよ。
405
名無しさん@お腹いっぱい。
2スレ目で言うことではないかもしれないが
21世紀の資本の引用がほとんどないのが残念
406
名無しさん@お腹いっぱい。
>>405
引用するほどの中身ないじゃん
Mr.ビーン「ボクちんの意見を権力者が聞けば世の中良くなるよ」
権力者「一体どんな政策だ?」
Mr.ビーン「資産家から金とって弱者にばらまけば良い」
情弱「その通りだ!!!」



このスレのアンチ「それ日本で20年やって経済成長しないし、上も下も貧乏になって失敗したじゃん」
407
名無しさん@お腹いっぱい。
>>405
それともこっちが良い?
http://cruel.org/books/capital21c/Piketty2014Capital21cJapanese.pdf
結局自分の自説を正しく見せる為にリスクを無視したり、格差が多く見えるように都合のいいデータを作っているだけでしょ

正しい面もあるが当然嘘や間違いも多い
r>gならばみんなで資本家になれば良いで終了
408
名無しさん@お腹いっぱい。
>みんなで資本家になれば良い

完全にいかれてるな、こいつ
既存秩序にただ乗りしてる在日あたりが無想してそうな自己正当化論にしか見えない
409
名無しさん@お腹いっぱい。
>>408
資本家になる事が大変な事だとでも?
貯金して、株なり土地なりを収得すれば良いだけだろ
土地にしてもREITってのがあるからそれを購入して分配金を貰うだけだ
それで資産を形成できるかは別だがな

てめ~が貧乏で、貯蓄をする努力や投資というリスクを取らない最低な奴が日本人だと名乗るな

高度経済成長期にそうやって資産を気付いた人間がどれだけいると思う?
贅沢と借金はするな。で、ウチは資産を作った
そしてそれは俺も受け継いでいる

他人を羨んで国家を使って奪って当然と考えている様な乞食と、お前らが嫌う存在と大差はね~よ

国家にたかる蛆虫が弱者のフリをするな
410
名無しさん@お腹いっぱい。
だから、簡単に設けることができると思ってんならどうぞ外国に行けよ
日本にいると国家がおまえが自分の力だけで稼いだらしい金を勝手にとっていくらしいからな
こんな悪い国家がある日本にいる必要ないだろ
さっさと外国に行けばいいじゃん
411
名無しさん@お腹いっぱい。
>>410
>だから、簡単に設けることができると思ってんならどうぞ外国に行けよ
外国に行かなくても日本でできるんだが、投資程度は?

>日本にいると国家がおまえが自分の力だけで稼いだらしい金を勝手にとっていくらしいからな
取っていくよ、儲けた金の20%を問答無用で持って行きやがる
さらに所得税も取られるからな

お前みたいに国家にたかるのが当然と思っている蛆虫が社会の役に立ってんのか?
お前がたかる金も元は税金だな

恥じろよ、お前に他人を在日呼ばわりする資格はね~ぞ乞食
412
名無しさん@お腹いっぱい。
>>410
>こんな悪い国家がある日本にいる必要ないだろ
お前が国家なのか?
国家にたかる蛆虫がいる日本だろうが?

クズが国家の威を借るな
413
名無しさん@お腹いっぱい。
185頁の先進国と比較した日本における企業の内部留保の突出を示す表が重要だ。
アメリカは3.1%だが日本は7.8%だ。
日本は確かに官僚国家だが、天下りを加味した上で官僚国家と考える必要がある。
また、それら諸々に対するピケティの処方箋は、国家というより世界政府を視野に
入れたもので、カントの永遠平和論に近い。
マルクスなら国家の連合という考えにはならないからやはりカントに近い。
414
名無しさん@お腹いっぱい。
ただしマルクスは資本主義の止揚の積極的方法として
協同組合を挙げており、こちらは傾聴に値する。
近年韓国は労働者の自助方法として協同組合を推進しており、日本は遅れている。
少子化対策を兼ねた女性組合?に関してはフランス、協同組合に関しては北欧が際立つ。
415
名無しさん@お腹いっぱい。
>>413
日本は代々法律上企業の利益からしか株主への分配金が出せなかったんだよ。
従って配当性向も一定以上にはならなかった。
一方海外は内部留保からも出せたし株主が口出しして出させるようにした。
(なお、近年は日本も規制解禁された)

こうしたことから日本の内部留保は高いように一見思えるが、
これらは見せかけで、実際の数値とは離れている。何故なら日本には
株主優待があるからだ。
結局、比較するには同一の形態でなければ何も分からんよ。
416
名無しさん@お腹いっぱい。
>>412
おまえが国家が悪だと言ったんだろ、痴呆かクズ

国家は国家を愛する者だけが運営する
おまえみたいな獅子身中の虫はでていけ

どうせおまえみたいなクズはでていけば国家のありがたみが分かる
日系ネットワークにすがって土下座するはめになるんだからな
そうやって日僑が宣伝戦を担うのも国家の思惑の一つ
なにも困らねーからはよでていけよ
417
名無しさん@お腹いっぱい。
>>416
>国家は国家を愛する者だけが運営する
痛いなお前、権力は必ず腐敗する
これは民主主義でも同じだ
自分が愛国ごっこしてその見返りに税金にたかろうとするクズだという自覚すらないだろう?
大阪を見れば良くわかるよな、ま、ハシゲも大概だが…

お前の頭ん中じゃ金持ちが投資しないから国家が代わりに投資するだっけ?
本来ならば、その投資に回るはずの金を横取りしているのが国だろう?
俺んちは配当は消費見回すが配当にも20%の税金が掛かっているからその分の消費が減るけど?

(投資するために)我慢や辛抱もしないから貯蓄できない、しない
リスクも取らない、取りたくないから投資なんて以ての外
って、奴がお前だ

経済学のスレなのに経済も経済学も理解しないのがお前だ
418
名無しさん@お腹いっぱい。
>>414
>協同組合を挙げており、こちらは傾聴に値する。
協同組合=株式会社だろう

株 式 会 社 論           執筆者・田口騏一郎
http://members3.jcom.home.ne.jp/wing-pub/capital/capi-8.html
マルクスの理想を実現した日本
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51921339.html

どこぞのバカはそれすら理解できないらしいから資本家になればいいの意味も理解できない
419
名無しさん@お腹いっぱい。
とりあえず経済学は門外漢なのだが、
図書館で予約が回って来たので読み始めた。

とりあえずちゃんと結論もピケティ自身の立場も「はじめに」のところに書いてあるので、ピケティの話したい人はそれぐらいは最低限読んだ方が良いと思う。

そして学問として経済学をやってる人は、正直この「ピケティブーム」は迷惑だろうなーって思うわ。

なんか門外漢(俺も含め)がうわーっと寄って来て何だかんだ支離滅裂に喚き散らすし、
さらに扱うネタが格差だから、ヒステリックな人多いもんな。

ピケティ自体は若干左よりの人だとは思うものの、フランス人ならそんなに珍しいことでも無い気がするし、
「21世紀の資本」は「トマ・ピケティの新・資本論」に比べて政治的にニュートラルな印象だけどな。

あなたの貧困をどうにかするヒントは、ピケティの書籍にも経済学にも無いと思うよ。
420
名無しさん@お腹いっぱい。
>>419
>ピケティ自体は若干左よりの人だとは思うものの、フランス人ならそんなに珍しいことでも無い気がするし
若干じゃなくて思いっきり左よりだ

>あなたの貧困をどうにかするヒントは、ピケティの書籍にも経済学にも無いと思うよ。
r>gなんだから、rを増やせば良いだけ、つまりピケティが理解できない嫌いな投資をして資産を増やす努力をしろって事だ
421
名無しさん@お腹いっぱい。
ピケティの本を読んで理解できた人ってどのくらいいるんだろうね?
図書館で借りて読んだけど、わけわかめだったよ。
422
名無しさん@お腹いっぱい。
翻訳者の山形なんとかも誤解してる人多いからとダイジェスト版をネットにあpしてたが
もうなくなってたわ
423
名無しさん@お腹いっぱい。
>>422
>翻訳者の山形なんとかも誤解してる人多いからと
山形自体も誤解してるって馬鹿にされてたじゃん
424
名無しさん@お腹いっぱい。
誰に?
425
名無しさん@お腹いっぱい。
>>417
バカすぎるなこいつ
権力が腐敗するから、国家はなくしたほうがいいってことになるのが意味不明。
寄生虫の理屈。
是非裸一貫でアメリカに行ってほしい逸材だ。
日本でつくったコネに寄生しているだけのクズのくせして
自分一人で生きてきたみたいなことをぬかすなよ

投資する金がないなら銀行があるだろ
在日だから信用がなくて誰も貸してくれないのか?
426
名無しさん@お腹いっぱい。
>協同組合=株式会社だろう
は?
法的にちがうだろ、池沼すぎてついていけない
427
名無しさん@お腹いっぱい。
お前が経済を理解してない馬鹿だという事だろうw

>投資する金がないなら銀行があるだろ
銀行が金を貸さないから、山一ショック以降日本の企業は内部留保を貯めるようになった
これはリーマンショック以降のアメリカの企業も同じ

>権力が腐敗するから、国家はなくしたほうがいいってことになるのが意味不明。
誰がなくせと言ってる?夜警国家ってのを知らないのか?
経済だけじゃなく政治も理解できなんだなお前w

>在日だから信用がなくて誰も貸してくれないのか?
在日でも金を貸してくれてるじゃん、ソフトバンクの孫は何故あれだけ借金ができる?

お前は、経済学も、実際の経済も、政治も何も理解できないカスだろう

残念ながら俺は銀行が嫌いでね
ウチに投信を売りに来た銀行の証券為替部の課長補佐が言ったセリフが
『お宅はこの様な商売でどうしたらこれだけ預金できるんですか?』

借りるどころか、銀行から馬鹿にされるぐらいの金は持ってるよ
本業よりも副業の方がでかいから
428
名無しさん@お腹いっぱい。
速攻レスついたんだが、こいつ何やってんの?w

>企業は内部留保を貯めるようになった
で、いつ使うんだ?貯めたんだろ?10年以上も
バカなのか?投資しない理由になってないんだが

>夜警国家ってのを知らないのか?
まだ地政学に追い付いてないのか、新自由主義のアホは。
冷戦時代の夢からいいかげん覚めろよ

>在日でも金を貸してくれてるじゃん
寒流ブームの嘘がバレてたいへんらしいよ
ハゲはもう日本から逃げてるでしょ

>残念ながら俺は銀行が嫌いでね
はいはい、言い訳乙
429
名無しさん@お腹いっぱい。
>>426
>法的にちがうだろ、池沼すぎてついていけない
株 式 会 社 論
http://members3.jcom.home.ne.jp/wing-pub/capital/capi-8.html
「リカードウ派社会主義者」の再発見と研究
http://pws.prserv.net/coop/works/tenbou.htm
430
名無しさん@お腹いっぱい。
>>429
企業法の本でも買ってこいよ
バカには理解できないのかもしれんが
431
名無しさん@お腹いっぱい。
>>428
>で、いつ使うんだ?貯めたんだろ?10年以上も
>バカなのか?投資しない理由になってないんだが

銀行が不良債権の処理に追われて金を貸し渋った
いざ投資等に金が必要でも貸さなかったから企業は内部留保を貯めた
そして今漸く投資しだした

>まだ地政学に追い付いてないのか
だから言ってるじゃん大きな政府こそが世界経済を不安定にした
国家は経済に介入するのをやめて、防衛と治安維持だけやればいい

>寒流ブームの嘘がバレてたいへんらしいよ
だからそれがどうした?
あんな20年前の大映ドラマもどきのブームなんてあったのか?

>ハゲはもう日本から逃げてるでしょ
まだアホなCM流しているし、逃げたというよりも利益追求のためにアメリカへ進出しただろ?
432
名無しさん@お腹いっぱい。
>>430
>企業法の本でも買ってこいよ
>バカには理解できないのかもしれんが
法律の話だと思ってんのか?
企業等の形態の話だ

マルクスが求めたものは株式会社だ

経済学のスレだろここは?
経済学を理解できないアホが来るのが間違い
433
名無しさん@お腹いっぱい。
マルクスの理想を実現した日本
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51921339.html
434
名無しさん@お腹いっぱい。
>そして今漸く投資しだした
ん?内部留保はずいぶん前からたまってるって言われてたよな?
麻生のブレーンのリチャード・クーは麻生が首相のころからこれから投資がはじまるって言ってたんだが
なんで今?きっかけがあったはずだよな?

>だから言ってるじゃん大きな政府こそが世界経済を不安定にした
で大国をどうやってとめるんだ?大国をとめるのも軍事力なんだけど
中国様の軍事力はいい軍事力ってか?
ピースボートにのって9条強制してこいよ、低能

>だからそれがどうした?
ん?在日に金かしてる銀行がやばいの知らないふりしてるのか?
ま、在日は兵役拒否するには金払わないといけないから
日本に寄生して企業経営してても無駄だけどな
435
名無しさん@お腹いっぱい。
>>432
法律見れば、株式会社と組合が具体的にどうちがうか分かるよ
法的に区別されてるんだから

知っとけよアホw
436
名無しさん@お腹いっぱい。
>>434
>リチャード・クー
ピケティが嫌いなはずの資本家で、なおかつその事実を認めない
国とくっ付いて金を稼ぐ金融機関の人間だろ?
バリバリの大きな政府が好きで国家と一緒になって世界経済を悪化させる元凶

>で大国をどうやってとめるんだ?大国をとめるのも軍事力なんだけど
俺が軍事力を否定していると思ってんのか?
夜警国家ってのは経済への介入を最低限にして軍事と治安維持だけをする国家のことだぞ?

マジで頭が可哀想な人間だなお前w
自分の意見に反対する奴は売国奴で、在日かw

ウチの婆様はそれこそ戦時中は朝鮮半島へ移住したのは良いが、終戦になった途端
日本人を攻撃してきた朝鮮人のお陰で朝鮮人は嫌いだと散々言ってたよ
大事にしていたリッカーだかシンガーだかのミシンを取られたってな

ネットウヨって日本人という特権を利用して国家にたかる蛆虫だな
愛国無罪をほざいていた底辺の中国人や慰安婦で金を恵んでもらおうとする韓国の乞食と変わらん

>法的に区別されてるんだから
法律的な話じゃね~よ思想の話だ

俺以外にも計画経済を理解してないって馬鹿にされてただろお前は…
437
名無しさん@お腹いっぱい。
>>436
>ピケティが嫌いなはずの資本家で、なおかつその事実を認めない
いや、リチャードクーの指摘のころから
内部留保がたまりすぎだとの批判はあったってことなんだけど?
なにさらっとイデオロギーの色分けで論点ずらししてんだよ

>夜警国家ってのは経済への介入を最低限にして軍事と治安維持だけをする国家のことだぞ?
だからなんなんだよw
大国によって国際政治が動いている現実から目を背けて
夜警国家になれば幸せだよねって話をすることになんの意味があるんだ?
おまえ地政学分かってないだろw池沼すぎて話になってないんだがw
だからおまえみたいな池沼は中国で9条布教してこいって言ってんだよ

>日本人を攻撃してきた朝鮮人のお陰で朝鮮人は嫌いだと散々言ってたよ
へー、どっかで聞いたことがあるような誰でもつけそうな嘘乙

>ネットウヨって日本人という特権を利用して国家にたかる蛆虫だな
たかってねえから
右腕が怪我してるときに左腕が手当してもたかってるとは言わないだろ?
他人の右腕ならたかってるのかもしれんが。互助の範囲。
寄生虫は宿主を殺すだけの在日。
438
名無しさん@お腹いっぱい。
>法律的な話じゃね~よ思想の話だ
は?株式会社ってのは法律と思想でちがうんですか?w
はじめて聞いたわ、株も発行しない株式会社ってあんの?
つーかそんなテキトーな分け方がありなら家族も株式会社でいいだろ、もうw
学校の当番や班も株式会社でいいよな
マジでくるってるな、おまえw

>俺以外にも計画経済を理解してないって